本文へスキップ

社会保険労務士・行政書士  西沢修一事務所は 東京都葛飾区の社会保険労務士・行政書士です

TEL. 03-3694-1521

〒124-0012 東京都葛飾区立石5丁目25-6

業務案内

労働・社会保険諸法令に基づいて、特定社会保険労務士として以下の業務の行います

○○○○○○○○イメージ

「労働・社会保険の事務手続き代行」

・労働・社会保険の新規適用
・労災保険に関する各種手続き
・従業員の入退者の際の各種手続き
・労働保険の年度更新手続き
・社会保険の算定基礎・月額変更届
・傷病手当・育児休業給付申請

               などの手続き


○○○○○○○○イメージ

「就業規則 諸規程の作成」

就業規則は企業風土の改善と労使トラブルについて大きな役割を果たします。当事務所は、法令を遵守し経営理念を反映させ企業の事態実態に合った就業規則を作成します。

※従業員が10人未満、以上にかかわらず社会保険労務士でない者が、他人の
 求めに応じ業務として就業規則を作成し、報酬を得ることはできません。
 
社会保険労務士法第2条第1号および第1号の2により、就業規則の作成および提出代行は社会保険労務士の業務とされます。この業務を、社会保険労務士でない者が、他人の求めに応じ報酬を得て業として行うと、社会保険労務士法第27条違反で刑事罰の対象となります。
これは就業規則の届出義務のない常時10人未満の労働者を使用する使用者からの依頼に基づく就業規則作成についても同様です。これについては、社会保険労務士でない者が、他人の求めに応じ報酬を得て業として行うと、社会保険労務士法第27条違反となるとの行政見解が示されています。(平成23年12月23日、基監発1221第1号)


「人事制度・賃金制度の構築」
制度のコンセプトを立案し運用に向けてのお手伝いをいたします



「助成金受給に関しての情報提供」
厚生労働省系の助成金受給に関するお手伝いをいたします。
助成金は融資とは違い返済不要です。厚生労働省の助成金はその財源を雇用保険料から捻出されており雇用の促進、安定が目的なので雇用に関する要件を満たしていなければ受けることはできません。
労務整備を進め人事制度の改善を図ることで助成金を受給できるようにお手伝いいたします。



「労働保険・社会保険関係諸法令の情報提供」
労働・社会保険関係諸法令の改正などの情報をお伝えします。


「紛争解決手続代理業務」
・個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争
 解決手続の代理(紛争価額が120万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
・個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理
・男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき
 都道府県労働局が行う調停の手続の代理
・個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理
・上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の締結の代理を含む。


○○○○○○○○イメージ行政書士法に基づき、行政書士として以下の業務の行います

「「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務」

官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に
提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公署に提出する手続に
ついての代理。

※他の法律において制限されているものについては、業務を行うことはできません



○○○○○○○○イメージ

「「権利義務に関する書類」の作成とその代理、
                    相談業務」

「権利義務に関する書類」について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談。
「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。
主なものとしては、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、
使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、
和解)、念書、内容証明、定款等






バナースペース

社会保険労務士・行政書士     西沢修一事務所

〒124-0012
東京都葛飾区立石5丁目25-6

TEL 03-3694-1521
FAX 03-3694-1521

営業時間
 平日 9時00分〜17時30分