2010年12月30日

今日は初めての門松づくりに挑戦しました。
今まで門松を自分で作る。。。なんて考えても
みなかったんですが、さる先輩から手作りの話を聞いて
よし!オイラも作ろう!
と単純に決めたのでありました。。。

 
製作過程は割愛しまして
まあ初めて&いい加減なもんで
いろいろと問題点&反省点は多々あるんですが
カミさんから、あらよくできてるじゃない!
と言われて気を良くしているオーナーであります。
図に乗って言わせて頂くと、この門松
那須の熊笹と篠(しの)をあしらったところがご当地らしい、
と一人悦に入ってるワケであります。


玄関でこんな感じで皆様をお迎えするでんす。



話は変わりますが、門松を作ってる間に
雪が本格的に振り出しましてとうとうあたりは真っ白に。。。
皆さん、お車は滑り止めの準備したほうがよさそうですよ!





2010年12月19日

皆さん、「那須」というとどーしても高原に
目が奪われがちですが(芦野、伊王野もありますが)
「矢ノ目ダム(湖)」という知る人ぞ知る名所(?)があるんですぞよ。。。

そこは国道4号線よりもっと南側でかつ白河にちかい方なんです。


このダム湖がなかなかどーしてリッパなんであります。
写真ではわかりにくいかもしれませんが向こうのほうには
別荘らしき建物も。


なんでか何のためかよーわからんですが
えらいりっぱなつり橋がかかってまして
お好きなかたはぜひ一度どうぞ。




2010年12月15日

今日はちょい趣向を変えまして
オーナー所有の400ccスクーターの
「ユーザー車検」
なるものに初めて挑戦です。


書類は揃えた、サイフは持った。。。イザ出発!!

 
今回は車検だけでなく「春日部」ナンバー(左:はずし中)を
「那須」ナンバー(右)に変更。これでいよいよ埼玉ともお別れか。。。


この書類を書けの、あっちへ行けの、で車検場に到達。
まあ確かに検査場の方の指示通りにやってればOKかな。
問題無くパス。

書類の書き方など意外にそれほど難しくありません。
検査もまず誰でもできると思います。
車検だけなら半日もかかりませんね。

(トラブルと言えば、三文判を忘れた事と、ナンバーを
はずす時に荷台に頭をしこたまぶっつけて血だらけ
になった事くらいすかねナハハ。。。)

費用は、
書類:40円
ナンバープレート:570円
重量税:4400円
検査料:1700円
自賠責(2年):13400円
ーーーーーーーーーー
合計20110円

やっぱヘンな手数料やら無いから安いやね。




2010年12月12日

これも恒例の道の駅東山道伊王野の
「新蕎麦まつり」
に行ってきましたよ。

 
上写真左:外での行列は織り込み済み。
上写真右:お店から大きな水車が望める。


じや〜ん!今回は新蕎麦打ちたてのもりそば(奥)がなんと400円!
そりゃあああた、うまいのなんの。(天ぷらはオプション)
お腹の調子が悪いといいながらオーナーは
手前の大盛りをペロリ!!

次は来春の寒ざらしそばだね!!





2010年12月5日

毎年恒例となりました那須高原コーラス主催の
クリスマスチャリティコンサートに今年も行ってまいりました。


おごそかでありながらリラックスムードのコンサートでした。
「雪の降る街を」とか「荒城の月」とか
当YHのオーナーでも知ってる曲ほか、
なんと「那須町民の歌」なるものまで披露されました。
また驚いた事に那須町の町長が参席されていました。

もちつきといい、いよいよ年の瀬だなあと感慨深いオーナーでした。





2010年12月4日


今日は団体のお客様からのリクエストで
餅つき大会とあいなりました。
(当YH企画の餅つきは26日(日)予定)


当YHの南側の庭に臼と杵を出して
前夜にといだもち米を蒸してさあいよいよ餅つき開始!!



手前では焚火でトン汁も振る舞われました。
つきたてのお餅は、きなこ・ダイコンおろし・アンコ・納豆など
からめて一口サイズで食します。
ほんっとにやわらかくておいしい!!!


26日の餅つきにはぜひ皆さん奮ってご参加下さいましな。


Tnx,栃木県YH協会さま




2010年11月28日


以前、「大豆の学校」で種まきを報告(6月20日)しましたが、
いよいよ刈り取りの季節がやって参りました。


今年は作柄がイマイチで収穫も1,2週間遅いそうです。
写真の大豆はすっかり枯れていますがこれはコンバインで
刈り取るため、だそうです。ハイ、上のようにノコギリ鎌で刈り取る
のはまあカッコだけですな。


大豆のオーナーさんがちょこっと刈った後は
ご覧のようなコンバイン登場!
これで一気に片がつくわけでして。


ちょいピンボケですが収穫したダイズ。
やはり丸くてつややかなものがよろしいそうで。
割れてたりシワがあるのははじくそうです。



オーナーさんがたはこの後、那珂川町が用意して
くれたひきたての八溝ソバ(これがまったくもってうまい!)
とご当地産のオシンコ(これもうまい!)を食して
解散とあいなりました。

本番の味噌作り(仕込み)は改めて
来年の2月か3月との事です。
またレポートします!





2010年11月24日

今朝はおそらくこの冬一番の冷え込みでした。

ウラの畑は一面の霜でまっ白!


畑の土をちょいと蹴っ飛ばすとまあ霜柱の長い事!
5cmくらいはありそう!

いよいよ冬到来でしょうかねえ。。。





2010年11月23日

実は隣町の大田原市には黒羽刑務所というのがありまして
聞いた話ではあの覚醒剤で何度も話題の
○ーシーさんも服役した事があるそうです。

今日はここで「黒羽矯正展」という事で
・刑務所作業製品の展示即売
・刑務所作業所見学
・刑務所給食の試食
などなどが体験できます。


うーん、さすがに塀は高い。

所内は撮影がダメとの事で写真はありません。

入ってすぐに作業所見学しました。
厳重な門をくぐって刑務所内に入ります。
当然受刑者にはお目にかかれませんが
実際の作業現場や受刑者の収容施設(建物)などは
見る事が出来ます。
とにかくいたるところ鉄格子やら有刺鉄線やら。。。

次に給食の試食です(有料ね)
場所は通常は面会室のようでした。
よく、くさいメシ、とか言いますが
決して臭くはありませんが確かにムギがかなり入ったご飯
でした。むしろ健康にはよほどいいように思いました。

次は刑務所作業製品の展示即売会です。
いろんな物が出展されていましたが
木工製品、皮製品、「獄」と刺繍されたエプロンなどなど。

当日は雨模様にもかかわらずそれはたくさんの人で
にぎわっておりました。
みなさんも話のネタに一度お出でになってはいかが?




2010年11月18日

マキストーブの前でボージョレヌーボーで乾杯!
(Tnx.Tさん)

至福の時。。。



皆さんもいかが?
(あ、ワインは持参してくださいね!ナハハ)





2010年11月16日

なんだか下のレポートと似通ってますが
今回は、
「ゴヨウツツジの保護活動」
という事で、奥那須の森ボランティアに参加して参りました。

要はゴヨウツツジの成長を妨げている下木の伐採作業でありますな。


場所はマウントジーンズスキー場上の中大倉山であります。
紅葉観察のリフト営業は既に終了しておりまして
本日はわれわれボランティアのために無料で特別運転であります。
ご覧のようにうっすらと雪景色で結構な寒さですよ〜


簡単な挨拶の後即伐採作業です。
各人にヘルメット、ノコギリが渡されます。
当初は、白いテープの蒔いてある木を切って下さい、
という話でしたが途中からはゴヨウツツジの邪魔になってそうな
木はどんどん切って下さい!ってなカンジです。
結構な急斜面での作業です。


ゴヨウツツジ(裏側の茶色い木)におおいかぶさるよう
な木をノコギリ(下方)で切り倒します。最初は細い木を
切ってましたがだんだん太い木にも挑戦!です。

作業の後昼食を頂き、その後宇都宮大学の
名誉教授の先生の講義を拝聴して解散。
いやー普段は体験できない作業に満足でしたな。

皆さん来年もゴヨウツツジを見にきてね!!





2010年11月6日

今年の4月に八溝杉の植林に行って参りましたが、
今回は同じ八溝杉の伐採現場見学に行って参りました。


ちょっと写真だと迫力伝わんないなあ。。。
八溝杉は74年モノだそうで大人の両腕でも抱えきれない
くらいの太さがあります。チェーンソーでまず
倒す方向にクサビ型の切れ込みを入れて、
ワイヤーで引っ張りながら
切れ込みと反対側をまっすぐ切ると
メリメリッ。。。どった〜ん!!
とスゴイ迫力で倒れます。
結構急斜面で危険な作業ですね。
倒した杉は3〜4カ月そのまま放置されて
「葉がらし」をします(4月のレポート参照


70年からのスギはもう2酸化炭素を吸収できない
そうで、完伐して材木として利用し
若い苗を植林して森を育てるワケです
(当然タイムスケジュールとしては何十年という事になりますが)



今回はその八溝杉をふんだんに使用したお宅
(実際に住んでます)の内覧をさせて頂きました。
個人宅ですので屋内撮影は遠慮しましたが
天井・壁・床の全てが八溝杉のムクでできてました。
う〜ん、こんな家に住んでみたい!!




2010年11月4日

今日は隣町の那須塩原の
日塩もみじラインを偵察してきました。




ほんじゃ、かあちゃん行ってくるぜい!
ご自慢(?)のスカブー400.


まあビューチホーな紅葉です

もみじラインでも結構上のほうです

上の写真では結構色づいている所を撮りましたが
全体の印象は(特にもみじの色づきが)まだ
ちょっと早いかな?という感じ。
あと1週間くらい後(10日、11日ころ)が見ものかな。




2010年10月23日

今日は、NPO法人オオタカ保護基金と塩那森林管理署の主催で
「アカマツの森づくり事業」
に参加して参りました。
那須町にはかつての昭和天皇も愛したと言われる広大な赤松林
があり、オオタカの営巣地でもあります。
この赤松林が年々減少している事に対応し、
作業を通じて森づくりの必要性を学ぶ。。。という企画です。


まずは、クマデなどで赤松林の地面を引っ掻いて
落ち葉などをどかして地面を露出させます。結構汗かきます。
上写真の左側が引っ掻いて地面が見えてます。
これは赤松の種子(松ぼっくりの中)が根付きやすく
するための作業だそうです。落ち葉などがあると、じゃまをして
赤松の芽が出にくくなるそうです。
赤松は人工植林よりも自然の種から根付いた苗のほうが
育ちがいいんだそうです。


もうひとつの作業は4〜5年生の小木(大人の背っ丈くらい)の
赤松の剪定です。だいたい地面から70cmくらいの高さまでの
枝をノコでギコギコと切り落とします。さっぱりして
風通しもよくなったカンジです。

以上のクマデでカキカキとノコでギコギコ合わせて1時間
くらいの作業でした。
その後赤松林の中で育苗中の苗を観察しました。
ここの赤松林にはオオタカのつがいがひと組いるそうで、
巣の大きさは直径1mにもなるそうです。どこにあるかは
トップシークレットだそうです。そりゃそうだろうね。








2010年10月19日


どーもハイキングのレポート続きで恐縮でございますが
那須公民館主催の「ひらちゃんの自然塾」で
会津中街道へ行って参りやした。


まず出発は沼っ原湿原の「くさもみじ」から。



ごぞんじ「ひらちゃん」のガイドです!



え〜となんだったっけ。赤い花がぶらさがってます。。。



樹齢400年以上のハリギリの木でございます。
すんごい霊力ならぬ木力を発揮しております。
さわるだけでなんか御利益ありそう。。。



これ、ちょい古いらしいですが熊の引っ掻いた後
だそうです。いるのは間違い無い。。。


今回のハイキングの終着点の木の橋。
ちょっと油断するとコケて落っこちそうでした。
ここでみんなで仲良くお弁当。



今回の会津中街道、その昔、会津のお殿様はこの道で参勤交代
にも行かれたそうですがすっげー山道。昔の人はえらかったね!
もうちょっと行くと三斗小屋跡だそうです。







2010年10月17日

あーさて、つい先日(下のレポートです)姥が平に行ったばかりでは
ありますが、再度行って来ました。(当YH企画のハイキングね)




さてさて今回の企画に乗って下さいましたMさんとKさん。
(別々のツアラーさんです)
ホントにありがとうございました!!



こちら姥が平でのワンショットです。
まあ逆光のせいもありますが
やっぱ紅葉はイマイチ(遅かった!)ようで。



ほいで気分直しというわけではありませんが
か〜な〜り秘湯めいた老松温泉でハイキングの
疲れを取りましたとさ!

でも3人でいろいろお話をしながらの
ハイキング最高でしたよ!!
皆さんもぜひ!!




2010年10月14日

今日は那須高原公民館主催の
自然観察教室
に行って参りました。

行先は紅葉バツグンの茶臼岳は姥が平であります。


そんなワケでいきなり姥が平からの中継であります。
紅葉と噴煙のコラボであります。
ちょっと紅葉のピークは過ぎたカンジではありますが
なかなかどーして絶景と言ってよかろーと存じます。



ご存知の方はよくご存じのひょうたん池からの
眺めです。紅葉と池に映る茶臼がバツグンね!(自画自賛)



結構お気に入りのワンショット。
ススキ(実際は違う名前だけど忘れた)の向うに
紅葉と茶臼(噴煙付き)。う〜んむ、風情だ、秋だ。





2010年10月12日

以前陶芸教室のレポートしましたが、
いよいよ自前で焼き物をやろうという事になりまして、
まずは小さいのを練ってみました。。。


左上が赤鍋土と白鍋土です。急熱・急冷につよいそうです。
手前がそこらへんの残り板にビニールを蒔きつけた練り台です。
試しに作ったぐい飲みらしき(?)モノが5ケ並んでます。
焼くのは素焼き・本焼きとも七輪を想定しています。
こんなんでホントーに大丈夫??
うまくいったら皆さんとぐい飲みを作ってその日のうちに
囲炉裏で一杯!という企画を考えています。

乞うご期待!!




2010年10月7日

下の「ひらちゃんの自然塾」に行けなかった
オーナーのおっさんはお隣の大田原市主催の
「野生きのこ講習会」
に参加して参りました。

要は野生のキノコを採集して専門家に判定してもらうワケですな。
当日はなんと70人からの方々があつまりましてそりゃまあ大盛況でしたよ。

 
上左にあるようにまずはいくつかの班にわかれて山に
入ります。山といってもちょっと小高い丘ていどで遊歩道があって
近くでは中学生が体育の事業なんかやってて
ホントにこんな所でキノコなんてとれるんかいな、というカンジ。
ただ上右のような気になるカンバンも。



普段は気にしませんが「キノコ」という切り口で
林の中を目を凝らしてあるくと意外と野生きのこって
多いんだなと気付かされます。


初めてのキノコ狩りでも30分もすると結構な量が
収穫できます。食用の可・不可どころか名前も
全くわかりませんが。。。


およそ2時間のキノコ狩りの後は、ご覧のように
収穫物を並べます。まあ量もさることながら
その種類の多さにオドロキです。


宇都宮大学の名誉教授の先生と
きのこ会社(?)の社長さんがテキパキとキノコの判定
をしてくださいます。量が多いから結構大変そうでした。手弁当かな。


ほんでこれが当オーナーがわけもわからず採集したキノコ
ですが上述の先生の見立てで食用にできるそうです(ホコリタケ)
地面にたくさん生えてましたねぇ。
ただ上のひとかたまり(ホコリタケ)と下のひとかたまりは、もう
違うんだそうであります。ほんとシロウトには全く区別できません!


これも当オーナーの採集ですが、これは見事に
食用不可だそうです。ウラのヒダの部分がビミョーに赤い
のが特徴だそうですが、これとそっくりでやや太いヤツは
食用可だそうです、、、う〜ん、、、キノコ恐るべし!!



最後はキノコ入りけんちんうどんでしたが、入っていたキノコは
今回収穫したモノではなく(当然ですね!)シメジなどお馴染みのものでした。


野生きのこはいくら「食べられるよ!」と言われても
食べない方がいいな、というのが今回の一番の収穫でしたチャンチャン!!







2010年10月4日

公民館主催の「ひらちゃんの自然塾」
抽選で一人しか当たらなかったので
Ms.オーナーが行ってきました。
写真がピンボケなのは腕のせいで・・・
ごめんなさいm(..)m



 竜化の滝
名瀑100選に選ばれているそうです。
三段式の見事な滝、夏のハイキングもお薦めです。




テンニンソウ
羽衣のような繊細な花が見られるのは
ほんの短い期間だそうです。




ハナイカダの実
花も見た事がないのに先に実に出会いました。




ビリビリに引き裂かれた幹
誰の仕業でしょう?

そうです。森の熊さん!
上の二股のところからずるずると引っ掻きながら
下りてきた痕ですって。


今回のテーマは「仲秋の森の匂い、色探し」
紅葉は月末からということですが
ちらちらと色づいた葉や栃の実 マタタビ ツノハシバミに
秋を感じた一日でした。



2010年10月1日

今日は、手づくりベーコンです。


スーパーで買ってきた豚肉ブロックを塩水に浸けて2週間。
それをまさにいまスモーカーで燻製しています。
この後、お湯でゆで上げて完成!おいしいベーコンのできあがり!!
食事にも出しますので乞うご期待ね!

2010年7月〜9月はこちら
2010年4月〜6月はこちら
2010年1月〜3月はこちら
2009年10月〜12月はこちら
2009年7月〜9月はこちら
2009年4月〜6月はこちら
2009年1月〜3月はこちら

2008年のレポートはこちら