赤印以外にもいろいろな所に行きましたが、マッチ箱がなかったので、印を付けていません。






 
  ウッドベースを弾いているのが私です。学生時代に作った、フォークギター2本とフィドロ(バイオリン)の4人のバンドでした





西岡恭三さんや加川良さんなどのミュージシャンがよく集まっていた大阪の「ディラン」

音楽喫茶などのマッチ箱を集めだしたわけ
 名古屋時代
私は名古屋の瑞穂区で1年間、浪人下宿をしました。
千種にある予備校の河合塾に通って受験勉強をしていたのですが、下宿の帰りに今池でロック喫茶やジャズ喫茶によく通いました。そのころから店のマッチ箱を集めはじめました。まだそのころはただの記念に集めただけでした。

 大阪時代
翌年、大阪の関西大学に入学しました。それで最初の1年は関大前に下宿しました。大学ではフォークソング部に入部してギターとベースを始めました。このクラブに入ると自動的にに関西学生フォーク連盟に加盟することになりました。フーククルセダーズ、アリスなどのたくさんのミュージシャンを輩出した連盟で今では超有名人の方々も、先輩といった感じで、すごく身近に感じたものでした。
 翌年は夜の街で有名な十三のとなりの淡路のアパートに引っ越しました。このころから大阪南の難波のデイランというフォーク喫茶によくかよいました。この店には、ディランセカンドの西岡恭蔵や加川良が来ていました。
やがて大阪や京都、神戸などの関西はもとより、沖縄や九州、岡山、東京、金沢、長野、北海道などいろいろな所に旅行しました。その旅先でロックやフォーク、ジャズなどの音楽喫茶などに立ち寄ってはマッチ箱を集めました。
 たとえば九州の長崎出身の同級生の家に遊びに行きました。その時、クールファイブの出ていたキャバレーとかグレープのさだまさしかよく来ていた店などに連れて行ってもらいました。博多では、武田鉄矢やチューリップや井上陽水などの出た昭和にもよりました。
 大学生という身分はとても便利な身分で、大学には日本中の全国から同級生が来ており、その同級生の実家にお邪魔するだけで、宿賃や食事代もいらずに国内旅行ができました。また、学割と周遊券を使って、安く旅行できるし、学生証を見せるとほとんどの大学の寮にただで泊めてもらえました。金沢大学や北海道大学の北斗寮にも泊まりました。
 また、安いティケットを買って、タイのバンコクに行き、そこでまた安いティケット買ってネパールのカトマンズに行き、その後インドのデリー、ボンベイ、カルカッタなどを回りビルマのラングーン、タイのバンコックをへて4ヶ月の旅行をしましたが、やはり学生証(国際学生証)の学割が役に立ったのは言うまでもありません。

 東京時代
大学卒業後、東京の田園調布で就職しました。
しかしその年の暮れに大学の先輩がやっている六本木のTICという旅行会社に転職しました。この会社での最初の仕事が、大阪のタウン誌「プレーガイドジャーナル」のネパールツアーの添乗員でした。このツアーに参加していた客は大阪では結構顔の広い人が多かったです。またこのTICという会社が原宿に移転したのですが、別事業で「久保田まことと夕焼け楽団」というバンドのマネージャーもやっていました。ほかに横須賀の「オレンジカウンティーブラザーズ」のマメージャーもやってました。
そのような関係で、東京でもいろいろな音楽関係の店のマッチ箱を集めることになりました。ただ、結構有名な店はマッチ箱を作っていないことが多かったです。大阪のデユラン、京都のタクタク、渋谷のジャンジャンとか。

  なつかしのマッチ箱 
住んでいる家の近くや旅行先や仕事先で、いろいろなマッチ箱を集めましたが、数が多いので、とりあえず音楽関係のマッチ箱を載せてみました。今では100円(それ以下)ライターの普及でマッチ箱を作ってお客に出している店はほとんどありませんが、デザインや絵柄に各店の味があったものです。しかし今ではほとんどの店が時代とともになくなってしまっていると思います。

沖縄・九州

神戸


大阪北1

大阪北2

大阪南1

大阪南2

京都

名古屋

横浜・他

東京新宿1

東京新宿2

東京渋谷

東京吉祥寺

東京・札幌

沖縄・博多

沖縄のジャズ喫茶
「ローズルーム」


博多のウエスタンのスナック

「ウエスタンハウス」

九州の博多でチューリップや井上陽水や武田鉄矢と海援隊などがでた有名店
「昭和」

岡山のロック(レゲー)
「チャイヤ」

神戸

ジャズ喫茶
「さりげなく」
私の好きな落ち着いた店でした
ジャズ喫茶
「ピサ」
フォーク喫茶
「ウッドハウス」
モダンジャズ喫茶
「クルセママ」
ジャズ・ちょっと大人の雰囲気のウイスキーハウス
「ゴルドリーフ」
フォーク&ブルースの店
「ロストシティー」
西宮のジャズ喫茶
「アウトプット」
ロック&ジャズの店
「サラマンダラ」

神戸は異人館で有名な港町で、国際色豊かな世界各国の料理店もあります。
雰囲気もどことなくシャレていて、モダンジャズがなじむ町でした。

大阪

私がよく通った
ロック喫茶
「ボンボコ」
ジャズ喫茶
「クーク」
ロック喫茶
「デシベル」
ジャズの店
「ジョジョ」
ジャズ喫茶
「ムルソー」
ジャズの店
「オープンドア」
ジャズの店
「ドンショップ」
ジャズ喫茶
「チェク」
ジャズ喫茶
「バンビ」

ロック喫茶
「ファンキー」
ウエスタン喫茶
「マンハッタン」
ジャズ&ロックレストラン
「エクリップス」

大阪南

ジャズ喫茶
「ファイブスポット」
ジャズスナック
「デューク」
ジャズ喫茶
「ジャズやかた」
ロック喫茶
「ビートルズ」
おもにビートルズの曲が中心でした
ジャズ
「バード56」
ロック、ブルース$ソウル
「サブ」
ロック喫茶
「モン」
天王寺のジャズ喫茶
「ムゲン」
カントリーウエスタン
「エルパソ」
ジャズ喫茶
「パナマ」
ブルース喫茶
「ビックスバーグ」



上本町6丁目の音楽喫茶
「MJB」
この店は毎日コーヒーが変わって出てきた。水曜日はウインナーコーヒーとか曜日によってメニューが変わった。

京都

京都は歴史のある都でどこか落ち着いた町です。
ジャズ喫茶「ビッグボーイ」   ジャズスナック「ヨビト」   奈良のジャズ喫茶「ベージュ」
「二十歳の原点」の著者高野悦子が通ったジャズ喫茶「しあんくれーる」
ジャズ喫茶「キャスピー」   ジャズ喫茶「ザボ」   
京都はフォークソングとブルースの有名なバンドがたくさん出ました。
 当時はライブハウスで有名な「磔磔(たくたく)」などにはマッチ箱は置いていなかった。そんな店がたくさんありました。
この店で売り出したばかりの宇崎竜童(ダウンタウンブギウギバンド)のスモーキングブギのライブを観ました。

名古屋

予備校のあった近くの今池のロック喫茶やジャズ喫茶にはよく通ったものでした
伏見のロック喫茶「ビ・イン」   御器所のロック喫茶「イレブン」    
今池のロック喫茶「時計じかけ」
今池のダイエー近くのビルの地下1階にあり一番よく通ったフォークロック喫茶「ヤゴ」    
入中にあったブルースなどの喫茶「ライブ」     
名古屋駅前にあったラテンの生演奏のあった「ラテンクオーター」 
ちょっと大人の雰囲気だったなぁ。 
CBC放送局近くでジャズなどの生演奏のあった「ココ」   
栄で生演奏をしていた「オスカー」
今池のロック喫茶「オープンハウス」 
四日市のジャズ喫茶「フルハウス」   
ヤマハのポップコンテストや野外ステージでいろいろなコンサートがあった志摩にある
ヤマハリゾート「ネムの郷」 
松坂の音楽喫茶「ウエストコースト」

横浜・他

横浜のジャズ喫茶
「チグサ」
桜木町のジャズ喫茶
「ダウンビート」
伊勢崎町のフォーク喫茶
「モーティア」



ちょっとはなれて
修善寺のジャズ喫茶
「きよし」
長野の白馬村の音楽喫茶
「ルイジー」

東京新宿

東京はさすがにライブハウスが多く一流のミュージシャンを良く見ることができました。
有名な新宿のジャズスポット
「ピットイン」
渡辺貞夫、日野照正,
向井茂春などのライブがありました

歌舞伎町のジャズ喫茶
「ワークショップ」

新宿御苑前のジャズのライブハウス
「スズキヤ」

歌舞伎町のジャズ喫茶
「ポニー」

西武新宿のジャズクラブ
「タロー」
宿コマのビートルズ専門店
「ビートルズ」
このころは著作権などは
まったく問題にしていなかった。

ロック喫茶
「ライトハウス」

ロック喫茶
原宿「キングコング」と
新宿「怪人二十面相」

ロック喫茶
「レインボー」

ディスコ
「クレージーホース」
「プレイハウス」

東京渋谷

渋谷は独特の雰囲気があり、特に道玄坂あたりには、たくさんのジャズやフォークやロックの店が並んでいました。

モダンジャズ喫茶
「オンガクカン」

ジャズ喫茶
「メリージェーン」

ジャズ喫茶
「ヂュエット」

ジャズ喫茶
「ジェニアス」

ロック喫茶
「ブラックフォーク」

東京吉祥寺

吉祥寺のジャズ喫茶
「セイヨウコジキ」

ジャズ喫茶
「アウトバック」

ロック喫茶
「ビーポップ」

ロック喫茶
「アカゲトソバカス」

高円寺のジャズ喫茶
「「セントジェマン」

自由が丘のジャズ喫茶
「アルフェィー」

東京その他・札幌

六本木のディスコ
「スタジオワン」

目白の音楽喫茶
「チャコーン」

銀座のジャズ喫茶
「カイタクチ」

銀座の名曲喫茶
「ライオン」

三軒茶屋のジャズ喫茶
「オデッセ」

自由が丘のビートルズなどのロック喫茶
「レノンクラブ」


遠く離れて
北海道札幌のロック喫茶
「ロックハウス」


国分寺の音楽喫茶
「でんえん」



新潟十日町の音楽喫茶
「イントロ」

トップページに戻る