タイトル

本多英一郎牧師
本多英一郎牧師夫妻と教会の子どもたち
子どもたちも、本多先生が大好きです!

6月のおたより

キリストを「招かれざる客」にしているあなたへ

先日、久しぶりに「招かれざる客」が来ました。 名前は「偽作コシ」(ぎっくりこし)さん。もう30年来の付き合いです。 年に2回は、お呼びもしないのに来訪されます。 経皮鎮痛消炎剤、腰の牽引、温かいお風呂などでおもてなしすると、 三日後には黙って出て行かれます。 いつも突然の来訪なので、油断も隙もありません。 人間に苦痛を与えて何がうれしいのやら・・・。  

ところで、聖書には、キリストは人々に苦難ではなく喜びと平安、 魂の救いを与えるために、この世に来られたのに、 「招かれざる客」としてみんなから拒否されたと書いてあります。 御降誕の時には「宿屋には彼らの泊まる場所がなかった」(ルカによる福音書2章7節)し、 「言は、自分のところに来たが、民は受け入れなかった」(ヨハネによる福音書1章12節)のです。

キリストは今も固く閉ざされたあなたの心の扉を叩いておられます。 「だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、 わたしは中に入ってその者と共に食事をし、 彼もまた、わたしと共に食事をするであろう」(ヨハネの黙示録3章20節)。 キリストはあなたの心臓が最後の一打ちをするまであなたの心の扉をノックしておられます。 扉を開いた瞬間、キリストの救いの風が吹き抜け、すべての不安、死の怖れからも解放されるでしょう。

鬱陶しい梅雨の季節を迎えますが、キリストの風に吹かれてさわやかな人生を歩まれますように。

                               

2020年6月1日     本多英一郎

top