五色百人一首神奈川県大会

公式ルール

(第7回大会から、自己審判制で予選を行っております。必ずご確認ください。)

ルールのアニメ


写真をクリックしてください

くわしいルール

<試合要項>

一対一で行う。

予選では、対戦相手を変えながら、15〜8試合行う。

勝ち数と取った枚数で、決勝トーナメント出場者16名(もしくは、32名)を決める。

決勝トーナメントの試合で使用する札の色は、ランダムで決定する。

低学年の部、高学年の部、それぞれで優勝者を決定する。

<試合進行>

20枚の札を10枚ずつ分ける。(決勝トーナメントでは、審判がシャッフルし、10枚ずつ配る。)

両者は自分の札10枚を、横5列、縦2段に置く。自分の札は自分の方向に向け、お互いに札の頭を近づける。(間隔は1センチぐらい)。横は、任意の間隔を取る。

札の位置を覚えるために1分ほどの時間が与えられる。このとき、自札相手の札を裏返して見ることができる。ただし、札の移動はできない。

読み手が「始めます。」と言ったら、お互いに「お願いします。」とあいさつをし、握手をする。

序歌を入れる。序歌はつぎのものにする。
「ご用意よければ 空札一枚
 東海の 小島の磯の 白砂に 我泣き濡れて 蟹と戯る」

試合途中、空札は読まない。

読み手は、上の句と下の句を1回ずつ読む。

取った札は自分の手元に置いておく。(左右どちらでもよい。表向きで置く。)

次の札を読み始めたら、それ以前の札を取ることはできない。

次の札を読み始めたら、自分の手の平を自分の体のどこか(普通はひざかもも)につけておく。手をかざしながら札を探してはいけない。

試合中に取り札の裏を見ることは出来ない。

試合中に札の移動をすることはできない。

両者の手が同時に札に触れたときには、じゃんけんで決める。手が上下に重なった場合、下に手があるものが札を取る。

試合中札が少なくなりスペースができても、札を移動しない。

<勝敗>

1試合につき、17枚の札を読む。

17枚の札を読み終えた時点で取った枚数を対戦者自身が数える。

勝負は、取った札の枚数で決める。(予選では、引き分けもあり。)

決勝トーナメントのみ、取った札が同数の場合、そのグループだけもう1枚読む。

試合が終了したら、お互いに「ありがとうございました。」と言い、握手をする。

対戦カードに、勝敗と取った札の枚数を記入する。

<お手つき>

読まれていない札に間違えてふれた場合は「お手つき」となる。

自分の前の10枚でも、相手の前の10枚でも、どこの札であっても同じようにお手つきとする。

一枚読む間に2枚以上の札にふれることはできない。

お手つきをした場合には、両者の間に「場」をつくり、自分がそれまでに取った札の中から一枚を裏返しにして場に出す。

お手つきをする度に、自分の取った札の中から一枚を場に出していく。

持ち札がないときにお手つきが発生した場合は、一回休みとなり、次の札を取ることが出来ない。

「場」の札は、次の札を取った人が一枚だけもらえる。

「場」に2枚以上札があった場合には、その次の札を取った人も一枚もらえることになる。

試合終了後に、「場」に札が置かれていることもあり得る。


《審判について》

第7回大会から、参加者全員が、できるだけたくさん試合を経験できるように、試合要項を変更致しました。
また、子どもたちには、「ルールを自ら遵守する」精神を養ってほしいと考えております。
これらの理由により、予選では前大会までのように一人ひとりに審判はつかず、自己審判制を採用します。
ご了承ください。(決勝トーナメントでは、審判がつきます。)

1