2013年2月24日 小日向山(途中まで)

 日程  2013年2月24日
 場所  小日向山(途中まで)
 メンバー  山岸君、ゆ~や君、シモンさん、マッキーさん、Oh~前さん、キムさん、SAWA田君、ウッディさん、スギタさん、僕
 天気  雪

前日は暴風。今日はまだ各スキー場は風の影響でリフトやゴンドラが運行しないようです。であればフルハイクしかありませんね。風の影響がない林の
中にしましょう。ということで小日向山に決定。

   
二股に車を駐車し、ゴン降りの雪の中ハイクアップの準備。
きっと猛ラッセルなんだろうな~。ガイドの山岸君、頼むよ~!
    通行止めから先は若干除雪されているみたいだが、きっとすぐに終点だろうな。
       
   
終点からは激ラッセル。先頭の山岸君、年上に楽をさせてくれよ!
    それにしても、ラッセルだというのに全くペースが落ちない。しかもライン取りに全く無駄がない!さすが国際ガイド
       
   
2時間もノンストップで猛ラッセル。やっと休憩です。
休憩後、さらに1時間くらい歩いてドロップポイントに到着。
    国際ガイドの山岸君。
       
   
Oh~前さん     SAWA田君
       
   
24日から参加のスギタさん。初めての女性参加者です。     キムさん
       
   
 ゆ~や君      マッキーさん
       
   
 シモンさん      僕
       
   
 谷を変えてみたら美味しそうなオープンバーン。
雪崩が心配なのでガイドの山岸君が滑ってみたら安定している感じ。
もうこうなったら野獣のような雄叫びをあげて滑れます。
ゆ~やさん
    SAWA田君


 
       
   
 被ってるよ~。スギタさん      今日で帰ってしまうのねキムさん。
       
   
 シモンさん      風呂に浸かってます。僕
       
    Oh~前さん 
       
   
 ここからが大変だった。地図には載っていない小さな谷が点在。
ガイドの山岸君が道を切り開いてくれる。
     ここでシールを装着し、若干登り返して。再び滑る。
       

滝の横をきわどく通過。
僕の山行はこんなことも多いので、アドベンチャーちっくで楽しい♪
こういうのがあると本当に自然って厳しいなと思うのです。
   
       
       
   
 堰堤から落ちた団体の図。笑える(^^)      無事に下山。あ~楽しかった♪
       
   
 SAWA田君     国際ガイドの山岸君。お疲れ様でした~♪ 
       
   
 シモンさん      ポァ~!僕
       
   
 壊れたマッキーさん      初参加のスギタさん。
       
   
 キムさん      変態ゆ~や君
       
   
 カメラマンOh~前さん      カメラマンのウッディさん

いや~、前日は爆風で今回はゴン降り。実に自然を満喫できた一日でした。翌日はガイドのいないプライベートです。
 HOME  2013 SEASON