2013年1月21日 大崩山

 日程  2013年1月21日
 場所  大崩山(2523m)
 メンバー  キャワシマ君、山口さん、YOUすけさん、Oh〜前さん、僕
 天気  晴れ

久しぶりの平湯方面、たしか3シーズン前の輝山以来です。今回は長野の浪合村からYOUすけさんが参加するということなので車が2台ある。であれば、平湯トンネルからの四ッ岳又は大崩山に登って平湯キャンプ場まで下るしかないだろう。

   
 平湯キャンプ場にYOUすけさんの車をデポして、久手牧場付近の駐車
スペースに車を停めて出発。
   前日までのトレースがあり、楽々ハイク♪
夫婦末までワープ状態。ここから見える白山が白くて近くに見えました。
ここで休憩
 
       
   
開けた所から見える北アルプスの山々が壮大。
平湯方面へは何回か来たけど、こんなに晴れたのは初めてかもしれま
せん。
これも全て僕のおかげです!
  雪に覆われた森の中を歩くのが楽しい♪
やっぱ、平湯は静かで良いね!

 
       
   
 先頭を歩くOh〜前さんは夫婦松で休憩しただけでペースを落とさず早
い! この間まで一緒のペースだったはずなのだが、今シーズン新調し
たDYNAFITのTLT5 Perfomanceの調子が良いみたい。なんてったって片
足で1,000g。グラム売りにしたら松坂牛を買う様なもの。僕なんて片足
2,000gだからOh〜前さんの2倍。OGビーフです(泣)
スカイラインに出てからもノンストップでスカイラインを歩いて行く。
こらこら四ッ岳まで歩くのか?と思ったら途中で右に曲がった。
以前、MAE田君とアヒル副隊長と登った猫岳を右手に見ながら大崩山に
向かいました。
  歩き始めて5時間で大崩山山頂に登頂。
スカイラインから直接尾根に取り付けばもっと早かったかもしれませんが
、時間が早ければ四ッ岳まで登ろうかと最初に話していたのでちょっと遠
回りになってしまった。
いや〜、久しぶりの平湯は登り応えありましたな。
山頂付近は風が強くて一気に体温を奪っていく。リュックからフリースを
出して着こみました。
山頂からは、山々が一望。
右に猫岳、左は四ッ岳
 
       
   
 十石山や金山岩も見えます。
  手前のアカンダナの向こうに焼岳、穂高、槍ヶ岳、双六岳の山々が見え
ます。
 
       
     
 アップの槍ヶ岳〜〜〜〜♪

   平湯の町が眼下に。あそこまで滑って行くんだ!
さあ、下山の準備。ヘルメット、ゴーグルを装着。シールを剥がし、サプリ
メント補給。さあ、滑るぞ〜!!
 
       
 
 先回、大崩を滑った時に狙っていた斜面に飛び込みます。少し締まっているけど、柔らかい雪です。 
斜度も緩すぎなくてちょうど良い!軽快に飛ばせます!
 
       
     
 今シーズン初セッションのYOUすけさん。  どうですか、白馬も良いけど平湯も良いでしょ!  
       
   
 相変わらず躍動感のある滑りのキャワシマ君。本当に楽しそうに滑りますね。顔が笑ってる。   
       
   
 滑り方なのか、なぜか山口さんは雪風呂。 右の写真なんかベクターグライドのカタログに載せたいくらい。  
       
   
いつも写真をありがというございます。Oh〜前さん。  
       
   
   
楽しい斜面はどこまでも続いているような気がします。本当に良い山ですね。なぜこんなに良い斜面が沢山あるのに訪れる人が少ないのだろう?  

楽しかったのはここまで、この後は藪藪ランドで2060mのコブを右から巻こうと試みるのだが、藪がひどくて四苦八苦(汗)。
何とか尾根に取り付くものの、密林状態でとてもスキーにならない。1906m付近に良い感じの斜面があった。先はどうなっているのか調べたら四ッ岳
からの下山コースと合流するので問題なし!

平湯キャンプ場まで最後の美味しい斜面をゆっくり頂きました。
     
 谷の後半はだんだん細くなってきて谷が割れてきたけどたけど、上手く
ラインを取り下って行きます。
   滑りながら撮ったので写真がブレテしまったけど、四ッ岳の下山コースに
合流し、無事に予定通りの時間に平湯キャンプ場に到着しました。
 

今回は、車が2台あったので1台を平湯キャンプ場にデポして、もう1台で久手牧場から登ることが出来ました。きっと平湯キャンプ場からハイクアップ
していたら尾根の密林状態で早々と撤退して、上部の美味しい斜面の事を知らないで過ごしていたことでしょう。

帰りは「ひらゆの森」で体を温めて帰ってきました。
 HOME  2013 SEASON