2012年3月12日 小荒島岳

 日程  2012年3月12日
 場所  小荒島岳
 標高  1186m
 ルート  旧勝原スキー場−シャクナゲ平−小荒島岳 - 一ノカラ谷 - 旧勝原スキー場
 メンバー  Oh〜前さん、僕
 天気  雪

久しぶりの山行。前日の晩にキャワシマ君から白馬は夕方から雪がゴン降りというメールが来ました。、最近の温かさと降雨で雪は安定していないだろう。オープンバーンを滑る勇気はないし何処へ行こうか悩んだ結果、久しぶりに福井県の小荒島岳でも行ってみようということになりました。

 
 【8:07】
旧勝原スキー場を出発。前日の晩から降ったらしき積雪だがそんなに
深くない。もちろんトレースなし。
   【8:57】
暴風の中、旧勝原スキー場トップ。リフト小屋も撤去されていました。
さあ、ここから楽しいはずのブナ林歩きです…。
     
 
猛烈な吹雪の中、上を目指します。ザラメと氷とその上に乗った重い新
雪でスリップしながら苦労します。今日の雪は危険だな(汗)
   しゃくなげ平手前の霧氷。
僕はここの雰囲気が好きなのですが、天気が…
     
 
 【10:56】
しゃくなげ平に到着。当然景色は全く見えない。休憩なしで小荒島岳へ
向かいます。
   【11:41】
小荒島岳山頂に到着。思いっきりホワイトアウトで全く見えません(泣)
それにしても、嫌な雪質だな〜(汗) 
雪崩が起きそうな予感がします。慎重にしないと…
     
  一ノカラ谷にドロップインする前に雪質のチェックをしなきゃ!

チェックポイントまで下ろうと斜面に入った瞬間、辺り一面にヒビが入り
崩れた。
少し一緒に流されたけど、冷静に腕を雪の中に深く刺したので流されず
に済みました。幅は60m位、距離は200m位の雪崩で、破断面は50p位
です。予想していたとはいえ嫌なもんですね。
もし、何も考えずにドロップインしていたらと思うと足がすくみます。
     
 
 雪崩れてしまった後には流されるものもないけど安心できる所までは、
辺りの状況を確認しながら滑ってきました。
もう安心だと思ったらいつものように狂喜乱舞の桃色の世界。
  お餅のように重い雪でしたが、しっかり楽しみました。
 
     
 
 【12:22】
こんなに屋根に雪が積もっているのに崩れずに建っています。
ここでランチタイム。
   寒いと思って担担麺を持ってきました。
辛いけど温まりますね。
     
   【13:28】
無事に帰ってきました。

今回の山行は白馬にしようか、毘沙門岳にしようか悩みました。ちょっとどころではなく、この降雪で山はマジで危険だと感じたのでツリーランにしましたが、ツリーランも危険でした。
無事に帰って来れたから言えるけど良い勉強になりました。
それにしても雪が降りましたね〜。きっとゲレンデもパウダーだったこと間違いなしでしょう。

 HOME  2012 SEASON