2011年12月19日 白馬乗鞍岳(途中敗退)

 日程  2011年12月19日
 場所  白馬乗鞍岳(途中敗退)
 ルート  栂池スキー場−白馬乗鞍岳−栂池スキー場
 メンバー  Oh〜前さん、店長、僕
 天気  雪

今シーズン初滑りはゲレンデではなく、いきなりの山スキー。
ちょうど土・日にまとまった雪が降ったので白馬へ行くことに決定しました。唐松岳、白馬乗鞍岳のどちらかに登ることにしたが現地が吹雪いていれば最悪ゲレンデスキーにすれば良い。久しぶりの雪山ですからワクワクしますね(嬉)
白馬に到着すると山の上部は雲に隠れていましたが小雪だったので栂池から白馬乗鞍岳にターゲットを絞りました。

 
何しろ久しぶりだから忘れ物がないか、ザックの中をチェックし朝一のゴ
ンドラに乗り込みます。
  【9:34】
登山口でシールを貼り、ハイクアップ開始。
シールの感触を噛みしめながらゆっくり登ろう。
   
 
前日に登ったと思われるトレースはあるものの、降雪で足首ラッセル。
初滑りからラッセルなんて上部はどうなっているのだろう?
 
     
 
見て見て。
雪だよ。雪にスキーが埋まっているよ(歓喜)
  早稲田大学小屋へのショートカット。
なんか楽しい♪
     
 
早稲田大学小屋だ〜!    成城大学小屋もこんにちは(笑)
成城大学小屋からは本格的に森の中の歩行です。
     
 
深々と降り積もる雪の中を天狗原方面へ向かって歩きますが、久しぶり
のシール歩行で早くも疲労してきた。
ん〜、今年の夏は登山をしっかりしたのでこんな距離でバテるはずない
のだが…(汗)
  成城大学小屋で追い抜かれた先行者は天狗原の南側を巻いてダイレク
トに白馬乗鞍岳に向かっているみたい。正面の大斜面を狙っていたけど
おとなしくトレースに従って進むことにしました。
風は無かったのだが、あまりの寒さに乗鞍岳手前でお湯を沸かして昼食
タイム。そこに、先行者が滑り降りてきて状況を教えてくれた。
山頂付近は風と雪で視界が聞かない。大斜面は風で叩かれているとの
こと。
     
 
昼食後、山頂の手前まで登ることにして最後のハイクアップ。
途中で雷鳥のがラッセルしていました。
お願い、僕のルートをラッセルして。
でも、横切っただけでした(泣)
  山頂までわずかな所でシールを剥がし、滑走モードに切り替えます。
プローブで積雪を測ったら180pほどありました(嬉)
まずは私から、今シーズン最初のターン。転ばなかったけどいきなりバラ
ンスを崩しちゃいましたけど、2ターン目から絶好調。
Oh〜前さんは、最初から絶好調 。
パイ射の連続です。変態です。
     
 
美味しい山頂直下の急斜面を楽しんだ後は木々の間を縫って我慢のス
キーです。でも所々で良い斜面を見つけては歓喜の雄叫び!
自分のシュプールを見て自己陶酔の世界へトリップします。
  相変わらず、Oh〜前さんは初滑りと思えないほどの華麗な滑り。
ここにきてもパイ射です。
やっぱりド変態です。
     
 
成城大学小屋まで滑ってきて僕も昇天。
ここからは林道を滑ってゲレンデへ帰ってきました。
  下まで滑って降りれそうだったけど、純分満足してゴンドラで帰ってきまし
た。

今シーズンの初滑りでBC。それも激パウ。この幸運は全て私の日頃の行いが良いからです。間違いない。

 HOME  2012 SEASON