2012年7月2日 恵那山

日程 2012年7月2日
場所 恵那山
標高 2191m
ルート 駐車場 − 広河原登山口 − 山頂(ピストン)
天気 晴れ
メンバー 僕、Oh〜前さん

毎週月曜日は雨の天気予報でしたが実際は大ハズレの天気でした。まったく気象庁は何をやっているんだ(怒)
月曜日は前日の雨が上がるということでOh〜前さんと恵那山へ行ってきました。なにしろ恵那山へ行くのは前日の夜に決まったことなので全く下調べができなかった。
Oh〜前さん、よろしくお願いします。でも、きっと登山道はグチャグチャなんだろうな…(汗)
朝、出発し恵那SAで朝食を食べて行こうと思ったが恵那SAに着いてみると工事中。SA内のコンビニ弁当で朝食を済ませ、園原インターで下りて登山口へ。

  【6:30】
今日は暑い日になりそうだ。
早目に標高を上げたい。
 
     
  登山口まではアスファルトの上を1.5qほどのウォーキング。
途中でトンネルなんぞあったりして…。

夜には歩きたくない(怖)
     
  【6:58】
広河原登山口からIN! 
     
  思ったよりも増水していなくて一安心。
この橋を渡ってから本番です。
     
  いきなりの急登。まあ、どこの山でも最初は急登の所が多いんだけど・・・。
時間がたつにつれグングン気温は上昇。
粘っこい汗汗がダラダラ流れる。
きっと最初は体に溜まった毒素も流れているだろう。きっとそのうち爽やかな汗がダラダラと流れるのだろう。
それにしても、蒸し暑く展望のない登山道だ!
標高を上げれば見晴らしも良くなるはず。
     
  徐々に良い感じ♪
     
  【8:05】
急登が終わったか?
ようやく見晴らしの良い所まで登ってきました
それにしても虫が多い。まあ、雨上りの晴れだからな〜。
口で息をすると虫が入ってくる。
     
  雲海から顔を出す南アルプスの山々。 
今年は予定がぎっしりだから来年は南アルプスを中心に登ってみようかな・・・。
まあ、予定ですが…。
     
  それにしても暑い(汗)
日差しは強い。確か、天気予報では、僕の地元は32℃になるらしい。
暑いのと寒いのは嫌だ!
はい、ワガママです! 
     
  前日に結構降ったらしく、水の無い川底状態。
     
  ウンコのような木。
僕はウン木と名付けました。 
     
  【9:45】
山頂はまだかな〜…
と思っていたらいきなり現れた(驚)
え?ここが山頂?
別に物足りなくないんだけど、今まで登った山って山頂手前は木が低くて、山頂が見えて、あと少しで山頂だ!
そして山頂に立ったら「ヤッタ〜!」が当たり前だったんだけど…
   
  まあ、一応山頂に立ちました。
なんか、微妙な感動…
     
  景色は全く見えないので山頂に立つ展望台の上から景色を見ることに
     
    どうですか、展望台からの景色は最高でしょ!
木がとっても綺麗です!
木以外の物は目に入りません!
御岳も白山も駒ケ岳も南アルプスの山々も、み〜んな木が隠してくれてます。
     
  展望台で食事を済ませたらさっさと下ろう!

途中でヘブンス園原スキー場を見下ろす。
来シーズンは滑りに行こうかな・・・。
     
  飯田の街並みか? 
     
  早く下りてきたし、せっかくだから風穴ってところへ行ってみよう。
60mね。
なんか、あんまりここを歩いた人がいないみたいで少し荒れていました。
風穴って言うくらいだから冷たい風が岩の隙間から出ているんだろうな〜。

歩けど歩けど風穴は無い!

騙されたか…。

さすが100名山。試練を与えてくれる!
     
  行きにとおった丸太を渡って少し登れば歩きやすいアスファルト道。
     
  いや〜、アスファルトって歩きやすいけど足に負担を丁度いいくらいにかけてくれますね〜。
良い感じで足に負担をかけて、痛くなってきた頃にカモシカ君を発見!

見つめ合う?
愛が生まれた??

カモシカは去って行った…
失恋(泣)

出合いは唐突で、別れもアッサリ(泣) 
     
  【13:16】
帰ってくる間に伸びたアスファルト道を頑張って歩いて駐車場まで帰ってきました。 

先回の取立山から一か月を過ぎ、久しぶりの登山。山頂はアレだけど、良い汗を流しました。もう来ないかな…
帰りは南木曽温泉で汗を流して帰路に着きました。

HOME   2012 MOUNTAIN