2011年5月15日 白馬鑓温泉

日程  2011年5月15日 
場所  白馬鑓温泉
ルート 猿倉 − 猿倉台地 - 小日向のコル - 白馬鑓温泉−小日向のコル - 長走沢 - 猿倉 
メンバー  僕、KO崎君、GUYさん、タケさん、ゼロスピンさん、ゆ〜やさん 
天気  晴れ

GWの代休で15日から定休日を含め4日間の休みをもらい、初日の15日は恒例の鑓温泉へ今シーズンのラストスキーへ行ってきました。

画像 午前3時にGUYさん、KO崎君、ゆ〜やさん、ゼロスピンさん、僕の5人で出発。
中央道を走り穂高のスイス村でタケさんと合流。
途中のローソンで買出しをして猿倉に到着。
さすがに日曜日だけ会って駐車場は混んでいました。 
   

今日の白馬は良い天気だね〜。
毎年この時期に鑓温泉へ行くのだが天気に恵まれています。
すべて僕の日ごろの行いの良さの賜物です。
   
【8:06】
猿倉を出発。昨年よりも雪が少ないのでスキーをザックオン。
   
 今シーズンは山へ行けていないせいか、それとも温泉での宴会用具が多いのか、それとも年なのか肩にザックがズシリと食い込みます

歩き始めて10分ほどで石碑を通過。
まだ雪は繋がっていません。
   
 鑓温泉と大雪渓の分岐点でようやく肩からスキーを下ろしてシール歩行。
   
画像 猿倉台地を歩きます。
金山沢は雪が何とか繋がっているようだけど、そろそろ賞味期限が過ぎようとしています。
   
 
白馬の由来となった代掻き馬もクッキリと見えます。
 
   
さて小日向のコルに向けて急斜面を登りますか。

 いや〜、日ごろの運動不足でGUYさんやゆ〜やさんのペースにはついて行けない。
徐々に引き離されていく。
   
 【10:11】
小日向のコルに着いたときは「よくがんばった!」(島崎三歩風に)自分を褒めてあげたくなった。
でも、まだ半分しか来ていない・・・
目指す槍温泉は遥かかなた。
   
 ここでいったんスキーからシールを剥がし杓子沢の出会いまで快適滑走。
   
汗だくの体に風が気持ち良い。
 再びシールを貼っていると下山してきたゆ〜やさんの友人から温泉にバドガールがいるという超BIGな情報をGET!!
   
これを聞いたからには先を急ぐしかない。シールを今までに無いほどのスピードで貼り、ロケットのような猛烈な勢いで登る。
燃料はエロパワーです。しかし、すぐに燃料切れ。
やはり、燃料がエロパワーでも、エンジンがポンコツです。

でも、GUYさんとゆ〜やさんはハイオクエロパワーなのか僕をどんどん引き離して行ってしまいまう。少し前を歩くKO崎君だけが僕の心の拠り所。
 
   
バドガール♪
バドガール♪
バドガール♪
あと少しでバドガール(期待に胸膨らむ)♪♪
   
【11:35】
やった〜!
鑓温泉に到着〜〜〜〜〜〜〜!!
 
   
 ん?
あれ?
バドガールがいない!


くっそ〜
遅かったか〜!

僕の青春を返せ〜〜〜〜!
まあ、青春なんてとうの昔に過ぎ去ってしまって、すっかり擦り切れたオッサンなんですけどね。

 やっぱり雪の中の露天風呂は最高ですね。

これこれ、そこの変態コンビ。お稲荷さんが丸見えですぜ(恥)
   
KARAのヒップダンス(恥)
お腹の肉が…(嫌)
 
まあ、我々が一番うるさくて変態だったことは間違いありません。
   
そうこうしている内にミンゴ先生が到着。
大雪渓からハイクして杓子、鑓を経由して来たんだって。まあ、ミンゴ先生の場合、普通に鑓温泉まで登ってくるわけないよね(凄) 
   
温泉に入ったし、そろそろ宴会を始めましょうか。
温泉脇は服が干してあったりで何処にもスペースが無いので温泉の上のスペースに陣取りました。
   
 

ビールやら焼酎やらで酔っ払い状態。
下山の事など考えていないし、ましてや登り返すことなんて遠い世界の事。

ふと気が付けば温泉に残っているのは我々だけでした。
ゆっくりし過ぎましたね〜。
さて、帰るか・・・。

遠い・・・ 
   
【14:03】
下山の準備をして広い斜面に滑り込みます。

 直滑降なのにストップ雪でブレーキがかかり、前方1回転で転倒(><)

緩斜面の直滑降で前方1回転で転ぶとは・・・(恥)
   
僕の豪快な前方回転レシーブを見たメンバーは慎重に下ってきます。
   
 まあ、一部後ろ向きな人もいますが・・・
   
 杓子沢の出会いまで滑ってきたら、ドMにはお待ちかねの登り返しです。


お酒が入っているからヘロヘロで、噴出す汗はアルコールかも・・・。
   
ボロ雑巾のようになりながら、小日向のコルまで登り返してきました。
さすがにアルコールも抜けました。
   
さあ、あとは滑るだけです。
   
眼下に見える猿倉台地に向かって急斜面を颯爽とはいえない滑りで滑り込み、長走沢で登山道まで滑り降りてきました。
ここまで来れば母親のお腹の中のように安心。
安心できる林道を滑って駐車場へ向かいます。
   
 【16:04】
途中でスキーをザックオンして猿倉山荘に下ってきました。
   
 
 いや〜、楽しかった
白馬岳が無事に下山してくれたことを喜んでいるようでした。

 HOME  2011 SEASON