2011年4月4日 八方尾根スキー場

日程  2011年4月4日 
場所  八方尾根スキー場
メンバー  僕、FULL川君、Oh〜前さん、tzk4w君、店長、E〜田、ディー・ケーさん
天気  晴れ

震災後、なんとなく山に入るのを躊躇してしまう。今回はゲレンデスキーだから雪崩の心配もないし安心して滑ることが出来るでしょう。
ディー・ケーさんとは始めてのスキーでして、現地待ち合わせです。ディー・ケーさんは白馬の裏山を滑りまくっていて、僕なんかよりも白馬の裏山の事をよく知っている方です。本当に楽しみです。

ゴンドラ前の駐車場に到着。
なんと駐車料金無料!
そそくさと着替えてゴンドラ乗り場へ。
まだまだ雪がタップリあり、上部しかリフトが動いていないなんてもったいない。 
   
ガラガラのパノラマゲレンデ。
いつもだったらもっと沢山の人が滑っているはずなのに、震災による自粛ムードでガラガラ状態。
う〜ん、自粛を美学だと思っている人達はレジャー産業で生活している人達の事を分かっているのだろうか?と思ってしまう。 

パノラマコースを2〜3本滑ってディー・ケーさんと合流。
彼はフィッシャーのFX10.6というセンター幅106mm、長さ180cmのスキーを履いていました。
山ではよく見かけるサイズですが、ゲレンデで普通に履いている人はそうはいないだろう。
このスキーで兎のコブをものともせずに豪快に滑っていました。
変態です。
   
せっかくだからベースまで滑り降りてみよう。
 今回でスキー8回目のE〜田は整地された所は両足も揃ってきたけど、この急斜面の荒れたバーンでは悪戦苦闘。

でも、コケてもめげずに最後まで滑り降りてきました。

よしよし、根性あるな!

この調子ならば来シーズンは絶対に揃えれるようになるはず。

黒菱も滑りましたが、ここは大勢の人が滑っていました。
   
 昼食を済ませ、リーゼンを滑りましたが気温が高くなりグサグサの雪。
こんな雪が意外と好きなのです。
   
 誰も滑っていないリーゼン。
こんなに空いているリーゼンはスキー人生の中ではじめて!
   
再び黒菱に戻って数本滑ったところでディー・ケーさんとお別れ。 
コブも滑ったし、もう僕らも帰ろうか。

最後はセントラルを滑ってゴンドラ乗り場まで帰って来ました。
   
いや〜、白馬の山々も見れたし良い一日でしたね。 
   
帰りは美麻のポカポカランドに行って汗を流し、穂高の「ふくらい屋」で夕食を済ませ帰って来ました。 

以前はコブが大好きだったのに5〜6年滑っていなかったら満足に滑れなくなっていました。BCではコブはないのですが悪雪は上手くなったような気がします。やはりたまにはゲレンデも滑らなくちゃ!

 HOME  2011 SEASON