2011年1月24日 野谷荘司山

日程  2011年1月24日 
場所  野谷荘司山
ルート  トヨタ自然学校−1320m−南側の谷−トヨタ自然学校
メンバー  僕、Oh〜前さん、キムさん
天気 

昨シーズンは一度も訪れなかった野谷荘司山。岐阜県は猛烈な冬型によって北陸地方はそうとう雪が降り積もったということなので、今回は久しぶりに野谷荘司山へ行ってきました。
東海北陸道を走り、白川郷インターを下りると雪の壁。テレビでは知っていたけど、実際に目にすると今年の雪の多さに実感させられます。トヨタ自然学校付近に駐車し、準備をします。今回、12月に発売された「Gecko」というシールのテストも兼ねています。

【7:30】   
 トヨタ自然学校付近を出発。
いつもなら1mほど登ってスキーを装着するのですが、今年はそうとう雪が積もっていて、4〜5mもよじ登ってからスキーを装着しなければいけません。
   
 前日に入った方がいるらしく、トレースが残っていました。ここにトレースがなかったら一昨年の悪夢を思い出されます。
感謝の気持ちを持って使わせて頂きました。

前日の人よありがと〜!!
   
 トレースは料金所方面へ向かっていたので、我々は野谷の東尾根に取り付きました。
ここからは膝上のラッセル。踏み跡のない新雪を踏みしめて行きます。
   
 急な野谷の尾根をラッセルして登ります。
   
 浅い所は脛ラッセルですが、深いところでは膝上のラッセル。
ラッセルを3人で交代しながら標高を上げていきます。
   
それにしても、雪のブナ林は美しい。
疲れていてもこの景色を見る価値があります。 
   
途中から、夏道の登山道と合流すると、前日のトレースが残っていました。
ありがたく使わせて頂きます。
   
相変わらず、空は雪雲。今日の天気は回復しないだろう。
   
 ぽつんと立つ別名波平の木がようやく見えました。
久しぶりだね。
ここまで登ると、トレースは消えていて急斜面を猛烈ラッセル。

この斜面の途中で深さ15p程の弱層の小さなスラブが発生しました。

ん〜、今日は白谷は諦めよう。
   
 急斜面では腰ラッセル。
もう、心が折れそう(><)
   
 波平の木の下に到着し、これ以上登っても白谷は危なそうだし、ここから滑走する事に決めました。

我々は登山家じゃない。下山家だもん。

ピットチェックをし、15p程柔らかい雪が積もっているだけで概ね安定していました。

南の谷に到着するまで、スラブ、スラフが所々発生しましたが、小規模なので問題なし。

いよいよ、メインディッシュの谷に到着しました。

  もう、ヤバイっす!
フェイスショットの乱れ打ち!
生きてて良かった。
お母さん、生んでくれてありがとう状態です。 
   
キムさんなんて窒息寸前。
酸素マスクかシュノーケルが必要かも。 
   
 Oh〜前さんも、お風呂に浸かっています。

どうですか〜?
良い雪加減でしょ?

あんまり、長雪するとのぼせるよ!
   
上部は北陸とは思えないほどの軽い雪でしたが、標高が下がるに連れて徐々に重くなってきました。それでも奥美濃よりも軽い!
3人で野獣のような雄叫びを上げて下ってきました。
猟師がいたら撃ち殺されていた事でしょう!
   
 楽しい時間は短いもの!程なくして林道まで下ってきました。
あとは車までこの林道をテクテク歩きますが、猛烈パウダーの余韻で顔が緩みっぱなし!
   
それにしても、綺麗だな〜。 

林道が終わった所で3人で遅めの昼食をとります。
   
昼食後は白川郷の湯で体を温め、お土産を買って帰ってきました。 

Geckoのシールですが、接着力は問題ありませんでした。とにかく、チートシートがいらないので剥がしてクルクル丸めて袋に入れるだけなので収納がかなり手早くできました。なかなか優れものです。

 HOME  2011 SEASON