2011年1月03日 銀杏峰

日程  2011年1月3日 
場所  銀杏峰 
ルート  水車前−1340m−志目木谷−水車前
メンバー  僕、MAE田君、SAWA田君、シモンさん
天気  晴れ 

恒例の新年BCは福井県方面は大雪が降ったであろうという予想で昨年も行った、小荒島岳か一度訪れてみたかった銀杏峰のどちらかにしようと決めていました。
前日の夜は久しぶりのスキーということで遠足前の子供と同じでなかなか寝付けませんでした。カミさんはちゃんと寝なくちゃダメということで睡眠薬を渡された・・・。
よく早朝、目覚ましのおかげで遅刻もせづに待ち合わせ場所に到着。東海北陸道を北上するがさすがに正月休みということもあり車の数は多い。関サービスエリアでエネルギー補給を済ませ白鳥インターを目指すが、睡眠薬の影響で車線が三つに見える。これは危険だと言う事でSAWA田君に運転を変わってもらった瞬間に爆睡zzz。
旧勝原スキー場前で起されたのだが意識は朦朧。恐るべし睡眠薬。
意識がしっかりしていたのなら小荒島を登ろうと言ったのだが、もう少し眠りたかったので銀杏峰へ行こうと決めました。

水車前に駐車すると既に1台の車が泊まっていました。準備を済ませいざハイクアップ!

  久しぶりの雪の感触に心がウットリ。おまけにはじめて訪れた銀杏峰に期待で胸が一杯でした。少し林道を歩き、尾根に取り付きました。先行者のトレースがありがたい。しかし、薮を掻き分けてのハイク。思ったよりも雪が少ない。それでも標高を上げれば雪は存分にあるだろう。 
     
  しかし、歩けど薮はますます深くなっていき本当に滑れるのか?と不安になる。
でも、先行者もいることだし・・・ 
     
  みんな悪戦苦闘。
常にいい条件ばかりじゃないのが山スキーである。
こんな状況でも楽しまなくちゃ損だし、こんな状況だから勉強になることもあるのだ。

MAE田君は僕とよく山へ行くのでこのような状況でも臨機応変に楽しんでいます。
     
  途中から見えた白山がとても綺麗だ。
いつかシーズンを通して登ってみたいです。
とりあえず、今年の夏に行ってみようか。 
     
  木にはこんなに雪が付いているのに雪不足。
     
  1270mまで登っても藪藪ランド。
ここで先行者が登ってきたルートを引き返していきました。
     
  銀杏峰はすぐそこですが、薮に阻まれかなりのタイムロスの為、登頂は諦めました。
それにしても、薮に阻まれなければ、かなり美味しそうなお山ですね。 
     
  3450m地点で滑走開始。
でも、滑走できる所はあるのでしょうか?
と思うくらい藪藪ランド(><)
それでも少しでも空いている所を見つけてはターンを刻みます。

スキーヤーはMAE田君 

結局、ここからはほとんど滑れるところは無く、薮を掻き分けズルズル下ったり、登ったり川を渡ったり・・・。
予定下山時刻を1時間以上も遅れて下山しました。豪雪の期待は見事にハズレてしまいました。
こんな時もあるさ。
でも、いろんな経験ができて良かったし、銀杏峰の地形が分かっただけでも収穫。次回にリベンジです。

帰りは九頭竜の平成の湯に入って体を温めて帰ってきました。

 HOME  2011 SEASON