2011年8月30日 五龍岳・白岳

日程 2011年8月30日
場所 五龍岳・白岳
標高 2814m(五龍岳)・2541m(白岳)
ルート キレット小屋 − 八峰キレット − 五龍岳 ‐ 白岳 ‐ ‐ 布引山 ‐ 鹿島槍ヶ岳南峰 ‐ キレット小屋
天気 晴れ
メンバー Oh〜前さん、僕

前日はなかなか寝付けなくて窓から星空を見ていたら流れ星がキラーン☆ 
外に出てもっと星空を見たかったけど、ごそごそして他の人に迷惑をかけるといけないので早めに起きて見ればいいかと思って就寝。3時30分ごろに起きて外に出てみたらホワイトな世界。はい、しっかりガスってました(涙)

   
 【5:30】
キレット小屋を出発。
起床した頃にガスっていたけど、出発する頃に
はスッキリ晴れてました。
  これから向かう五龍岳もよく見えました。
五龍岳よ、そこを動かず待ってなさい。
   昨日に引き続き今日も剣岳はよく見えました。
今日1日よろしくお願いします。
 
                       ご来光には間に合わなかったけど、雲海に浮かぶ朝日が滅茶苦茶きれい。
                       なんか、雲の上を歩けそうな雰囲気。誰か試してください。
 
   
 鹿島槍ヶ岳が見送ってくれました。    で、いきなりの梯子です。    罰ゲームのような岩場。ここを登らなくちゃ(汗)
 
                       鹿島槍ヶ岳北壁。
                      故新井裕巳氏はこの北面を滑ったらしいのだが、どこを滑ったのだろう?
                      どう見ても滑れるところは無いのに…(驚)
         
                       あれが五龍岳だよおっかさん。 
 
   
 ん〜、険しい所を歩いてきたのね…    遠見尾根が見えた。
帰りはあの尾根を下るつもり。
  【6:41】
口ノ沢のコル。
雲海が素晴らしい。
 
   
 このルートを開拓した人は凄い!    【7:01】
北尾根ノ頭
   それにしても、遠いな〜。
 
   
               高度感満載の梯子です。
 
 
                       この三角木馬のような尾根を越えなくちゃいけません。
                       もう、好きにして! 
 
 
                       出発からず〜〜〜〜〜〜っと雲に隠れずに見えていた剣岳、雄山。 
 
   
あ〜しんど!   だいぶん歩いてきたんだね。   ここも根性のガレ場急斜面。ジグザグに登るの
だが、足元がしっかりしていないからキツイ(汗)
まったく罰ゲーム満載のルートですな。
 
   
あと少しで最低鞍部かも   見てください。高度感満載で油断のできない楽し
いルート。ドMの方にはヨダレが出るでしょう。
   余裕でピースサインしていますが、足がだいぶ
ん逝っちゃってます。
 
   
それにしてもOh〜前さん、パワーありすぎです。
全くペースが落ちない。
鞍部から見たゴジラの背中のような五龍岳山頂
までの壁。
およそ140mの標高差。cmにすれば14000p。
まったく、中年オヤジを労わりなさい!
 
   
 Oh〜!
とってもプリティーなヒップライン。
子供だったら間違いなく浣腸をしたくなること間
違いなし(嫌)
山ガールをこの角度から見てみたい(変態)
  慎重に一歩一歩、確実に山頂へ近づいていま
す。
それにしても、晴れだからいいけど、岩場が濡
れていたら絶対に歩きたくない(怖)
 
振り返れば鹿島槍ヶ岳から歩いてきた八峰キレットが一望できます。 
 
  
 【9:13】                                         Oh〜前さんもよく頑張りました。
山頂に到着。
2週間ぶりの五龍岳山頂だね。
頬ずりしてあげる(嬉)                 
 
 
 ちょっと雲隠れしているけど白馬岳方面。                    ここで剣岳とはお別れ。
               2日間、本当によく見えました。 
 
   
五龍岳からの下り。
ここが最後の岩場です。
  【10:09】
五竜山荘に到着。そしてトイレへ旅立ちました。
ここのトイレから見る五龍岳の素晴らしいこと!
本当に力強くて、お腹にも力が入りました(照)
  お腹がすっきりしたところで例のアレ!
最高ですね(嬉)
 
   
 【11:10】
白岳山頂
唐松岳もついでに回ろうと思ったのですが、9月
中旬に予定しているので今回はパス。
  見上げると、歩いてきたこぎりの歯のような稜線
をが見えます。
   西遠見の池に写る山々。
もう少し写真のセンスがあれば良い写真が撮れ
たのに…
 
   
 ガレ場と違い歩きやすい登山道。    左手には8月15日に日帰りで五龍岳、唐松を回
って下ってきた八方尾根が見えました。
   地蔵の頭が見えてきましたが、意外と遠い。
 
   
 今回は地蔵の頭を登らずに地蔵の沼を巡って
下山。
  よやくスキー場に出て、歩きやすいはずだけど
逝ってしまった足にはキツイ石の階段を下って
ゴールに向かいます。 
  【14:17】
五竜のゴンドラ山頂駅に到着。
ここで昼食としてカレーライスを食べました。
美味しかった。

天気に恵まれ、楽しい2日間が終わり、予想通りドMにはたまらないルートでした。
今回学んだことは1泊登山の場合は携帯の簡易充電器を持っていくことです。

1日目へGo

HOME  2011 MOUNTAIN