2011年7月11日 白山御前峰

日程 2011年7月11日
場所 白山 御前峰(石川県、岐阜県)
標高 2702.2m
ルート 別当出合−観光新道−室堂‐山頂‐室堂-砂防新道-別当出合
天気
メンバー Oh〜前さん、僕

ちょくちょく白山を登っているブログ友達のみっちゃんの写真があまりにも綺麗なので、今回は白山をチョイスしました。
午前4時30分に家を出発し、別当出合の駐車場には7時40分頃に到着しました。
   
【8:00】
登山届を出して出発 
   
今回はみっちゃん推奨の観光新道と砂防新道を歩いてみます。 
 
【8:17】
17分歩いただけなのにこの標識が現れました。
もしかしたら俺って凄いんじゃない?
あと1時間30分も歩けば室堂か?

俺もまだまだ若いもんには負けないぞ!
   
気分を良くして登って行くんだけど、急だね〜!
気温もグングン上がるばっかり。 
もう体も顔も汗でベタベタ。 
水分補給をマメにしなくちゃ凄い僕でも熱中症になっちゃう。
   
 稜線に出ると視界が一気に開けます。
この景色を見たら観光新道という名前も頷けます。

天気に恵まれたのも全て僕の普段の行いが良いからね(^^)v
それにしても暑い。
   
 
   
 登山道脇の花々に励まされ黙々と歩きます。  
   
 眼下には別当谷の砂防堰堤がいくつも…。
いくら土石流の予防だからといっても作りすぎだろ。
土石流を食い止めるための砂防堰堤というよりも、砂防堰堤を作るのが目的ではないだろうか…
   
 【9:27】
仙人窟。
あまりの暑さにここで大休止。
本当は岩の中で太陽を避けたいところだが、邪魔になるし地震が怖い。
   
 出発して1時間27分。最初の標識のペースのままならそろそろ室堂に到着のはず…。
しかし、暑さのためペースダウンしているとはいえまだ半分しか来ていない。
最初の標識は何だったんだ?
絶対におかしい。
白山よ、侮れないぜ!
   
さて、頑張るか・・・
   
 暑さと、思ったよりも進んでいなかったショックでヘロヘロになりながら後ろを振り返ると・・・

そうそう、このアングルだよ。
みっちゃんのブログを見て生で見てみたいと思ったこの稜線。

少し気力を持ち直したかも。
   
避難小屋手前にはまだ残雪がありました。
   
 久しぶりに雪の感触です。テンションが上がりますね。  
   
                       
 
 それにしても花が多いこと。
ただ残念なのは、僕に花の知識がないので名前がわからないことです(恥)
   
【11:14】
黒ボコ岩に到着。
3時間前の勢いは完全になくしていました。 
   
弥陀ヶ原は整備された木道。
地獄に仏状態です。
左手には雪が300mほど繋がっていました。
さすがにこの時期には誰も滑っていませんでした。
過去にも7月に白山で滑ったレポはありませんので7月に滑ったとなれば有名人になるかもしれません。
だれかチャレンジしてください。
僕はスキーを車に忘れたので滑ることができませんでした。
(↑ウソ)
いや〜、残念です。
本当に残念です。 
   
【11:38】
予定より2時間ほど遅れて室堂に到着。
(↑まだ言うか) 
   
  まだここはゴールではありません。
ゴールのちょっと手前です。
でも登り切った感満載です。
島崎三歩がいたら「よく頑張った!」と褒めてくれるでしょう(^^)


ザックからハイドレーションの袋を取り出したら2リットル入っていたはずなのに残りわずか(><);
売店で500mlを補給しました。
これだけ飲んでも汗で流れ出してしまうなんて…
ついでに体の毒素も流れてくれていたら良いんだけどね(嬉)

神社で安全登山とカミさんの病気平癒のお参りをして山頂を目指します。
   
 
 【12:35】
室堂から40分で白山御前峰に登頂しました。
別当出合から4時間35分の旅でした。


山頂からは素晴らしい眺望にウットリ。
バドガールも霞んじゃいますね。
 
   
   
今回は思ったより時間がかかったので、お池巡りは次回の楽しみということにして山頂でおにぎりを食べ、ちょこっとゴロンとしました。

涼しいし、最高!!

ここに住みたい。

もう少しだけゆっくりしたいけど下山しなくちゃ。
登りと違い下山は3倍速です。
   
室堂で念のため水を補給するために売店へ。
そこで幸せの麦の飲み物を発見。
登山中に不謹慎だと思いつつも欲望には勝てませぬ〜(涙) 

すっかりくつろいでしまい、「明日の仕事なんてどうでもいいや。」と悪魔が僕にささやく。
そこへ天使が「帰ってから飲む麦の汁は格別だよ!」とささやく。
   
 【13:47】
引力に任せて帰ることにしました。
   
   【14:01】
黒ボコ岩の砂防新道との分岐点まで下ってきました。
ここからは砂防新道を歩きます。
   
甚ノ助小屋までは見晴らしも良く、いつか訪れるであろうスキーのルートを思いながら下っていきます。 
   
【14:40】
甚ノ助小屋まで下ってきました。 
   
登りで歩いた観光新道がみえます。
   
下るにつれ、地獄の窯に近づいているみたいに徐々に気温が高くなっていく(暑)
甚ノ助小屋からはあまり眺望はないけど、直射日光に当たらない。でも蒸し暑い 
   
 不動滝の直下に堰堤が…
周りの景色と実に不釣り合いな気がするのは僕だけでしょうか?
   
 吊り橋をロックオン。
   
 
   
【16:14】
別当出合に到着。
頭の中はロッキー 

初めての白山でしたが、本当に楽しいお山でした。今回は観光新道と砂防新道でしたが、まだまだ沢山のルートがあるみたいなので、しばらく楽しめそうです。
白山よ、奥が深いぜ!

帰りは展望の湯で汗を流し、8時15分に帰宅しました。

HOME  2011 MOUNTAIN