2010年5月16日 鑓温泉

日程  2010年5月16日 
行先  鑓温泉 
ルート  猿倉−小日向のコル−鑓温泉(ピストン) 
標高  2100m 
メンバー  僕、GUYさん、タケさん 
天気  晴れ 

2年ぶりの休みが取れました。それも奇跡の日曜日。

ということで、恒例の鑓温泉です。
今回はGUYさん、タケさんとの3人組です。

午前3時にGUYさんの桃色ハイエースで出発しました。
タケさんをピックアップするみどり湖まで男ならではの話しで盛り上がる。
実に内容の濃い会話でした。

で、みどり湖でタケさんをピックアップ。その後も会話は桃色一色です。

猿倉に到着。
 白馬岳が綺麗です。
   
いつもは月曜日だから車は10台も停まっていないが、今回は日曜日ということもありメチャ混み。
そそくさと準備を済ませ出発です。
今年は雪が多いおかげで駐車場横からシールで登れるから嬉しい。
   
大雪渓と鑓温泉の分岐まで来ました。 
     
猿倉大地を談笑しながら登ります。 
   
 右手には代掻き馬がくっきりと見えました。
   
3月に滑った金山沢もまだまだ行けそう。
今年は本当に雪が多いです。
   
 さて、小日向のコルまでの急斜面を登ろうか。
   
気温も上がり、徐々にバテていくが昨年よりも良いペース。
でも、若いGUYさんとの差は開いていくばかり。
若いだけじゃなく、実にパワフルなGUYさんです。

ヘロヘロでコルに到着。

ここでいきなり「あれ?ヒデさんじゃないの?」
と声をかけられた。

なんと雪更さんとバッタリ遭遇。
二人は赤い糸で結ばれていたのね。

タケさんを待っている間、雪更さんとそのお仲間と談笑。
さあ、鑓温泉をロックオン。 
   
杓子沢出合いまで滑りましょう。
滑り出すと暑く、汗をかいた体に心地良い風が最高!
   
杓子沢出合いから再びシールを貼り、緩斜面を一直線に鑓温泉へ向け登るだけ。
   
GUYさんのプリティーなお尻を見ながら温泉に近づいていきますが、立ち止まらないかじさんのお尻は徐々に遠ざかっていきます。
   
ここまできたらあと少し。
鑓温泉に向けて最後のラストスパート。 
しかし、気温の上昇と久しぶりのハイクにパースダウン。
あと少しで温泉じゃ!!
   
やった〜!鑓温泉に到着だぜ!!
それにしても、さすがに日曜日だけあって混んでますね。 
追って、雪更さんご一行も到着モータースポーツ

とりあえず、雪の中にBEERビールを埋めて…。


シャツを脱ぎ捨て!
靴下を脱ぎ捨て!!
タイツを脱ぎ捨て!!!
ええ〜い、パンツを脱ぎ捨て!!!!

ソロリと足先から温泉に入るが…

激アツ!!

熱すぎる。
   
女性がいるにもかかわらず、かじさんはマッパのままスコップで雪を湯船に放り投げる。

う〜ん、いい湯だね〜。
ここに来て正解。

そこに僕の店のお客様のミンゴ先生が到着。おお〜偶然ですね。っていうか、EVA父さんのブログをお気に入りに入れていて、よくミンゴ先生の事が出ていたが、まさか僕のお店のお客様だったとは・・・。
続いてブログ友達のEVA父さんも到着。一年ぶりの再会です。
そしてウッディさんも到着。 いや〜、賑やかな温泉場になってきましたよ〜
   
昼食にBEERを2本飲み、ラーメンを食べてマッタリしてから下山開始。
帰りはウッディさんとそのお仲間と5人で下山。
   
 左手に中央ルンゼを眺めながら滑ります…

が、飲みすぎたせいか、2度も止まる時にシリモチ
   
そして杓子沢出会いから小日向のコルまで最後の登り返し。
正直ヘロヘロです。タケさんもヘロヘロです。
でも、なんか楽しい。
   
 隣を最短距離で登るウッディさんがいる。
ゆっくり休憩したいが奮起せねば。

ファイト〜!
イッパ〜!!
とオロナミンCを頭に浮かべながらコルに到着。
もう、あとは滑るだけ。
   
さようなら鑓温泉。
夏は来る気ないけど、来年の春にまた来るね。
   
杓子沢も待ってなさい。来年は滑ってあげるから。
あとは、下部までしっかり雪が繋がっている長走沢を滑って猿倉に帰ってきました。

あ〜、楽しかった。
思いがけない出会いもあったし、やっぱ鑓温泉は最高だね。

帰りは、ミミズクの湯へ入って無事に帰ってきました。

ん〜…、これで終了にしようか悩む所です。

 HOME  2010 SEASON