2010年7月26日 奥穂高岳

日程   2010年7月26日
場所   奥穂高岳
標高   3190m
メンバー   僕、YOUすけさん
ルート   新穂高−白出沢−穂高山荘−奥穂高岳(ピストン
天候   晴れ時々雨

今シーズンの一つの目標であった奥穂高岳日帰り登山。コンプリートしました(^^)v
前日まで夏風邪で微熱や下痢でどうなるかと思っていましたが、前日の夕方には何とか落ち着いたので決行しました。

【4:03】     
 無料駐車場を点けて出発。
バスターミナルで登山届けを出して林道に入ります。  
 少々歩くと林道をショートカットするように階段が架かっていました。
     
 林道に再び出て、10分ほど歩くと、またまた近道の看板。迷うことなく入っていきました。細い登山道ですが、整備されているので歩きやすい。 
   
 【5:01】  
 穂高平非難小屋に出てきました。
   
 【5:41】  
 穂高平非難小屋から歩くこと40分で奥穂高岳白出沢登山口に到着。さあ、ここからが楽しい山歩き(^0^)/
   
 山頂方面は雲がかかっている。
でも、到着する頃にはバッチリ晴れている事だろう。
   
 笠ヶ岳方面も山頂は雲で隠れている。
まあ、僕が向かうのは奥穂高岳だし、こっちが晴れれば問題なし!
   
 朝の清々しい森の空気に包まれ、こんな感じの登山道を進みます。
   
 【6:25】  
 重太郎橋はどこ?なんて思いながら白出沢を渡渉する所まで着ましたが、はやくも雪渓が現れてきました。
   
 結局、重太郎橋が見つからないまま、梯子をよじ登りました。
   
 梯子をよじ登ると幅が50cmくらいでとってもスリリングな登山道です。
なんか、楽しくなってきましたね〜。
   
 【7:22】  
 荷継沢に到着。後は、穂高岳山荘まで一直線。
浮石だらけのガレ場を登ると・・・
   
 ジャ〜〜〜ン!!
雪渓登場。

白出沢の雪渓が無いな〜と思っていたら、これでもかと言わんばかりに登場しました。

おいおい、この雪渓、長くないかい?

せいぜい200mくらいだと思ってアイゼンなんぞ文明の利器など持ち合わせていないぞ!


ここまで来ると吹き降ろす風が冷たく、一気に体温を奪われていく感じである。防寒着代わりにレインウェアーを着込みました。


毎日、暑さで寝苦しい夏にこの冷たい風が吹けばどんなに快適に寝られるのだろう。なんて思いました。
   
 振り返ると笠ヶ岳の山頂だけポッポ〜というような雲で隠れている。
   
雪は少しだけ緩んでいたので、それほど足を滑らすことも無く登っていけました。 
   
 穂高岳山荘をロックオン!!

しかし、雪渓は続くし、その先に見えるガレ場も長そうだな〜。
   
 【9:34】  
 長〜〜〜〜〜〜〜〜い雪渓を乗り越え、ここからはガレ場です。
それにしても、山荘が近づいて来ないよ〜。
後へ移動しているのか?
   
 浮石だらけで油断できないガレ場を歩き、穂高岳山荘の下までやってきました。
長〜〜〜〜〜〜〜〜い雪渓と、浮石だらけのガレ場で太ももはパンパンマン!
下山が心配・・・。
   
 【10:38】  
 昔はギャルだった方達の「ガンバレ〜」という暖かく黄色い(?)声援の中、無事に到着しました。
   
 山荘は大賑わい!
中高年ばかりだと思っていたが、写真左に写っているように、女子高生数人がいました。
なんでも、茨城の高校の山岳部らしい。

やはり、こんな高所でも女子高生パワーは健在です。
   
 涸沢を見ながら、余裕は無いけどそんなふうに見せない歓喜のポーズ!

こっちからの方が楽しそう!!

次回はこっちから登ろうと心に誓いました。
   
 おにぎり2個をお腹に詰め込み、山頂をアタッ〜〜〜ク
   
 いつもならなんてこと無さそうな梯子でも、今回は足がパンパンマンなので、少しビビリながら登りました。
梯子の写真が無いのは既に写真を撮る余裕が無いからです。
梯子を抜けるとご覧のような岩場。鎖は架かっているものの、どこが登山道?
○や×は適当じゃないの?
   
 僕がこんなにヘロヘロなのに、元気に登って行くYOUすけさん。やっぱり若さかな?

いや、変態ですね。
   
 岩場を乗り越えて到着かと思っていたら、まだ先があった(><); 
   
 頂上まで残り200m
   
 あと少しで頂上というところでガスが少し晴れて目に飛び込んできたのは、ジャンダルム。

ジャン、ジャン、ジャンダルム〜♪
(ジンギスカンの歌をもじって)
   
 【11:58】  
 3190mに着いたど〜〜〜!!
いや〜長い道のりだった。
っていうか、酷い道のりだった。

   
 あの先っちょへいつか行ってみたい。
   
 いつまでもここで景色を眺めていたいのだが、帰りのこともあるしそろそろ下山しなくちゃ! 
   
 山頂を後にとりあえず山荘まで下山を開始。
行きはガスに隠れていて見れなかった涸沢岳が見えた
   
 上から見る穂高岳山荘。
高度感満点。
   
 下からは滋賀県の高校の山岳部の生徒さんが20名ほど梯子を登ってきた。

下山に時間がかかりそうなので、半分くらい梯子を登ってきた所で先に下ろさせてもらいました。
   
 【13:05】  
 山荘の中で、コーヒーを飲んで一服。
コーヒーの香りがヘッロへロの体に染み込みます。

さあ、下山を開始しなくちゃ!
13時5分だから18時位に下山か?
いや、この足の状況からすると19時くらいかな?


下りは浮石に細心の注意を払いながら慎重にガレ場を下り、雪渓では転んで滑落しないようにしていたが、途中から尻をついてストックを雪に付き立てながらグリセードして下ったほうが早い事に気が付き、ヤッホ〜ウという感じで下ってきました。
   
 【14:52】  
 荷継沢まで下ってきました。

おお〜早い!
   
 ヘロヘロの足の状態ですから、行きになんでもなかった細い登山道もかなり慎重に下って行きます。
   
 【16:45】  
 やっと、林道まで下ってきました。
それにしても時間がかかった。


林道を下ってくると100m先で工事をしていた人達がダンプで走ってきます。

ここで、ダンプの荷台にでも乗せてくれたら、どんなに幸せなのだろう。
たとえ荷台であってもリムジンよりも快適な乗り心地であっただろう。

物ほしそうな顔をして運転手を見たが、軽くパスされてしまった。
   
 【18:04】  
 途中で通り雨に遭遇しながらも林道終点のゲートまで帰ってきました。

ゲートにはこのような看板が・・・。
   
 最後の近道の階段。
階段がこれほどありがたいと思ったことはありません。

【18:17】
下山届けを出してようやく駐車場まで帰ってきました。
帰りは「ひらゆの森」で筋肉痛に間違いなくなる足をマッサージして帰ってきました。



今回の奥穂高岳日帰り登山は運動不足と前日までの体調不良と思いがけなく長〜〜〜〜〜い雪渓と浮石だらけのガレ場に足をやられてしまいました。思い起こしてみれば、今年はまともな登山をしていない。もっと、トレーニングしていればもっともっと楽しい登山だったかもしれません。

HOME   2010 OTHER