2010年6月28日 白木峰

日程   2010年6月28日
場所   白木峰(富山県)
標高   1596m
メンバー   僕、店長、親父
天候   曇時々雨

久しぶりのお山。今回は去年の3月にスキーで接触し、脳内出血、硬膜化血腫で4回も手術をした74歳の親父を連れての登山です。
去年は8ヶ月も病院に入院し、すっかり足の筋肉も衰えて15ヶ月ぶりに山へ行く親父を連れてですから何処へ行こうか悩みました。
なるべく険しくない所で短時間で往復でき、景色の良い所でということで白木峰をチョイス!

午前6時に出発!カーナビでは高山を経由していくと支持されたのでその通りに車を走らせる。
清美インターで高速を下り飛騨古川へ向かってショートカット。猪臥山トンネルの長いこと!41号線に出て現地での昼食を買いにコンビニによって白木峰を目指します。41号線から471号線にはいると、「え?これでも国道なの?」というくらい狭くまるで獣道。帰りは五箇山方面から帰ろうと誓ったのでした。
なんとか白木峰の登山口に到着。

【10:03】   
 車で入れる最上部の綺麗な駐車場に車を駐車し、準備をして登山開始。

病み上がりの親父のザックにはレインウェアーと飲料水のみ詰め込み、残りは僕のザックに。
   
 いきなりの急な階段。
そんなに長くないが親父にはキツイ階段。
   
 一旦、道路に出て次の登山口に入ろうかと思ったが、親父のことを考え少し遠回りにはなるがそのまま道路を歩いていく事にしました。
   
 久しぶりの登山で一歩一歩かみしめて歩く親父。

途中で、道端に生えている山ごぼう、アザミ(食べれる方)、ふき、名前は忘れたけど味噌汁に入れると美味しい山菜を教えてもらいながら楽しく登りました。

さすがに白馬生まれの親父です。山菜に詳しい。
   
【10:45】   
 白木山荘の入り口まで来ました。
   
 山荘入り口の近くにはまだ雪が残っていました。
なんか嬉しい。
   
 綺麗な山小屋の中を見学後、階段と木道を歩いて行きます。
   
 ニッコウキスゲがチラホラ咲いています。まだ2週間ぐらい早かったかな?
   
 先ほどの非難小屋を見下ろします。
   
 ニッコウキスゲの時期には早すぎたけど、風はとても涼しく快適。
この時は下山し帰って来てからの地獄など予想もできませんでした。
   
 所々に点在する池が綺麗。
   
 こんな感じの木道を歩きます。

さすがに平日だし、天気予報も50%の降水確率なので他に入山している人はいませんでした。
(僕と親父)
   
 
   
三等三角点までやってきました。 
ここで引き返してきました。

あとで知ったのですが、ここから少し歩くと「浮島の池」があったんだって。
しまった〜。痛恨のミス!
下調べもせずに来たから途中の池が「浮島の池」だと思っていた。
しょうがない、また来よう!
   
【11:55】   
 三角点から引き返してきて白木峰山頂に到着。
このときはまだ「浮島の池」のことなど知る由もなかった。
   
 さて、お昼にしましょう!
親父が山でどうしてもカップラーメンを食べたいということで。

親父は山で初カップラーメン!
下界で食べるより美味しいって(^^)
   
 雲の切れ間から富山湾が見えました。
   
さて、お腹も膨れたし帰るとしようか。行きと同じで急な登山道を避け、途中で目をつけていた山菜を採りながら帰ってきました。  
   
【13:44】   
 無事に駐車場に到着。

収穫した山菜。本当に沢山あったけど、採りすぎはよくない。ということで1食分だけ採ってきました。
アザミと名前の分からない山菜です。

帰りは五箇山へ向かって走りました。行きのスリリングな獣道とは違い道路が広いし安全。ここへ来るなら五箇山経由だな。
僕はほとんど汗をかかないほどラクチン登山だったけど、親父と店長は汗だくだったので「平村ふれあい温泉センター ゆ~楽」で汗を流して帰ってきました。

HOME   2010 OTHER