2009年8月17日 西穂高岳

日程  2009年8月17日 
行き先  西穂高岳
標高  2909m 
コース  西穂高口−西穂山荘−独標−ピラミッドピーク−西穂高岳−ピラミッドピーク−独標−西穂山荘−  西穂高口
メンバー  単独 
天気  晴れ 

久しぶりの登山。それも天気予報では降水確率は20%。雨が多い今年の夏ですが素晴らしい眺望に恵まれそうです。

夕食後、準備をして午後9時30分に自宅を出発。なんてったってお盆のETC割引が最終日。いつものように東海北陸道を北上。さすがにお盆の最終日だけあって渋滞こそ無いが南下する車の多いこと。 きっとお盆中は西穂高岳も登山客が多く、独標ばどは渋滞だったんだろう。さて明日はどうかな?
高山市内のコンビニで飲料水、朝食、行動食、そして今晩のアルコールを調達。
午前1時には鍋平高原駐車場入り口に到着。既に10台程の車が到着し、仮眠を取っている。車のエンジンを切り、明朝の荷物のチェック!! 忘れ物が無いのを確認し、軽く一杯飲み寝袋に包まって就寝。

【AM6:00 】
目覚ましで起きた。う〜ん良い天気だ(^^)
コンロでお湯を沸かし、前日買っておいたカップラーメンでお腹を満たし準備。
しらかば平駅に向かいます。

 
 雲一つ無い快晴で笠ケ岳が一望     
     
【7:15】     
 
 予定通り第二ロープウェイしらかば平駅を出発し、約7分の空中散歩を楽しんで 標高2156mの西穂高口駅に到着。
到着後、登山届けを提出。
中には登山届けを提出せずに出発する方もいましたが、万が一があるといけないから提出できる所は提出します。
   
     
【7:37】     
 
 出発。今日も頑張ろう!!    登山道入り口にはこのような看板が立っていました。
右の看板は
これより登山道 
登山装備されていない一般のお客様は立ち入らないで下さい。」

なにもここまで書かなくても・・・
 
 
 西穂岳よ。待ってなさい!!     こんな感じの登山道をひたすら登ります。
先回の十石山に比べ登りやすい。
     
【8:26】     
 
 西穂山荘に到着。    天気がいいから乗鞍のバッチリ見えました。 
     
 
 お隣の焼岳です。
今月末は登山初心者と登るつもり(^^)v 
  西穂山荘からの登山道はこんな感じ。  
     
 
 独標までのガレ場が歩きにくい。    独標とピラミッドピークが見えた。
独標には既に大勢の人達が見える。きっと西穂山荘に宿泊した登山者でしょう。
     
 
 この壁をよじ登れば独標です。    安全の為の鎖も付いていますが、使わなくても楽勝ですよ。
     
【9:25】     
 
 独標に到着    とりあえず、記念撮影
     
 
 独標から見たピラミッドピークと西穂高岳。    独標からこの岩場を下ります。高度感抜群です。怖くはないけど足を滑らせたら大変なことになるので慎重に下ります。
     
高度感はあるものの、足場になる岩がしっかりしていたので難なくクリア。
でも岩場が湿っていたら怖いかもしれません。
   
     ここからは結構荒々しい穂高の岩稜地帯になります。
     
   
あと少しでピラミッドピーク     
     
【9:57】     
   
 ピラミッドピークに到着。向こうには西穂高岳の山頂が見える。
おお〜あと少しで山頂だ。もう汗ビッショリ。ここは、軽く写真を撮り先を急ぎます。
   
     
 
 おいおい、こんな岩場を歩くのかよ〜。
っていうか、よくこんな所にルートを作ったもんだ(><)
   でも、ここを越えれば山頂は目の前。
     
 
 際どい部分を越え振り返るとピラミッドピークには数人の人影が見えました。    柳谷の上部は完璧なオープンバーン。
積雪期に来たら間違いなくウハウハなんだろうけど、誰も滑ったレポが無い所を見ると、無理なんだろうか・・・
     
 
 さあ、山頂は目の前です。    最後の急斜面。ここを乗り切れば山頂です。ここまでの疲れも吹き飛びますね。
     
【10:52】     
 
 パンパカパ〜ン!!
西穂高岳山頂に到着しました(^^)v
  槍ヶ岳をバックに記念撮影です。 

いや〜苦労した甲斐がありました。360度の大パノラマ!! 
ハッキリ言ってここに住みたい。でも、コンビにもスーパーも無い。ましてや夜のネオンも無いので諦めよう。

 
 お約束の槍ヶ岳もバッチリ見えます。    僕は山の名前が良く分からないのですが、とりあえず絶景です。
     
 
 笠ヶ岳    槍の向こうは何て名前の山だろう。

目の前はジャンダルム。まったく日本で最も難関のルートとはよく言ったもんだ。まだまだ僕のレベルではこの超難関コースは克服できない。もう少し経験を積んでからチャレンジしたい。一度取り付いたら失敗は許されない。
ジャンダルムの右に小さな尖ったのが奥穂高岳のピークです。(たぶん・・・)

【11:35】     
 さあ、山頂でゆっくりしたし帰ろう。
先回の十石山みたいなトレランは禁物。絶対に死んじゃうからユックリ慎重に下山しよう。
  なんていう名前の花か知らないが黄色くキレイでしたよ。 
     
【12:09】     
 
 ピラミッドピーク    中高年の方が多く、岩場ではしばし待たされることもありました。
     
   
 ここをよじ登れば独標です。
なんか凄く沢山の人達がいそう。
   
     
【12:31】     
 
 渋滞で待たされることが多かったけど、独標まで帰ってきました。 独標には沢山の人達が登ってきていました。
中にはスニーカーやウォーキングシューズに簡単なナップサックやショルダーバックを背負った人達が・・・。
酷い人は手提げ袋で登ってきています。まったく登山道入り口の看板を見ていないのだろうか・・・。
  また来るよ! 
     
 
独標からの下りですが、とにかく多くの人が登ってきて待たされる。もう勘弁してくれ(><);     
     
【13:22】     
   
 西穂山荘まで帰ってきました。もうここまで来れば安心です。
本来ならここでビールなんぞ頂くのだが、今回はどうしても19時までに家に帰らないといけないので泣く泣くPASS。
でもユックリ休ませて頂きました。
   
     
【14:11】     
   
 無事に西穂高口に帰ってきました。さすがにロープウェイの終点だけあって多くの観光客で賑わっていました。
展望台から見た西穂高岳です。
   

穂高連峰のなかでは最も優しいと聞いていた西穂高岳ですが、険しい山ですね。でも、慎重に登れば人が言うほど危険な箇所は少ないと思いました。ただ、観光客が本当に軽装で登ってくるのには呆れましたね。だって手提げ袋ですよ。ありえない。何を考えているのだろうか・・・。

帰りは深山荘の露天風呂に入ろうと思い駐車場に突入したのだが、凄まじく混んでいて駐車スペースさえ見つからないのでさっさと退散。結局ひがくの湯に入り、高山市のアルベールタニコシで美味しいパンを購入して時間通りに帰ってきました。

BACK HOME