2009年6月28日 十石山

日程  2009年6月28日 
行き先  十石山 (長野県)
標高  2524.8m 
コース  白骨温泉−2427m(撤退)−白骨温泉
メンバー  僕、KO崎君
天気  曇 

6月8日以来の久しぶりの登山です。今回はKO崎君がパートナー。
十石山は2006年の3月にスキーで登った以来の久しぶりの山です。雪のないこの次期はどんな景色を楽しませてくれるのだろうかとワクワクして出かけました。

【5:00】
東海北陸道を北上。途中の関SAでエネルギーを補充。

高山市を通過し、安房トンネルを抜け湯川渡から白骨温泉へ向かうつもりが通行止め(><)
少し遠回りになるが乗鞍高原から白骨温泉に入りました。

登山口が分からず、OPENしていたお土産屋さんに登山口を教えてもらいました。

【9:15】   
  登山開始 
  少しだけ緩やかな坂を登り、準備運動です。
   
【9:22】   
  この標識の向こうから本格的な登山が始ります。 
  しばらくは背丈ほどの笹で見え隠れする登山道を歩きます。
まあ、このうっとおしい笹も標高が上がるにつれ減っていくだろう。 
  それにしてもうっとおしい笹だ。 
   
【9:55】   
  1790m地点に到着。
ここで小休止をし、水分を補給。
さて、まだまだ先は長いよ。 
ここから先、いくら歩いても笹は一向に減っていかない。 
このまま山頂まで笹地獄なのだろうか・・・。
歩き始めはバテていたKO崎君も徐々にペースが上がってきました。
さすが日頃からトレイルラン で鍛えているだけあり、ここから更にペースアップ。
最後の方では追いつけないほど早かった。
おかしい、冬山では僕の方が早かったはず・・・。
このままだと来シーズンは僕の方が遅くなってしまう。
   
【11:00】   
大休止。
さすがにこの時期は虫が多く、僕の足元にはハエが沢山飛んでいます。
しかし、しゅーさんの足元はハエが飛んでいない・・・。

どーゆうこと?

虫除けスプレーを噴き掛けていたのでした。

早速僕にも虫除けスプレーを一噴きしてもらいました。
ついでにハエの一匹にも一噴き。

きっと仲間から嫌われるでしょう。 
 
【11:53】   
2300m付近の日影に雪を発見。
まだ残っていたのですね。 
ここまで来ると、さすがに笹も低くなり下界が望めました。
しかし、まだ笹地獄中・・・。 
2350m付近ですが、まだまだ体力が有り余っているKO崎君です。
ん?脇が匂うの? 
   
【12:07】   
2400m付近でとうとう登山道にも雪がしっかり付いてきました。
ここから上部を見ると雪の斜面が見える。
はたして登山道はどうなっているのだろうか・・・。 
ここから先は雪の上を歩くのか・・・。
ここ最近、この山を登った形跡はなく、足跡が見当たらない。
それでも先を進みます。
さすがに6月末だし、山頂の標高も2524.8mなので雪も消えているだろうと思い、アイゼンを持ってこなかった。
まさか、こんなに雪があるとは・・・。
登山道の上を歩いているのかどうか分からないが、とにかく先に進もう!
それにしても足元が滑る。
くどいようだが、もう6月末だよ! 
   
【12:20】   
2427m。山頂まで残り標高差100m。
このままアイゼン無しでも登れるだろうが時間がかかりそう。
たとえ登頂したとしても、下りは滑って危なそうだし、天気予報では午後から雨マークがついていた。
ここで引き返そう。
今度は冬に来るよ!!
 

さて、せっかくここまで来たんだもん。
楽しまなくちゃ!!
ということで、しっかり楽しませて頂きました(^^)v

↓YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=IVQnnWqYiIQ

さて、しっかり今シーズンのラストランを楽しんだあとは昼食タイム!
コッヘルでラーメンを作り美味しく頂きました。

【13:15】   
  水素水を飲んで下山開始 
  下山は水を得た魚。
トレイルランで鍛えているKO崎君はどんどん下っていきます。
ヤバイ、追いつけない。
差がどんどん開いていく!! 
   
【14:08】   
  標高1790mまで下ってきました。
なかなかのペース。
しかし、下りで飛ばした為、膝が・・・。

ここで大休止。 
   更に下っていき、分岐点まであと少し。
冬にはこの笹が雪に埋まり、快適なツリーランになるんだろうな。
   
【14:34】   
  ついに分岐点まで下ってきました。
ここからは笹に悩まずに歩ける。  
 
   
【14:41】   
  ついにGOAL
いや〜、お疲れさまでした。
笹地獄に悩まされたけど楽しい登山でした。 

下山直後、雨が降り出してきました。
下山途中じゃなくて良かった。天気予報は午後から雨マークだった。
今日は無理して山頂を狙ったら帰りは雨の中を歩かなくちゃいけないところでした。これも、日頃の行い?

下山後は白骨温泉の何処かの宿で汗を流そう。
登山口で携帯が繋がったので検索してみたのだが、白骨温泉のほとんどの宿が日帰り入浴は午後2時まで・・・。
こんなん、登山していたら間に合うわけないじゃん! 

結局、日帰り入浴施設の「わたの湯 柳屋」で白骨温泉の白濁のお湯に浸かり汗を流す。
露天風呂はないけど檜風呂で気持ち良い。それに硫黄の匂いも良い感じ。
何年か前に入浴剤が入っていたという報道がされ問題になった白骨温泉ですが、今は観光客を呼び戻す為にあのような詐欺まがいの行為はしていないと思うので安心して入れる。

汗も流せたし、帰りは乗鞍高原で有名なパン屋さんの「ル・コパン」でどっしり重いパンをGETし、中津川経由で帰ってきました。

BACKHOME