2009年3月16日 五竜/二ノ背髪

 日程  2009年3月16日
 場所  五竜/二ノ背髪
 標高  1950m
 ルート  HAKUBA 47 WINTER SPORTS PARK−ニノ背髪−林道−HAKUBA 47 WINTER SPORTS PARK
 メンバー  僕、キャワシマ君、GUYさん
 天気  晴れ/雪(下界は雨)

【3:30】
稲沢を出発。
今回はGUYさんに車を出してもらったので少しは楽だね。(残業で睡眠時間が2時間弱だった

高速を快調にブッ飛ばす。ブッ飛ばす。ブッ飛ばす。
僕は後部座席で爆睡zzz

【7:20】
HAKUBA 47 WINTER SPORTS PARKに到着。
快晴だし今日は良い山行になるぞ。

駐車場からは2月22日に滑った崩谷が目の前に見えます。
シュプールがたくさん刻まれ、前日に沢山の人達が滑ったみたい。 

着替えて、準備をしてゴンドラ、リフト券を購入。

ゴンドラが点検の為に遅れるとアナウンス。
ジェントルマンな僕たちは慌てず騒がず大人しく会話を楽しむ。

【8:45】   
  ゴンドラが動き出し、僕らジェントルマンは列の最後尾にゆっくり並ぶ。 
【9:25】   
  今日も頑張って登ろう。 
【9:46】   
  20分ほどで稜線に出た。ここで小休止。
小遠見も近くに見える。
 
  白馬三山も綺麗に見える。 
【10:12】   
  23日に滑った一ノ背髪の入り口 
  ここから見る五竜遠見の武田菱は大迫力。
  さあ、ニノ背髪まであと少しだ。 
【10:29】   
  ニノ背髪に到着。 

歩き始めて1時間。いつも4〜6時間も歩いているから今回は楽勝でぜ

天気も良いしここでCOFFEE TIME
GUYさんはドリップコーヒーを持参していたので分けて頂く。

こ〜んな景色を見ながら飲むCOFFEEは最高ですね。 

いつまでもこの景色を楽しみたい所だが、午後から天気が崩れるらしいから滑ろうか。
最初は尾根伝いに滑ろうかと思ったが、風で叩かれ硬そうで・・・。

二ノ背髪の左の谷をスタートし、尾根に上がろうか。

滑り出したものの、クラストしている。しかし、今回も最強のメンバーの面々。
クラストしている斜面を難なく滑ってくるじゃん。

  GUYさんのパワフルな滑り 

クラストしているバーンが多いけど、たまにパウダーがあるからたまらなく面白い。

  下部はデブリだらけ、結構新しそうなデブリランド。
さらに下部にはデッカイ雪崩跡が・・・。
  なるべく谷底を避け、トラバース。 

結構きわどい谷でしたが、慎重に雪のチェックなどをしながら景観を楽しみ、美味しそうな斜面を見つけてはパウダーを楽しむポジティブなお気楽三人組。

  最初の堰堤より結構上部から谷は割れていた。 
  ここまで来ればもう安心だね 
【12:23】 
  最後の堰堤脇をクリアすれば安全地帯。 

【12:30】
堰堤下をジャブジャブ渡り、ランチタイム。
 ちょうど雪が降り始めてきた。明日はパウダーかも・・・。
もう1日残りたい。でも・・・無理・・・
ゆっくりランチタイムを楽しみ、再びスキーにシールを貼って八方沢を渡り、緩やかな林道を歩く。

シールを剥がし、林道を下る。
途中のスノーシェードの中は雪が消えていたのでスキーを外し、テクテク歩き再びスキーを履く。

ここでアクシデント発生

なんと僕のディアミールが逝ってしまった
マジっすか〜?
片足のヒールピースが割れてしまって履くことができない・・・。
まだ5年しか使っていないのに・・・。
でもけっこうアグレッシブに使ったからしょうがないかな?


結束バンドやスキーバンドで無理矢理くくりつけ林道を滑ってきました。

【14:30】
なんとか無事に林道を滑り終え、最後はHAKUBA 47 WINTER SPORTS PARK
の駐車場へ戻るため川をジャブジャブ渡り帰ってきました。


なかなか手強い谷でしたし、最後はビンディングが逝ってしまいましたが楽しいスキーでした。
どんなことがあってもやはりスキーは楽しいです。
今度は厳冬期のパウダー時期にリベンジしようと皆ではなしました。

 HOME  2009 SEASON