2009年2月22日 八方沢・崩沢

 日程  2009年2月22日
 場所  八方沢・崩沢
 ルート  八方尾根スキー場−−八方沢−崩沢−HAKUBA 47スキー場
 メンバー  僕、ウッディさん、MAE田君、キャワシマ君、KO崎君、BIG迫さん、ひらりん、林隊長、宮田さん
 天気  曇

HAKUBA BACKCOUNTRY CAMP2日目です。嵐を呼ぶ男がメンバーにいるにもかかわらず、今日もお天気に恵まれました
前日の裏ヒヨドリで転倒したシモンさんは足首の調子が悪く2日目はキャンセルとのこと。

【7:45】
ガイドリーダーの中野さんから今日は八方の名木山のリフト乗り場に集合との連絡。
準備をし、車のエンジンをかけるのだか動かない はい、凍ってしまいました お湯をかけて無事にエンジンはかかったものの集合時間に15分ほど遅れてしまいました

さて、今日はガラガラ沢かな?

まずは名木山第3トリプルに乗り込み、続いてリーゼンクワッドに乗り、八方展望リフトに乗ろうと思ったのだが点検の為、目の前で断られる。しょうがないのでアルペンクワッドに乗って最後にグラートクワッドに乗ろうかと思ったが、グラートクワッドも点検のために運休。
【9:59】
しょうがないのでグラートクワッド下から歩くことにしました。

これで登っている途中で動き出したら頭にくるとおもったが、最後まで運休でホッとした。

【10:45】
八方池山荘に到着。

  ここで小休止。
中野さんが山荘のポストに登山届けを出し、我々はトイレ休憩。 

さあ、ここからが楽しいハイクアップ

 う〜ん、みんな元気がいいね。
 順調に高度を上げていきますが、徐々に風が強くなってきました。時折、立ち止まって踏ん張らないと風に飛ばされてしまうほどの強風が我々を叩きつけ体温を奪っていきます。
絵になるね〜。
「銀色のシーズン」みたい。 

さあ、あと少し登れば目的地です。

 八方池ケルン

【12:00】
目的地に到着。当初はガラガラ沢を滑る予定だったのだが、風が強くて上部はガリガリだろうということで八方沢上部を滑ることに。強風の中シールを剥がして八方沢へドロップ。

 林隊長の舞い 
 ひらりんの舞い 
 
 僕の踊り
少し締まって重かったけど、広大な斜面で気持ちよかった。
 キャワシマ君の雄叫び。
実に気持ちのいい笑顔です。
 相変わらず雪質にとらわれない滑りですね。
 さすが、嵐を呼ぶ男。彼が滑ると強風に・・・
宮田さんの舞い。パウダーだけでなく悪雪も上手い。 
 気持ちよさげなKO崎君
テールガイドの磯川君。 

八方沢上部のオープンバーンをみんなで気持ちよく滑りました。

ここで小休止。尾根と違って風も無く時間がゆっくり流れます。



さて、ここからが本命の崩谷です。
初めての谷ですが、ルートは知っていても何となく怖くて入れない谷です。

ここで、キャワシマ君の最終兵器、VOLANTのスパチュラを履かせてもらいました。
正直言って興味はあったのですがなかなか手を出す勇気がありませんでした。
滑った感触ですが、とにかくスピードが出る ターンは今までのサイドカーブやベントと違い、スキーのトップから入れていくと上手くスキーが回ってこないが、センターでスライドさせる感覚だと面白い それに、今回の崩沢のように腐っている雪でも全く問題なく滑れる。ある意味面白いスキーだと思いました。

ここまで滑ってくると雪は腐れまくり。

最後のプチトラバースで安全地帯までやってきて小休止。

あとは林道を滑ってHAKUBA 47の対岸まで出てきました。


さあ、ゴールです


いや〜楽しかった。
中野さん、磯川君、2日間ありがとうございました。おかげでメンバー全員本当に楽しい思いをさせて頂きました。また来年も必ず来ますのでよろしくお願いいたします。

記念撮影(磯川君撮影)

これで楽しい「HAKUBA BACKCOUNTRY CAMP」も終りました。
ウッディさん、林隊長、宮田さんとはお別れ、翌日はプライベートでBCです。シモンさんの足が良くなっていればいいけど・・・。

 HOME  2009 SEASON