当日の愛知県はマーク。奥美濃、福井、白川郷もだろう。であれば、標高の高い山域へ行けばきっと雪だろう。それに、今シーズンは白川郷を中心に遊んでいたのでたまには違う雰囲気も味わいたいということで選んだのは平湯の金山岩。ここならリフトで少しは標高も稼げるので滑り出しまでゆっくり歩いても4時間程度歩けば最高のパウダーを期待できる。

【AM4:30】
当日の愛知県の出発時刻は
まあ、山はだろう

東海北陸道を北上
雨から霙、そして雪に変わった。 高山を過ぎるとしっかり雪が降り

【AM7:30】
雪更さんとの待ち合わせ場所である平湯温泉スキー場に到着

今回のウェポンは先週の野谷荘司山での猛ラッセルで懲りて急遽新調したK2のSETHである
ノーズの部分が微妙に逆反りしているから浮きすぎずに調度良い

リフト券購入と入山届けを届け出し、8時30分リフトに乗車。やっぱ、リフトを使うと標高差を稼げるし楽チンだね


スキー場トップからチャチャチャっと登ろう
いきなりの膝ラッセル  先週の野谷のラッセルよりは楽チンです
ただ、初めて登る山だから晴れてくれると嬉しかった  でも、雨じゃないだけマシだと思わなくちゃ


雪降りで前日までのトレースは全て消えており、順番にラッセル交代して地図やGPSを頼りに高度を上げていく。まだ雪が少なく結構な標高でも薮が多い  それでも所々、美味しそうな谷が見えます
しかし、ここで下りると恐怖の雪崩ゾーンに入り込むことが分かっているので我慢我慢
目標は2450m地点です

   

景色も見えず、静寂の森の中を目標地点に向かってモクモクと歩きます。しかし、様々なアクシデントでついに目標地点の標高差130m下でタイムアップ

泣く泣く2320mから下ることになってしまった
地図やGPSを駆使し、上手くトラバースすれば何とか安全な尾根に出れるだろう。とこの時は思っていた。

雪も安定しているし、最初の急斜面は斜度は35度くらいのノートラック、トップバッターは僕です。
SETHの本領発揮。

ウヒョ〜〜〜
メッチャ気持ち良い〜〜〜

少し重めのパウダーだけど、下界はだし贅沢いえません。


雪更さんです。彼はテレマーカーですがこの日は僕らに付き合ってアルペンですが、メチャウマです
 


キャワシマ君です。やはり彼の滑りは華があるね。
 


右へ右へルートを取りますが、雪が深くなかなかうまくトラバースできません。やっとひとつの尾根に出たかと思ったらその先は崖だったりで悪戦苦闘。
そんな状況でも楽しむことを忘れない気が狂った5人です
 
 
この時はまだ写真を撮る余裕があった。


時間ばかりが過ぎて予定のルートに辿り着くことができず、雪崩地区のデンジャラスゾーンに突入

周りからいつ崩れてきてもおかしくない、身の毛もよだつ谷です
写真を撮る余裕さえありません
大きな声を出さずに、何とかデンジャラスゾーンを抜けることがでたことを神様に感謝しました
過去に沢山の山を滑ってきましたが、今回ほど恐ろしい谷は初めてです

ワサビ平に出て旧安房峠には日没前に到着。


あ〜〜〜〜、良かった〜〜〜

そして、平湯温泉に向かう道路はひたすら下りラッセルです

もう〜〜〜〜〜〜
今シーズンはラッセルばかりで勘弁してほしい

途中で薄暗くなってきたのでヘッドライトを付け、平湯温泉に到着したのは6時30分は過ぎていました
温泉街の暖かそうな明かりが眩しい

平湯温泉スキー場へ車を取りに行き、ひらゆの森で冷えた体を温め
8時に雪更さんとリベンジを約束して別れ平湯を後にしました。



今回は肉体 的よりも精神的に疲れた。 多くの山を登ればトラブルの一つや二つはあると思います。今回のようなトラブルが起きてしまった場合、登ってきたルートをそのまま引き返すという手もあったと思いますが、薮が多かったということと、地図とGPSで上手くトラバースできるだろうという過信もあったと思います。しかし、実際は上手くトラバースできませんでした。やはりこのような場合はどんな薮であろうと引き返す選択が大事だと改めて痛感しました。
でも、いろんなトラブルがあっても山は楽しい
全てのことが楽しいです

 HOME  2009 SEASON


2009年1月19日 金山岩

 日程  2009年1月19日
 場所  金山岩/途中敗退
 標高  2330m
 ルート  平湯温泉スキー場−2330m−わさび平−国道−平湯温泉−平湯温泉スキー場
 メンバー  僕、雪更さん、MAE田君、キャワシマ君、店長
 天気  雪