毎年恒例の新春BCスキーです。

【5:00】
稲沢出発
東海北陸道を北上。
昨年は郡上大和で渋滞に巻き込まれたが、今回は車は混んでいたがスイスイと走れた。
郡上大和の手前の郡上インター、白鳥インター、高鷲インターを通過したら北上する車は自分達だけでした。
日照岳の登り口は既に3台の車が停まっており、新雪にはトレースがついていました。きっと日照岳も良いコンディションでしょう

白弓スキー場に到着
今回は初めて山に行く方もいるので御前岳前衛を予定していました。
しかし、白弓スキー場の上部はまだ雪が少なく、薮が見える
じゃあ、最初の急斜面は薮コキかも・・・

キャワシマ君と協議の結果、ホームゲレンデならぬホームマウンテンの野谷荘司山に決定

更に車を20分ほど走らせいつもの駐車スペースに到着

8時12分には林道を歩き始めました。
さあ、今日もがんばるぞ
画像

先頭は僕で当日は誰も山に入っていないらしく、いきなりの脛ラッセル
下でこんなんなら、上部はどうなっているんだろう?

少し歩き、林道から反れて山の中に入っていきます。

下部は藪藪ランドでルート取りに苦労します
画像 画像

薮薮ランドを抜けると膝ラッセル

キツイ

順番にラッセル交代

画像

順調に高度を上げていく

トラブル発生

SAWA田君のシールが剥がれた〜

ここでKO崎君大活躍
結束バンド、針金、スキーベルトなど何でも出てくる。
まるでホームセンターKO崎だよ

全員でシールを応急処置し、何とか登れるようにしました

このトラブルによって大きくタイムロス&ペースダウン
でも、誰も嫌な顔一つしないで賑やかに登る最高のメンバー
それに、もしかしたら自分だってこの先メンバーに迷惑をかけるかもしれないから、その時は協力してもらいたいもんね

さてさて、膝〜膝上ラッセルになかなかペースを上げられないが、何とかハゲ山にポツンと立つ波平の木が見える所までやってきました
画像

ここまで来たらあと少し。
猛ラッセルで1600mまで行けなかったけど、波平の木からなら南の谷へ行ける
しかし、波平の木まであと50mというところでSAWA田君のシールは逝ってしまった
画像

僕はSAWA田君とここから下山することに。他のメンバーは波平の木まで登ることにしました

ヘルメットとゴーグルを被り、シールを剥がしてザックに詰め込みバックルを締めて下山開始
目指すは南の谷だ

先頭で斜面に飛び込む。

ウォー
ヤバイくらいに深い
顔の筋肉が緩む



ちょっと木の陰に隠れてピットチェック
掘ってみたら170p掘っても地面が出てこな〜い
コンプレッショんテストをしてみたが全く問題なし
そこへ他のメンバーが滑ってきました。
合流し、目的の谷間で出たらそこは

パラダイス

フェースショットの連続で全員が狂喜乱舞
野獣のような雄叫びを上げて滑ります

安全地帯まで下りてきたら遅めのランチタイム

冷えた体に温かいうどん

トレビア〜〜〜ン

食べている所から見える白川郷
画像
ビュ〜ティホ〜

僕のスキー
画像

食後は、林の中でツリーラン
正直言って、もう写真を撮るよりも滑りたいばっかだったので、写真はありません。
きっと、猟師がいたら銃殺されるであろう雄叫び、というより奇声を上げながら滑り下りました
もう、大満足です。

帰りは白川郷の湯に入って無事に帰ってきました



 HOME  2009 SEASON


2009年1月3日 野谷荘司山

 日程  2009年1月3日
 場所  野谷荘司山/途中敗退
 標高  1350m
 ルート  トヨタ自然学校−南谷−トヨタ自然学校
 メンバー  僕、キャワシマ君、GUYさん、シモンさん、KO崎君、SAWA田君
 天気  小雪