2008年12月1日 八方尾根スキー場

 日程  2008年12月8日
 場所  八方尾根スキー場
 メンバー  僕、FULL川君、店長、小川
 天気  晴れ

午前5時に出発。
名神一宮ICから高速に乗り6時ちょうどに中津川インターで最初のETCカードチェンジ、そして伊那インターでまたもETCカードチェンジ

長野道の梓川SAで朝食

ここから見る北アルプスの山々の上部はすっかり雪に覆われ凄く綺麗

豊科ICで高速を下り白馬へ向かうが時間的に通勤ラッシュ
とは言っても愛知県内じゃないし車の数からいっても問題なし

9時30分にはゴンドラ前駐車場に到着
3回も休憩入れたし予定よりも時間がかかった

さてさてお着替え〜
今日は晴れてるし駐車場も空いてるし最高だね
みんな着替えスキーブーツを履く時に事件発生

「あれ?僕のブーツが無い
と73才になる我が親父。

荷物を全部調べたが車に乗っていない


そうです。親父はスキーブーツを積み忘れてしまったのです

せっかく白馬まで来たのに・・・
と肩を落とす親父。
僕と二人で来ているのならスキーをやめて温泉巡りやグルメツアーに変更するのだが、今日はお客さんも一緒に来ているのでしょうがない。かわいそうだけど指をくわえてもらうしかない
幸いにも親父は白馬出身なので実家が岩岳にある。実家で待機してもらおう。
心を鬼にして車のを渡す。

僕らを見送る親父が可愛そうだ

さて、気を取り直してしけっとを購入しゴンドラに乗り込み上部へGO

おお〜、凄い天気だ
快晴無風おまけにゲレンデは定休日ってぐらい人が激空きである
こんなに条件が揃った八方はスキー歴34年の僕も初めてだよ

もう興奮状態でスキーを履き、鷲ヶ岳での鬱憤を晴らすべくパノラマコースを大きなターン

ウォー気持ち良い〜

やっぱり天然雪だね
リフトに乗って写真をパチリ
画像
親父殿、申し訳ありません私はこんなに幸せです

何本かパノラマを流して兎平へ
画像

写真を撮り忘れたけど、唐松へ登っていくトレースがしっかり。

来週はもしかしたら唐松へ登っているかも

兎から見る白馬三山
画像

パノラマも兎も幅いっぱいに雪が付いていて地肌はどこにも出ていませんでした

他のメンバーは初滑りだし再びパノラマへ。
何本か滑っていると大分感覚が戻ってきました

画像
↑FULL川君の滑り。中級のころから知ってるけど本当に上手くなったね

僕もあんまり好きじゃない小回りの練習をしてみました
ストレッチングやベンディング。
軸を使ったりヒネリを使ったりと良いトレーニングができました

やっぱりパウダーは最高だけど、圧雪された所での滑りも楽しいと改めて思いました。

昼食はやっぱり
平日はみんなが仕事をしていると思うと特にが旨い

昼食後は小川さんにワンポイントレッスン。
FULL川君がちょっとアドバイスしただけで見違えるように上手くなりました。

親父殿には悪いけど本当に楽しいスキーでした。
3時ぐらいまででリフト20本以上滑り、初滑り(僕以外)にしては滑りすぎたかもしれませんね

最後の兎のリフト上で親父にゴンドラ乗り場へ迎えに来るように

下りのゴンドラから見えた親父の姿に胸がキュンとしましたが、今回はしょうがない。

帰りは穂高温泉で汗を流し、井比わさび店でわさび漬けを買い無事に帰ってきました

 HOME  2009 SEASON