2008年4月21日 立山(御前谷)

 日程  2008年4月21日
 場所  立山(御前谷)
 標高  3003m
 ルート  扇沢−室堂−御山(3003m)−御前谷−黒部ダム−扇沢
 メンバー  僕、アヒル山歩隊副隊長Oh〜西さん、キャワシマ君、MAE田君、KO崎君、TANIさん
 天気  晴れ

午前3時30分に稲沢を出発。
ETCの深夜割引の4割引を使い豊科インターまで3,100円

かなりお得です

豊科インターを下りた僕らは順調に北上。
堤防沿いの桜が満開です
今が身頃ですね。

途中のローソンで本日の飲料水と行動食を買い込み扇沢駅に着いたのは7時調度です。
昨シーズンよりも雪が多いね

画像  画像 
 7時30分発のトロリーバス始発に乗るべく急いでスキーブーツの履き買え、
荷物のチェックをしてターミナルへ向かいます。
画像  7時30分発の始発に乗れました
それにしても団体客の多いこと 
画像  画像 
 16分ほどで黒部湖に到着
画像  8時10分発のケーブルカーに乗って5分ほどで黒部平駅に到着しました。 
画像 ウォ〜〜〜〜〜

スッゲ〜〜〜〜

相変わらず素晴らしい景色です 
画像 昨シーズン滑った東一ノ越からの大斜面も一望です。
画像  とりあえず記念撮影 

ロープウェイに乗り込み、楽しい空中遊泳です

今日滑り込む斜面をチェック。
少しデブリがありますが、雪も繋がっているし問題なし

画像 大観峰に到着しまし、ここから更にトロリーバスに乗って室堂に到着しました。 
画像 室堂では富山側から来た観光客やスキーヤーやスノーボーダーで大賑わい
人混みを縫って外に出ました。

そこは

そして素晴らしい景色です。
この景色を見るだけでも一見の価値がありますね 
画像 スキーにシールを貼って登行開始。
本日は雄山(3003m)まで登って御前谷を滑って黒部湖へ抜けるルートを予定しています。標高差1500mのLong Runです。
さあ、頑張るぞ〜
画像 今日のKO崎君(焦げる君)は先回の乗鞍での高山病が懲りたらしく秘密兵器(酸素ボンベ、飲む酸素、食べる酸素)を持参。完璧である
 
画像  雄山山頂の社務所が見えます。
意外と遠いんだよな〜

MAE田君と会話の中で
「だれか雄山山頂駅を作ってくれないかな〜。」なんてアホな会話をしたりして一ノ越山荘を目指して歩きます。

画像 画像

画像  お久しぶりのキャワシマ君は相変わらず凄いペースで歩いてゆく。
奴は暴走列車か

まだまだ余裕の僕とTANIさん(お馬鹿な二人) 
画像画像 
 一時間15分ほどで一ノ越山荘に到着。
ヘリコプターが荷物を空輸してきたり、雪掻きで山荘開きの準備をしていました。 
画像  画像 
 こからの景色も素晴らしい
隣は龍王岳。笠ヶ岳もよく見えます。
画像  一ノ越山荘を出発する前のメンバー。
今は元気いっぱい 
画像  登りはじめてすぐに急斜面。
なぜかロープが・・・。
11月には無かったはず。
画像  画像 
 途中で雷鳥のお出迎え
この雷鳥、歩きながらウンコしていやがった
画像  どんどん高度を上げるにつれ息が苦しい。
さあ、社務所はすぐそこだ 
画像  画像
 山頂近くで映画の撮影をしていました。
俳優の浅野忠信がいたらしいが誰だか分からない
多分この中にいるはず。 
画像  やった〜山頂に到着しました〜 
しかしこの時、KO崎君(焦げる君)は病魔に犯されていた。
そう、高山病という病魔に・・・・
画像 僕とキャワシマ君は社の辺りからドロップインする為にスキーを担いで少し登りました。  ここから滑るのは結構エグイ
見た感じ50度位ありそう。 

しかし、テンション上がりまくりの僕達お馬鹿さん二人組は怯むことなく滑り出しました
画像  画像 
画像  画像 
 キャワシマ君 
画像  さあ、この広大な斜面を滑りましょう。

上部は少しカリカリのアイスバーンだったけど、我々には全く問題なし。
って言うより滑りやすい
優しく踏むより、しっかり踏んだ方が滑りやすいね

画像  画像 
 ↑キャワシマ君 
画像  画像 
 ↑MAE田君 
画像  画像 
 ↑僕 
画像  画像 
 ↑TANIさん 
画像  画像 
 ↑KO崎君(焦げる君) 
画像  画像 
 ↓Oh〜西さん 
画像  止まって振り向くと滑ってきた斜面が 

もう、至福の時です。
このまま時間が止まってしまえば・・・。

画像   画像
 さあ、そろそろ2274m地点に向かわねばいけません。
なるべく登りがないように少し上部からトラバース気味に滑ります.
 それでも15mくらいはスキーを外して登りました。 
画像  登りきった所で大休止
ここまで来ると黒部ダムも見え、安心です。 
画像  ko崎君(焦げる君)も標高が落ちてきたので本来の調子が戻ってきました。
それでも酸素ボンベとな関係。 
画像  画像
 いつまで景色を見ても飽きませんが、そろそろ下山しましょう。
ここからはタンボ平に向け、トラバース。 
画像  2068mの鉄塔に出ました。
下にはタンボ平が広がっていて遠くは東一ノ越が見えます。
東一ノ越から下ってくるルートはデブリランド 
画像 ここまで来ると雪もゆるゆる状態です。
斜面を横切っただけで雪崩が起きます。
でも、斜面が緩いのでスゴ〜〜〜〜〜ク遅い雪崩です。
 ここまできたらGOALはすぐそこです。
ロープウェイからのギャラリーの熱い視線を浴びながら黒部平駅方面へ向かい、そのまま林の中へドロップイン
画像  画像 
 林の中も快適にブッ飛ばし黒部湖に到着
画像  標高差1500mの大滑走に全員がご満悦

スキーを脱ぎあとは黒部ダムまで歩くだけ 

黒部ダムでは相変わらず、日本語、韓国語、中国語が飛び交っていました。
黒部も国際的な観光地ですね。

あとはトロリーバスで扇沢に下って、恒例の立山巡業は終了となりました

皆さんお疲れさまでした。
今日も楽しい山行でしたね

 HOME  2008 SEASON