2008年3月10日 乗鞍高原温泉スキー場

 日程  2008年3月10日
 場所  乗鞍高原温泉スキー場 
 メンバー  僕、「アヒル山歩隊」副隊長のOh〜西さん
 天気  雪時々雨

前日の夕方まで何処へ登るかOh〜西さんとでやりとりして乗鞍高原温泉スキー場から位ヶ原山荘までプチハイクアップ決定

先週お休みしていた僕はどうしても登りたいとOh〜西にわがままを言ったのでした

朝5時に出発して今回は中央道を走ることにしました
通勤時間の割引を使って中津川ICまでたったの1000円
19号を北上し、木曽福島から雪道に変わってきました。天気予報ではだが、これは期待できそう

9時過ぎに乗鞍高原温泉スキー場へ到着。

そとは重そうな雪が豪快に降っている。

しばらく車の中で登るかゲレンデを滑るか重役会議
結局、激重のハイクだとシールも下駄になりそうだし、下りも面白く無さそうなのでゲレンデに決定

4時間券を購入し、ゲレンデトップに向かいます。
このスキー場は最上部のコースは圧雪しない。そこを滑ることに

画像 上部に到着し見上げると、さすがにこの天気だし登行している物好きはいないらしくトレースはなかった。 

さあ、久しぶりのゲレンデでのフリー滑走。
いっちょ、揉んでやるか

とりあえず、ノートラック箇所へ。

Oh・Oh・Oh・Oh・Oh No〜〜〜〜

超激重SNOWだ

僕が今まで経験したベスト5に入るほどのWET SNOWである

まあ、こんな雪もあるさ
あらゆる雪質をこなさなければ本当に上手いとは言えない。
試練だ練習だ

自分の技術がいかに未熟なのか思い知らされる


とりあえず、写真を撮ってみました。

画像  ←Oh〜西さん 
画像  ←僕(哀愁の後姿) 

写真では軽そうに見えますが、マジで泣きそうになるくらい重い雪です

10時過ぎにテクニカルのバッチテストが行われていました。
みんなこの雪なのに上手に滑って行きます。
見たところ3人ぐらい合格したかもね

上部も散々喰い散らかしたので下部へ

整地のフラットバーンでセミファットでカービング

気持ち良いね

その後は休憩の為、レストハウスでで40分くらい待ったり過ごす。

さあ、後半戦です。
一番下のリフト沿いは、シュプールが少ない。

リフトの終点でOh〜西さんのスキーと交換。
ATOMICの3.14です。

僕のスキーと比べるとかなり細い
まるで爪楊枝くらいの細さである。おまけに短い(160p)

まずは緩斜面。

滑らないので直滑降。
いきなり足を取られ大転倒

僕は34年のスキー歴である。しかし、直滑降で大転倒したのは初めてかもしれない

その後、リフト沿いの非圧雪ゾーンへ向かうが、正直こんなにスキーって難しかったっけ
上手くターンが出来ない。コブを見つけて入ってみたものの、見事にコケてしまい気分は一気に

悔しい

絶対にこのスキーで滑ってやる

緩斜面でショートターンは難なくクリア
しかし、コブ斜面で撃破
あんなにコブ斜面が好きだったのに自信喪失
その点、Oh〜西さんは楽しそうに滑っている。

気分はBLUEのまま滑走を終了。
一日中、重い雪が降っていました

画像 さあ、今回は国民休暇村のお風呂に入りました。 
この温泉は近くの湯けむり館や白骨温泉と違い、無色で臭いもありません。
個人的には白く濁った湯けむり館や白骨温泉の方が温泉らしいし、臭いも好きである。
でも温泉は温まるね
お腹も空いたし帰りましょう。

秋に焼岳を登った帰りに食べ損なった「とうじ蕎麦」を食べる為に野麦峠へGO

画像 お目当てのお店は閉まっていたけど、他のお店で食べることが出来ました。
 激ウマ〜、まいう〜〜〜〜

ダシの中にカゴに入れた蕎麦を温め、具と一緒に食べるのだが、本当に美味しい

今度は我が奥様も連れてこよう

帰りは19号線で南下し中央道で通勤時間割引を使って帰ってきました。

いや〜、今回は山を登らなかったけど悪雪の良い練習になりました
 HOME  2008 SEASON