2008年2月25日 大渚山

 日程  2008年2月25日
 場所  大渚山
 標高  1566m
 ルート  大草連−大渚山−大草連
 メンバー  僕、MAE田君、キャワシマ君、KO崎君、林隊長
 天気  晴れ

前日に何処へ行こうか皆で相談しました。雨飾も良いけど、ラッセルに間違いないので林道が長いと・・・
ということで、手前の大渚山に決定
ただ、南面なので雪が腐りやすいので早めに出発することにした。

当日は
朝は7時に朝食を済ませ、一路小谷へGO

国道を北上し小谷温泉へ向かう信号を右折。走っていくにつれ雪もドンドン深くなる僕らのテンションはどんどん高くなる

途中から右折するが、これが何とも細い道
カーブによっては僕の車じゃ曲がりきれない

あるヘアピンの手前で少し広くなっている所があり、道路脇の目印になるポールも立っていなかったので少し膨らんでカーブに進入しようとしたらいきなりスタック

おいおい、ポールくらい立てておけよ

自力で脱出できそうにも無いのでJAFを呼ぶために
林隊長が麓に迎えに行っている間に上方から除雪車がやってきた。

「引っ張ってやっから」と天の声です
まさに神様の光臨です

いとも簡単に引っ張り上げて頂きました

ありがとう、神様

助かったと林隊長に
JAFにも

【9:30】
ここで大きくタイムロスし、駐車スペースで登行の準備を急ぎ、登り始めました。

画像  いきなりの膝下の猛ラッセル

期待に胸が高鳴る反面、本当に登頂できるのかな?と不安がよぎった。
高度を上げるにつれ深いところは膝上の猛ラッセルだった 

それでも雪の深さに皆の顔は緩みっぱなし

画像  順番にラッセル交代をして高度を上げていきます。 

1時間ちょっと登った所で大休止

ここでキャワシマ君のプローブで雪の深さを測ってみたら3メートルのプローブでも底につかない。小谷だし当たり前か

さあ、ここからが本番です。見渡す限り美味しそうな斜面
画像

画像  景色を見ながら登って行くと、

オオ〜、これはスゴイ
今日滑る予定の斜面はゲレンデ 

この斜面を見たら休憩も忘れ、ガンガン登っていく調子の良いメンバーである

画像  さあ、もうすぐ山頂です。

しかし、目の前に雪庇が僕らの行く手を阻む

雪庇の隙間を見つけよじ登る。

画像  うぉ〜スッゲ〜〜〜

雨飾山が目の前にそびえ立っている。 
画像  360度の大パノラマです。  
画像 
画像  皆で記念撮影 

苦節4時間。ここま登って良かった

いつもならランチはバーナーでラーメンを作るのですが、出発時間が遅かった為に今回は行動食で済ませました。
本当は山頂でで乾杯といきたかったのですが残念です。
でも登頂できたしまあ良いか

さて、お楽しみの滑走です。シールを剥がしバックパックに詰め込み準備完了

目の前の大斜面に飛び込んだ

画像  ウォー

これはヤバイ

気持ち良過ぎる
 
   
 ↓僕  
画像  画像 
   
 ↓キャワシマ君  
画像  画像 
   
 ↓KO崎君(しげる→焦げる)  
画像  画像 
   
 ↓MAE田君  
画像  画像 
   
 ↓林隊長  
画像  画像 


みんな雪風呂というよりシャワーです
もう大満足の山行です
さあ、楽しんだし車まで戻りましょう。
下りラッセルもありましたが本当に楽しいスキーでした。

【15:30】
駐車スペースに帰ってきました。

帰りは木崎湖でお風呂に入り稲沢までぶっ飛ばして帰ってきました。

いや〜、内容の濃い3日間でした

 HOME  2008 SEASON