2008年2月24日 白馬岩岳スキー場(某所)

 日程  2008年2月24日
 場所  白馬岩岳スキー場(某所)
 メンバー  僕、MAE田君、キャワシマ君、KO崎君、BIG迫さん
 天気  吹雪

HAKUBA BACK COUNTRY CAMP2日目。
朝7時に中野隊長から携帯に電話があり、雪と風で中止の連絡が入りました

まあ、この天気だし、予想していたけどね。

さあ、今日1日はどうしようか・・・。
皆に意見を聞いてみた。片桐さん、林さんはゲレンデでパウダーを探して滑ってくるとのこと。
他のメンバーはどうしても山へ入りたいらしい。
そこで、僕とキャワシマ君でGPSで岩岳圏内のルートを探してみることにしました。
そしたらありました

まずは、僕が皆を「アルペンブリック入山登」に待たせて偵察です。中央高速リフトに乗って登っていくと、そこそこ木が生えていて雪崩の危険性の無さそうな谷です。

早速、キャワシマ君の携帯に電話してGOサインを出しました。
ただし、今日はガイドツアーじゃないので全て自己責任ということで。

中央高速リフトに乗り、上部に到着。リフトから大勢のギャラリーが見守る中ドロップイン。
(良い子は真似をしないように)

うひょ〜思ったとおりの激パウです

滑っていくにつれ、徐々に斜度が緩やかになって行く
画像

さあ、ここでシールを貼って少し登りましょう
BIG迫さんも手際よくシールを貼っていく。

僕が先頭で膝上ラッセルで20分ほど登ったらコース脇に出ました。
コース脇から再びドロップイン。

ウォ〜〜〜〜

ヤバイ

極上の雪風呂だ

画像  ←BIG迫さん 
画像  ←MAE田君
画像  ←キャワシマ君 
画像  ←KO崎君 

少し滑ると堰堤に出ました。ここから下りラッセル。相変わらず僕が先頭で道を作っていく。まるで道路公団状態です。

しばらく道を作って行くと圧雪された林道に出ました。

ここから岩岳方面へ歩いていくと1軒のペンションに出て林道終了。
そこから再びラッセルすると、「アルペンブリック入山登」脇のノルディックコースに出ました。


もう1回行こうか。今度はもう少しゲレンデを滑ってから入ろう。
再び中央高速リフトに乗って、上部からゲレンデを滑り予定していた所からドロップイン。

最高です〜

僕はこのために生きてきたようなもの〜

画像  ←BIG迫さん 
画像  ←僕 

少し滑ると先ほど作ったトレースに出たので後は快適なクルージング

ちょうどお昼になったのでゴンドラ乗り場の向かえのラーメン屋で体を温めて次なるコースを相談。
2シーズン前から閉鎖になっているゲレンデを滑ることに決定。

昼食後、正面ゲレンデ横のリフトに乗って上部へ向かった。
ちょうどゲレンデ下部では1級と2級のバッチテストを行っていたが、1級受験者の滑りはいまいち。ロボットが滑っているみたいだ。きっと合格者はいないだろう

さあ、リフト上部に到着しましたよ。
今日はHAKUBA OUTFIELD CLUBへの支払いに行かなくちゃならないのでラスト1本です。

林を抜け、旧ゲレンデに出ました。

こ・こ・これは

大人として行くしかないでしょ
躊躇無くドロップイン

画像  ←MAE田君 

お父さん、お母さん僕を生んでくれてありがとう状態です

画像   ←キャワシマ君
画像   ←BIG迫さん
顔面パウダーの雪シャワーです。
これで彼もジャンキーになったことでしょう
画像   ←KO崎君

さあ、楽しかったパウダーも終了です。

アルペンブリック入山登」に戻り、片桐さんとBIG迫さんは帰路につきました。

残っているメンバーで倉下の湯へ行き、体を温めてから翌日の小谷方面のために食料を買い出しをしてHAKUBA OUTFIELD CLUBで支払いを済ませて再び「アルペンブリック入山登」に帰ってきて夕食を済ませました。

いや〜、今日は本当に楽しかった

 HOME  2009 SEASON