2008年2月18日 小荒島岳(一のカラ谷)

日程  2008年2月18日 
場所  小荒島岳 
標高  1186m 
ルート  勝原スキー場−しゃくなげ平−小荒島岳−一のカラ谷−勝原スキー場 
メンバー  僕、 キャワシマ君、MAE田君、asaNO君

昨シーズン、今シーズンと辛い思いをした小荒島岳(一のカラ谷)へリベンジに行ってきました。

ここ数日、北陸ではかなりの積雪があったらしい。
ならば何も遠出しなくとも近場で遊べるだろう
ということで、3度目の正直を期待して小荒島岳(一のカラ谷)へ行ってきました。

【AM5:00】
出発。
いつものように関SAで朝食を取り、北上。
通勤時間帯割引で白鳥ICを下りて、福井県へ向かう。
天気予報では曇り空だが実際は小雪がちらついていた。

【AM7:40】
勝原スキー場に到着。

【AM7:54】   
画像  1月3日と違い、今回は雪は豊富だ
急いで準備をし、登行開始 
ゲレンデをシールで登りますが、年始と違って雪が豊富
こりゃあ今日はパフパフだね

今回僕らとは2度目の山行のasaNO君もガシガシついてくる。大分シールの扱いに慣れたようだ。

画像  1時間ほどでゲレンデトップに到着。
ここで小休止して、森の中へ踏み入れた。 
画像 何回来てもこの森は美しい
前日の入山者らしきトレースがついているから少しは楽チンであるが、所々ラッセル状態。でも、今回はみんなのペースが速くて安心

【AM11:10頃】
しゃくなげ平に到着。
予定通りの時間だ

ここで大休止。

さあ、ここからはトレースのない小荒島岳を目指しましょう。

霧で周りの景色が見えないのでGPSを頼りに進みます。

画像  樹氷が優しく僕らを迎え入れてくれます。 
本当に綺麗だ

【PM12:30】
小荒島岳山頂(1186m)に到着。

景色は全く見えない

でも、せっかくだから山頂でランチを頂きましょう
さあ、お腹も膨れたし、後は滑るだけ

GPSを頼りに少し下った所から一ノカラ谷へドロップイン

うひょ〜
思ったとおりの激パウダー

これを雪風呂と言わず、何と言うのでしょう

恒例の滑走写真です。

画像 画像 まずはキャワシマ君 
今日は最高の雪だもんね。この笑顔が物語ってくれています
画像 画像 次はMAE田君 
画像 次はasaNO君 
おっと、コケちゃいました。

でも、雪と戯れて気持ち良いかも
 

この深い雪にみんな獣の雄叫びを上げながら滑って行きました。

画像  最後の方で僕も写して貰いました 

【PM3:00頃】
駐車場に到着。

いや〜、最高の山行でした
最初から最後まで激パウダー。
これだからBCはやめられませんね。

帰りは九頭竜温泉の平成の湯で汗を流し、僕はみんなと別れて翌日から2日間の試乗会の為、ひるがの高原に宿を取っているので分かれました。

 HOME  2008 SEASON