2008年2月6日 軽井沢プリンススキー場
                      /オーストリー4社 試乗会

日程  2008年2月6日 
場所  軽井沢プリンススキー場 
メンバー  僕、おさる 
天気 

軽井沢プリンスで「HEAD」、「ATOMIC」、「FISCHER」、「BLIZZARD」の試乗会がありました。

午前3時30分にETC時間帯割引(3割引)に間に合うように出発。
本当は一人で行くはずだったが、先週の水曜日くらいに大学院生のおさる君が来店した時、都合を聞いたら空いているというので無理矢理誘った。
これで、退屈なドライブも心強い

午前12時過ぎまで仕事をしていた僕に睡魔が襲ってきた。
恵那のサービスエリアでおさる君と運転を交代してもらって気が付けば岡谷インターの手前。
インターを下り、運転を変わって和田峠を越え、軽井沢に到着。
受付時間にはまだ早いのでおさる君に軽井沢案内をしました。

浅間山の上は雲で隠れていました。あの大斜面を滑りたい。
画像

受付時間が来たのでスキー場に向かい、駐車場で着替えてブーツを履き、ストックだけを持ってスキー場に入場。

今回の試乗会はあまりにも沢山のスキーを履いてしまったのでレポートし切れません


まず最初に履いたのはHEADの「iSUPERSHAPE MAGNUM」です。今シーズンと変更が無い感じです。センター幅71ミリのくせしてレーシングのような高速安定性。悔しいけどヤラレました。

次は[WORLD CUP iSL」このモデルも昨シーズンと変わらず、癖が無く乗りやすい。僕が感じた乗り心地ですが、ブリザードのSL系みたいに内側に切れ込んでくるという感じが無く、軌道修正がしやすい。乗り心地もソフトだし実にGOOD!

次は「CHIP SUPERSHAPE」。
今回の試乗スキーで僕が一番気に入ったモデルです(僕の好みだけですが)。
サイドカーブは「iSUPERSHAPE MAGNUM」と全く同じだがCHIPが搭載されているおかげなのか緩斜面では柔らかさを感じ、そのくせ急斜面はしっかり安定している。
デザインもシンプルでアダルトな雰囲気です。

画像 画像  画像 
画像 画像 画像

次はFISCHERです。
PROGRESSOR DUO 17+19」です。
まず、スウィングウェイトの軽さを感じました。一般上級者ならこの軽さで満足できそうですが、さらにエキスパートにはこの軽さが好みで分かれると思います。スキーの完成度は非常に高く、デザインも変に派手さが無い所がよかったです

次は「FUSE 73」です。
これはヤバイ! 個人的にはPROGRESSORよりも良かった。
センター幅73_ということもあって雪質も選ばないし、カービングも全く問題なし。
だけど、ズラシもしやすい。年齢層を問わずオススメしたいスキーです。
個人的にはあまりフィッシャーが好きではないが、これは欲しくなりましたね。

WORLDCUP GS」の188pを乗りました。
これは安定感が抜群。涙が出るくらいスピードを出してもビクともしません。
ただ、曲がらね〜〜〜〜
正直言って僕の脚力じゃ手に負えませんでした。
感想もへったくれもありません・・・

画像  画像  画像 
画像  画像  画像 
  画像   

次にATOMIC
最初は「FR12 TYPE-A」を履いてみました。
このスキーの169cmは、アトミックが来シーズン一押しのスキーです。まずは180cmから履いてみました。しなやかで足元しっかりで大回りには最適だが、小回りにはサイズの問題もあって少ししんどい。
次は169cm。おお〜。
これは良い。
さすがにオススメだけあって乗りやすい。メーカー曰く、オールラウンドなスキーだそうです。
しなやかさの中にしっかりした捕らえ、これは脚力の少ない女性エキスパートでも十分納得していただける。
キャップ構造ということもあって少しゴツゴツした感じがあるが、2年程前に比べると気にならない。もしかしたらキャップ構造を履いていると思っているからかも・・・。

次は「FR12 TYPE-S
癖が少なく、乗りやすい。今回の試乗会の基礎モデルのショートターン用では一番しなやかだったかも

この頃になると、もう15本ぐらいのスキーを履いているので感覚が鈍くなっているかもしれません。他のショップさんはどうなのかな?

そんな中、実に素晴らしいスキーを発見。まあ、僕の好みじゃありませんが・・・。
アトミックが来シーズン新たに展開するシリーズ「D2」その中の「D2 11」を履きました。ちょうど基礎の「FR」シリーズとオールコンディションの「NOMADO」の中間くらいです。
試乗疲れの僕にもはっきり分かる乗りやすさ。
センターが広い割には切り替えも遅れることなくついてくるし、高速でもそこそこの安定感。 NOMADOのようなトップ部の柔らかさを感じない分、しっかりターン前半から体を落としていける感じがしました。
それにサンドイッチ構造のような乗り心地。
これを基礎モデルとして販売してもおかしくないような感触です。
僕がもう少し年齢を重ねていけば是非手に入れたいスキーでした。

最後は「RACE GS12
フィッシャーよりも柔らかい(^^)
扱いやすい。
トレビア〜ン
まあ、フィッシャーの188pに対して180pだから当たり前なんだけどね。

画像  画像  画像 
画像  画像  画像 
画像  画像  画像 
     画像  画像
画像  画像  画像 
 画像

この時点で既に17本以上履いたような気がします。

朝も早く、体力、気力、そして時間とも限界に近い状態なのでブリザードはまたの機会に履いてみます.

今回の試乗会で感じた事は、各メーカーともレーシング意外のモデルのセンター幅が広くなり、あらゆる雪質に対応しやすくなった気がしました.

特にレーシングや基礎モデル以外のジャンルにかなりの力の入れよう。本当にスキーが楽しく簡単に感じるようなスキーが勢ぞろいしますね。
オールマウンテンモデルだからといって馬鹿に出来ません。

試乗会も終わり、プリンスホテル西館で説明会を開催。

これから岐阜県高山市へ移動しなくちゃいけないのでHEADだけ聞いて帰ろっと!
HEADの説明会が始りました。

いきなり爆睡

あのリッチー・ベルガーが説明してくれてるのに。

気が付けば終了していました。

そういえば、その日はリッチー・ベルガーの滑りが見れて感激。
柔らかいのに力強い。
同じ人間なのにどうなってるの?
マジで感動でしたね。


さあ、高山へ向かいましょう。
その前に、奥様へお土産を買う為にお気に入りの亡き森村桂さんのお店「アリスの丘ティールーム」へ寄ってケーキを購入。
軽井沢らしい道も走って高山へ向かって走りました。
画像

佐久インターから高速に乗り、松本インターで下りて上高地方面へ。
安房トンネルを抜けると雪降り。
高山へ着いたのは8時30分ごろでした。

予約していたビジネスホテルにチェックイン
高山の仲良しなショップがオススメしてくれた「居酒屋 和田」で夕食を済ませ、ホテルに戻ってお風呂に入った後は朝まで爆睡。

いや〜、マジで疲れました。
まだ山スキーの方が楽ですね。

 HOME  2008 SEASON