Oh〜西さんを拾い、荷物を車に詰め込み平湯のバスセンターで着替えて昼食。

昼食を終えた後、いよいよ本日のメインイベントの「槍見館」へ向けて出発。

フロントで¥800払いタオルを受け取る。そして、急な階段を慎重に下りまずは混浴の露天風呂へ。
誰も入っていない。

ラッキー!?

混浴だから少し期待を・・・

ザブ〜ン!気持ちイイ〜!


これが晴れだったら綺麗な山々が見れたのに曇っていて残念。

しっかり温まった後は、次は家族風呂へ移動。

いくつか家族風呂があるけど何処も入浴中の札になってる。それでも1箇所だけ空いていたのでそこに入った。入ったのは「森の湯」
といってブランコや滑り台があった。

ここはお子様にも喜ばれそう。でも、冬だし、寒くて滑り台どころじゃない。

帰りは恒例の高山市にある「アルベール タニコシ」に寄って奥様と奥様のご両親のお気に入りの「チョコローフ」と「ソフトローフ」をお土産に買って帰路に着く。

東海北陸道は大雪で前も見えないほど。ワイパーも凍ってきて視界が超悪い。

結局家に着いたのは8時30分頃。

イヤー、2006シーズン初の山スキー(?)久しぶりに楽しかった。これで年内は無休になるのでしばらくはスキーともお別れ。3週間連続でスキーを楽しんだので大満足。
画像
合流地点に到着し、上部を見上げると雲行きが怪しい。
それに、本日のメインイベントの槍見館の露天風呂は2時までとなっているので下山することに決定しました。ちょっと休憩した後、寒い中シールを剥がしてバックパックに詰め込み滑走準備完了。とりあえず、高低差がある平湯方面へ滑走開始。

夏場は道路になっているため緩い坂でスキーが思うように滑らない。続いて「アヒル服隊長」のOh〜西さん。やっぱりスピードが乗らない。
緩い坂を少し滑ったところでショートカットできるポイント発見。

おおー、意外と急だね。
まずは僕から。

意外と膝上まであり雪が深い。先週の八方ほどではないが良い感じ!

続いてO〜西さん。初滑りなのに結構いけてる

二人でご機嫌に道路をショートカットで滑ってきた。

半分以上滑り降りてきて、またもショートカット。

このショートカットが大変だった。最初は気持ちよく滑り降りてきたのだが、途中から木の間隔も狭くなってきました。右の下には川が流れており、斜面は徐々に急になってきて幅も狭くなってきました。それでも何とかルートを探して降りるのですが木や深雪に阻まれ悪戦苦闘。

「まあ、ゲレンデじゃないし、これも山スキーならではだね。」

なんとか道路に到着し一安心。

少し休憩。
Oh〜西さんが宇宙食の乾燥ピザを分けてくれた。
美味しい・・・?微妙・・・。でも、美味しいような気がする。(写真が無くて残念)

少し休憩した後は順調に滑り降り国道に到着した。

GOAL!!

平湯トンネルの高山側に停めた車に戻らなくちゃ!!

これから、トンネルを抜けるためにヒッチハイク。
停まってくれるかな〜?


運良く1発で停まってくれた。高山の電気屋さんです。お願いして僕一人を乗せてもらいトンネルをくぐった。

ありがとう!!助かったよ〜!!

そそくさとブーツを脱ぎ、待っているOh〜西さんの元へ急いだ。
Oh〜西さん
2006 SEASON TOP

2005年12月12日 平湯峠

画像
午前5時に「アヒル山歩隊」の副隊長であるOh〜西さんと待ち合わせ、早速僕の車に荷物を積み込み出発!!

今日の予定は平湯トンネル北の輝山、そしてメインイベントの新穂高温泉で露天風呂です。

山の天気に不安を持ちつつ清見インターで高速を降り、高山の41号線沿いのマクドナルドでマフィンとコーヒーを胃袋に収め、いざ平湯トンネル入り口へ!っと思ったのですが、高山朝市に寄った。
その中でOh〜西さんがオススメの屋台で、七味唐辛子を調合してくれるというので500円でGET!!

おばちゃん、おまけしてくれてありがとう。
さあ、車に乗り込みい、平湯トンネル入り口へ再出発!
トンネル入り口の広いところに駐車し、着替え、スキーにシールを張り出発。

乗鞍スカイラインの入り口までスキーを担いでそこから、シール登行。

う〜ん、久しぶりのシールの感触。

しばらく歩くとスカイラインのゲートに着いた。

さらに進んで行き輝山が見えるとこまで来ると、
あちゃ〜、雪が少ない!!
笹と切り株だらけ!!
これじゃあ、滑れないよ〜!!


Oh〜西さんと相談し、今回は取り止めにし、とりあえず平湯からの合流地点まで行き、そこで考えることにしました。
まあ、いくら雪が降ったといっても12月だし、しょうがないか!!

夏場、何もやっていなかった僕は体力不足を痛感。O〜西さんに遅れをとる。途中、何枚か写真を撮り、とりあえず合流地点に到着した。
HOME
画像
画像
 日程  2005年12月12日
 場所  平湯峠
 標高  1684m
 ルート  平湯トンネル−乗鞍スカイライン−平湯峠−乗鞍スカイライン(平湯口)
 メンバー  僕、Oh〜西さん
 天気  曇り

画像
画像