2005年11月28日 志賀高原熊の湯スキー場

 日程  2005年11月28日
 場所  志賀高原熊の湯スキー場
 メンバー  僕、FULL川君、おさる君
 天気  晴れ
初滑りに行ってきましたよ〜

3時30分に稲沢におさる君とFULL川君が集合。行き先は志賀高原の熊の湯スキー場です。
熊の湯スキー場は志賀高原の中でも、かなり標高の高いスキー場で特に早くから滑れるんです。今回はかなり上部から滑走可能ということなので思い切って志賀高原へ日帰りスキーと決め込んだのです。

話は戻りますが、ETCで朝4時までに高速道路に乗ると3割引になるんです。今回は名神一宮インターから上信越道の信州中野インターまでですと通常は¥6,400なんですが割引で\4,500になりました。(^O^)V

現地には8時ごろ到着し、準備をして8時30分には滑走開始。熊の湯の上部に到着。久しぶりの雪の感覚。

ドキドキ!

足元は今シーズン買ったばかりのNORDICAのDOBERMANN PRO 130、手にはRETAILERのストック。
とりあえず、最初の緩やかな斜面でプルークボーエンで数ターン。そしてズラシてターン。
そして急斜面でい一気にパラレルターンでカッ飛び!!

イエ〜イ!!

気持ち良い〜!!

やっぱスキーって良いね〜!

FULL川君とおさる君もがんばって滑ってる。

でも、なかなか先シーズンの感覚は戻らない!リフト2本ぐらい滑ったら今シーズン買ったばかりのスキーブーツが痺れてちょっと休憩。再びゲレンデに戻ると浅いコブが出来てるじゃないですか。そこで、ポジションと感覚を戻すためにコブをちょっとだけ攻めてみたら、なんとか先シーズンの感覚に戻ってきた。コブを滑ると良い位置に乗っていないと操作できないし、スキーをしっかり踏まないと回ってこないのでポジションチェックとスキーを踏む感覚を戻すのには自分なりにもってこいなんです。
半日滑った後、早めのお昼を食べました。当然ガソリンであり血液でもある「アサヒのSUPER DRY」を補給し、午後の部へ。

初滑りということもあり、少し早めに切り上げ車に戻る。そそくさと着替え、今回の準お楽しみの湯田中温泉へ
2006 SEASON TOP
HOME