2005年4月18日 御岳/3067m

覚明堂(多分そんな名前だと思う)を後に都築君と合流しスキー場に向けて滑降開始、せっかくここまで登って来たという事でビデオ撮影をすることになった。
都築君が下でカメラを回すので先に滑っていった。う〜ん、今シーズン準指導員を合格したと言うこともあって安定したすべりだ。

下でカメラを構えOKのサインが出たので滑走開始。雪質は温かいので粗目雪。でも広い斜面ととロケーションで気持ち良い^^バランスも崩さずまずまずの滑りだった。
次は僕がカメラを持って下へ、都築君を映す。ちょっと終盤でバランスを崩したけど気持ち良さそうに滑ってきた。なかなか良いすべりだねー^^V

その後順調に滑り、林の中でツリーランに突入。結構足にきていたけど無事に御岳ロープに到着。スキーをイソイソと脱ぎ、レストハウスに入ると店長達が泡の出るガソリンで早くも良い感じになっていた。僕も立て続けに350mlのガソリンを2本腹のタンクに押し込んだ。サイコー^^V  美味い!  切れ味爽やか。アサヒビールの社員に感謝m(_ _)m


帰りは温泉に浸かって筋肉を揉み解し、午後9時30分頃に丸福スポーツ前に帰ってきた。

みんな、今度は全員で一緒に登ろうね。
4月18日、久しぶりの山スキーに行ってきました。
午前5時30分に店長とSPICE SKI CLUBのTZK君、小川さん、足軽君と丸福スポーツ前で集合出発。午前9時ごろに御岳ロープウェイのゴンドラの山頂に到着、早速、僕はスキーにシールを貼り、山スキー初めての都築君はシールを持っていないのでスノーシューを装着しいざ出発。天気は晴れで無風。絶好の山スキー日和(^^)V

初めは慣れないスノーシューで戸惑っていた都築君もだんだんコツをつかんで1時間ちょっとで森林限界まできて休憩。暑い! 水分を取って僕はTシャツ1枚になって再び出発。
石室山荘が見えてきたのに歩いても歩いてもなかなか近づいてこない。「ひょっとしたら石室山荘はタイヤが付いていて離れて行ってるんじゃないか?」なんて馬鹿なことを考えたりした。石室山荘の手前の急斜面がきつかった。シールでは垂直に登ることは困難と思いジグザグに登った。都築君はスノーシューでパワフルに登っていく。若いというのは羨ましい。なんとか石室山荘に到着し、そこで都築君は待っていると言うので僕はそのまま覚明堂(多分そんな名前だと思う)まで登った。

そこには僕らの少し前に登っていた山小屋の方が雪かきをしていた。少し話をしていあたら携帯が鳴った。スキー場にいる店長からだった。「お昼休憩でビールを飲んでいる。」ということなので僕はビールに誘われ早速下山の準備に取り掛かった。シールを剥がしバックパックに入れ、石室山荘で待っているTZK君の所まで下り、二人で登ってきた斜面を豪快に滑り降りた。
2005 SEASON TOP
HOME

都築君

 日程  2005年4月18日
 場所  御岳岳
 標高  3067m
 ルート  御岳ロープウェイスキー場ー石室山荘ー二の池ー御岳ロープウェイスキー場
 メンバー  僕、都築君
 天気  晴れ