2 0 0 7
〓 G E N N A I O 〓
睦月

去年≪   HOME   BBS   ≫来月

1/ 28・domenica

木曜の朝から少しヘンだったんだけど、夕方になって咳き込み、体調悪化の兆し。生姜湯とレモネードを飲んで就寝。
金曜の朝、最悪の状態に。咳に加え発熱。38度5分。
辛うじてお昼は食べたけど、熱は一向に下がらない。夕方、原稿が届いた時は立ち上がるのがやっと。もちろん開封する気力も体力も持ち合わせておらず、再びベッドへ。それからどんどんどんどん水銀は伸びていき(MAX39度8分・・・だったか?)モウロウとしながらも思った。
「40度はヤメて・・・」
当然Dに行けるはずもなく、MACOっちゃんに「おめでとう」とお詫びのメール。9時か10時頃、Abeちゃんから電話があった時は本当にヨレヨレだった。

土曜のお昼、一日ぶりの食事はお粥。ひじきを戻したまま寝込んでしまったので、一応調理はしたものの微妙な味付けになってしまった。具合の悪い時って味音痴になる。
発汗&水分補給を繰り返し、37度あたりをウロウロするようになったのは夕方。
金曜土曜と小春日和だったらしいけど、私だけ極寒の二日間だった。今朝、やっとその暖かさを感じられる。掃除をして、二日ぶりにPCのスイッチON。こちらも二日間の冬眠から目覚めさせた。

咳のしすぎで腹筋が痛いのと多少の頭痛はあるけど、夕方には36度に下がり、日常と変わりない。土曜の朝も39度台だったら病院に行ってたけど、下がり気味だったので自力で治した。
私の一番の薬は「自然治癒力」と念じることなのだ。

 

1/ 24・mercoledi

昨夜は、珍しく今週二度目の外出。しかも突然の呼び出し。CHACHAじゃなかったら行かなかったかも、だけど。
年越し以来だから、CHACHAはそれほど久しぶりなワケじゃない。浜やんのほうが、もっとご無沙汰だ。そういえばDにはまだ行ってない。まあ金曜には行くけど、Dのご無沙汰のほうが珍しい。ていうか、今年に入って吉祥寺で飲んだのが昨日だなんて・・・。

食べても問題ない“ガ”なんて、あるハズがないっ!私だったら気が狂う。それ以上に、世の中で一番嫌いな毛虫が化石状になっていようもんなら、即卒倒。
今年はその毛虫と格闘しなければならない。今から憂鬱だけど、これからは避けて通れないことなのだ。春は思い切りヒッキーになると思うな。

ちょっとずつ日が長くなってるのを感じる。昨日より今日、今日より明日。
そうして春が一歩一歩近づいて来るんだ♪ 別に春が好きなわけじゃなく、春に移り変わる時が好き。
季節は待ってれば巡ってくるけど、心の春は待っててもダメなんだよね。育てなきゃいけないのね・・・ってコトに最近気が付いた。
おっそ〜〜〜い!

 

1/ 22・lunedi

昨日は昼間から友達のライブを見に行った。
しかし友達が勤めている学校のホールなので、当然ノンアルコール。こんなライブは珍しい。21,2歳の頃のバイト仲間、しかもワインバーでバイトしてた私たち。言ってみれば“酒”が縁の友達なのにね。まあそのストレスは打ち上げにて晴らされること必至。・・・って、何で私が打ち上げに参加するのか?って話だけど、主催者?兼出演者のSABUと出演者のTAKE棒の古い友達だから文句言われないでしょ。打ち上げに参加するのは、昔から私のパターンだから。
ここ数年、年下と飲むことが日常だったから(もちろん年下でも古くからの友達は落ち着くんだけど)、それ以上に年上の安心感とか懐きたくなる気持ちで和んだ。2人の友以外は初対面だというのに。同い年ぐらいの飲みも必要だわね。特にTAKE棒は必要以上にスリスリと懐きたくなるから不思議。(実際にはできませんヨ!)
なのに、最終的に残った2人(♂)は初対面。かなり落ち着いた話に時間も忘れ、静かに盛り上がってしまった。そして3人でマン喫に行き、それぞれのブースで始発が動くのを待ったのだった。久しぶりの朝帰りなり。

まともに写ってたのはコレだけだった・・・

 

1/ 21・domenica

古代ケルトから伝わるという「木精占い」をやってみた。
【結果】---サンザシ(結実の樹)
冬の訪れを感じ始めるころに生まれたあなた。
冷ややかな美しさを持ち、年齢を重ねるごとに凛々しさを増して生きます。人生において、規則正しい生活と、あたたかい人間関係を築きますが、心の奥底では非日常を求めています。様々な夢を思い描いて、哲学的な思索と芸術的な人生を送る人も多いはずです。
夏生まれのサンザシと違って、ひとつ目標を決めると迷いません。責任感と正義感が強く、徹底して実践していきます。
しかし、夢中になりながらも一方では、間違った選択をしたのではないかと心配になることもあります。騙されているのではないかと不安になり、他人をあまり信用しません。それがマイナスになることもありますが、あなたの純粋な魂を汚す相手を遠ざける力ともなっています。
サンザシは「自分の価値を信じなさい」と諭しています。夢をかなえたいのなら後悔したり、嫉妬に翻弄されている時間はありません。あなたの信念と人生哲学を信じましょう。
●相性のいい樹木・・・ブナ、イトスギ、ハシバミ、サンザシ
昔から感じていたことや、今いろいろと考えてることに対しての答えが含まれているような気がする。特に最後の3行。
昨夜、少し思っていたこと。まだ嫉妬してるのかもしれない。そしてKEEP THE FAITH・・・BON JOVIの歌を思い出す。
しかし、初っ端の「冷ややかな美しさを持ち」には鼻で笑ったけど。
「木精占い」サイトへ↓
SQ Life 木精占い

 

1/ 19・venerdi

久しく忘れていた母の味を作ってみた。
お弁当のおかずにもなった“キャベツ入りオムレツ”は、見た目はスパニッシュオムレツのようだが、その名の通り、具はキャベツのみの塩味の卵焼き。それも千切りなので、箸で切ると所々からテロロンとはみ出てしまう。 ちなみに、お好み焼きのキャベツは短冊切りに近い。
あまり手の込んだものを食べた覚えがない私にとって、これは結構オシャレ感覚の一品だった。もっとも、当時スパニッシュオムレツの存在を知っていたら、それとは違う具の単一さに文句をつけてたところだったが。
そんなことを思い出しながら、ちょっとキツネ色の表面を眺める。あの頃と同じ味だろうか・・・。
違うんだな〜。
だってキャベツのほかに、とろけるチーズも入れたから。それにトマトソースもかけて自分流の味にしたから。
でも一番違うのは、もう自分で作るしかないことなんだけど。
100人の母がいたら100の味があり、100の物語があり、それは暖かな記憶となって欲しいと願う。それが幸せなことだと思う。
だからイタリアの食卓に憧れるのかもしれない。
・・・と、結局今日もイタリアのことを考えてしまうのだった。

 

1/ 18・giovedi

夢は見てるんだけど、あまりにも短かったり嫌な印象だけが残ったり。最近は思い出す(憶えておく)間もないままPCに向かっていて、いつの間にか完全に消滅。そんな日々。
やっと今朝は、朝ドラに惑わされることもなく記憶維持。といっても、ものすごく短編なんだけど。
福士誠治クンと別れを悲しんでいる。私たちは一緒になれないのだ。
「僕は、この次元ではあの台湾人(に成りすましてる生命体)と結婚するけど、別の次元で一緒になろう」
私の両肩に置いた手は力強かった。泣きながら頷く私。そして、ひしと抱き合い・・・
意識がなくなりかけたところで引き戻される。二人同時に意識を失わないと異次元に行けないのだ。(意味分からん!)
そして何度目かでやっと意識がなくなった。
それは夢が終わったというのか?夢の記憶がそこまでしかない。意識がなくなる瞬間って、夢の中でも同じ感覚で気持ちがよかった。
福士誠治クンとは、朝ドラ「純情きらり」の達彦役、または「のだめ」の黒木君役。
やっぱ違う意味で朝ドラに惑わされてるかも・・・。
しかしこれは何の暗示なんだろう・・・過去の記憶?来世への願い?
一番影響を受けてるのはオーラかもしれない。

 

1/ 15・lunedi

低く垂れ込めた雲、灰色の空のイメージとは違う顔。
雲は薄く見えるけど、青空の色ははっきりと分かる。
こんな表情もあったのかと、しみじみ眺める。
1万数千キロを旅して私のもとへやってきた一枚の写真。
こんなに薄くて軽い紙だけど、そこから放たれる世界。
まだ見ぬ北の島の香り。
民謡集のCDは持ってないけど、The CorrsのCDを持ってたはずだ。久々に聴いてみようか。


世界旅行中の友はインドでのんびり過ごしている。
いとこはレッスンの合間にローマの休日を楽しんだようだ。
こんな時はいつも思う。私は何故日本にいるのだろう。
気分転換に、昨日読み終えた読書感想文を書こう。でも、火に油かも・・・。

 

1/ 14・domenica

お年玉年賀はがきの抽選日。
去年は悲しいことに初めての0枚。幸いにも「いちゆ」からもらえたので、今のところ喪中を除いて、平成3年から毎年揃っている。
一番古いのは昭和34年。もちろん家にあったのを偶然見つけたもの。
ハワイ旅行やデジタル一眼レフカメラ、DVDレコーダー・・・が欲しくないわけじゃないけど、当たってニヤけるのは、やっぱり切手シートなんだわ♪
今年は4枚当たった!

 

1/ 13・sabato

この間の連休から再開した、過去日記のフォーム切り替え完了。
かなり統一できたし、余計な(恥ずかしい?)ものは削除。
HP開設から今日までの、いろいろな出来事を思い出した。それと同時に、忘れていた自分の気持ちが甦る。あの時の楽しさ、この時の悲しみ、苦しみ・・・。いろんな思いが詰まってた。読む人にとってはただの記録でしかないけど、文章に込められた裏の部分まで思い出してしまうんだな。筆者としては。
もう二度と伝えられない想い、触れられない人たち・・・。
でも一番感じたのは、かなり・・・いや激しい呑んだくれだったことだ。
もうあんな過激には耐えられないだろうな、体も・・・心も。

 

1/ 12・venerdi

鳥取県米子市で暴力団3人と会社員1人の殺人事件。
死亡者・・・3人?会社員を殺人容疑で逮捕・・・はぁ〜?
今年に入って「バラバラ」という言葉を何回聞いただろう。すごく簡単に表現するけど、これってとても異常なことなんだよ。人間の体をこんな風に表現するなんて。それが、一見普通に見える家庭内で起きているなんて。
この世の中、おかしいよ。希薄だよ。

 

1/ 11・giovedi

ゴツゴツとした硬い大地に吹く風、染み込む雨、草木の囁き。
周りを海に囲まれた北島に暮らす人々は、それらの声に耳を傾け、共に生きていた。そこから生まれた音は私の心に染みわたり、何かを揺さぶる。あのバイオリンの音色を聞くと、何故かとても切なくなる。もしかしたら私は昔そこにいたのかもしれない。生まれる前の記憶を呼び起こされる感覚。
悲しい思いは言葉を乗せ、楽しい気分はステップを乗せて表現する彼女の歌声は、あの風土そのもののようであり、とても自然で心地よかった。使いこなしたタップシューズと上着に付いているクローバーの刺繍のワッペンに、彼女の北島への思いが表れている。
駅の地下、改札に向かう途中で思わずリバーダンスのステップを踏んでみたが、なかなか難しいものだ。
ということで・・・コンビニ以外で今年最初の外出は11日。最初に会った人はS女の友達A、行った場所は池袋のTHE DUBLINERS。

鳥取県米子市で暴力団3人と会社員1人の殺人事件。殺人容疑で会社員逮捕・・・はぁ〜?

 

1/ 8・lunedi

この連休も、の〜んびり。クッキングのページを少しリニューアル。少し・・・ね。
今日は成人の日。と分かっているけど何日か分かんなかった。その年によって日にちが変わるのは嫌だな。
月9の新ドラマ「東京タワー」を観た。本はまだ読めないけどドラマだったら・・・と思ったので。でもやっぱダメかもなぁ。少なからず自分と重ねてみてしまう。進学が初上京じゃないけど、自分が上京した時のことや母の見送る時の顔を思い出してしまう。
そしてオトン(泉谷しげる)の言葉を思い出す。「東京行くんなら、自分の場所にせい」
私は東京を自分の場所にできたのだろうか?

故郷に家を建てたのに、ほんのわずかしか住むことができなかった父と、東京を捨てて父のもとに嫁ぎ、そこを自分の場所にしたかった母と・・・私の話は、まだ道の途中。生きてる限り“途中”なんだけどさ。

 

1/ 6・sabato

仕事始めだと思ったら、もう休み。それも三連休だなんて。大型年末年始連休を取ってる人は多いのだろうか?今年は三連休が10回ほどあるらしいから、世の会社勤め人はウハウハしてるんじゃないかな?関係ない私には何の感激もないが。
雨の一日。
日記に写真をUPするようになったのでparkcityの容量が心配になり、国内旅行記のデータを別サーバーに移動。少ないので楽に終わったが、それも何だか淋しいわね。あと二日あるし、食べ歩きレポートも移動しちゃおうかな。

今夜は「探検ロマン・世界遺産」の拡大スペシャル!それもヴェネツィア♪
前回行ったムラーノ島、もっともっと職人技を見てみたくなった。またあの迷路に佇むのはいつになるのだろう・・・。変だけど、ノスタルジアに浸ってしまった。

 

1/ 4・giovedi

昨日、やっと初詣に出かけた。
帰ってからアルコール片手に墨をする。
墨の香りが部屋に立ち込めると心が穏やかになる気がする。しかし、なんせワインが入ってるので筆運びがうまくいかない。そして今日も第二ラウンド開始。初めて行書体に挑戦したんだけど、まだ早すぎた感がするなぁ。と思いつつ「四季の便り」に過去2年の分もUP。
HOMEに戻るのが面倒臭い人は、2日の「四季の便り」からどうぞ。

夕方、お抹茶を頂いた。餡子のダメな私が、唯一納得して食べられる時。

 

1/ 3・mercoledi

例年と変わらず、寝正月の三が日も終わってしまった。
明日から仕事・・・か?ん〜、でももう少しダラダラしていたい気分。さすがに昼間のアルコールは控えるけどね。今日、満足のいく出来ではなかったので、何となく書初めに熱中しそうな気がしないでもない。
それは明日になってみないと分かんないけど。
おみくじは「中吉」でした。まあまあかな。
あと、唯一残った04年の旅行記も終わらせなければ・・・。

 

1/ 2・martedi

今年の年賀状は「四季の便り」にて。
予定通り“飲んじゃ寝・食っちゃ寝”の二日目。今日は書初めをしようと思ったんだけど、録り溜めていたイタリアのビデオを観てたら暗くなってしまった。できれば自然光の中で書きたいので明日に延期。だから“飲んじゃ寝・食っちゃ寝”にならないように気をつけよう。
そうそう、今夜はフィレンツェからの生放送もあるしね。集中!

 

1/ 1・lunedi

Felice Anno Nuovo !
迎 春
本年もマスケロン共々よろしくお願い致します。