舞台に出会う

作品のジャンルは、音楽、人形劇、舞台劇、伝統芸能など幅広く「子どもにこそ本物を」と願って企画しています。

会員になると

◎舞台鑑賞会(定例会)
  • 2ヶ月~3ヶ月に一回の割合で舞台鑑賞ができます。(1年間4~5回 主会場 少年科学文化会館)
  • 低学年部・高学年部どちらかに登録します。
  • 低学年部会員が高学年部舞台鑑賞に参加する場合、またその逆の場合には、1ヶ月分会費で参加することができます。
  • 会員として登録されていない方でも、有料で鑑賞することができます。
子どものための地域舞台公演(有料です)
  • 地域の方々と共に身近な会場(公民館・幼稚園・集会所など)で、楽しむ公演もあります。
◎公演についての詳細は、事務所までお問合せください。

これからの舞台鑑賞(例会)のお知らせ

低学年部
「12の月のたき火」 人形劇団プーク
2017年12月2日(土)①14:30 ②18:00 中央市民センターホール
いじわるな母と姉と暮らす美しい娘、マルーシャ。大晦日に、王様から「いちごを持ってきたものには、金貨を褒美にする」とおふれが。強欲な母たちに命ぜられ、雪にうずもれた森の中にでかけます。そこで大きな焚き火を見つけ12の月の精たちと出会います……。自然の厳しさとやさしさをえがく、壮大な人形劇です。
高学年部
「結 まつりの花を咲かせましょう」 民族歌舞団荒馬座
2017年11月25日(土)19:00 早良市民センターホール
心をゆさぶる太鼓の響きや体がはずむ囃子と踊り。そして笑顔の花が咲く。まつりは元気のみなもと。ふるさとの心、民族の魂、今忘れてはならないもの。
日本のうたや踊りや太鼓を~北から南から~届けます。

詳しい日程、時間は事務局までお問合せください。

これからの舞台鑑賞会の予定
低高合同
2018年2月11日(日)
 小さい”つ”が消えた日