TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Toujours   Op.21  
  Poëme d'un jour
永久に  
     ある1日の詩

詩: グランムージャン (Charles Jean Grandmougin,1850-1930) フランス
      

曲: フォーレ (Gabriel Fauré,1845-1924) フランス   歌詞言語: フランス語


Vous me demandez de ma taire,
De fuir loin de vous pour jamais,
Et de m'en aller, solitaire,
Sans me rappeler qui j'aimais!

Demandez plutot aux etoiles
De tomber dans l'immensite,
A la nuit de perdre ses voiles,
Au jour de perdre sa clarte,

Demandez a la mer immense
De dessecher ses vastes flots,
Et, quand les vents sont en demence,
D'apaiser ses sombres sanglots!

Mais n'esperez pas que mon ame
S'arrache a ses apres douleurs
Et se depouille de sa flamme
Comme le printemps de ses fleurs!

あなたは僕に黙れという
どこか遠くに、永久に行ってしまえという
そしてひとりでいろという
僕の愛した人のことを忘れてしまえと!

それよりも 星たちに夜空から落ちろと
夜には 黒いヴェールを捨てよと
昼には その輝きを捨てよと
命じる方が ずっといい

広い海に言ってみろよ
その膨大な水を枯らせと
風が激しく吹くときには
その陰気なすすり泣きは静まれと

でも決して期待はするな
僕の魂が苦しみを捨て
この燃える情熱を捨て去ることを
春が花たちを見捨てられないのと同じように


いつも淡々として、楚々として美しいフォーレの歌曲の中では珍しく、激しい怒りをぶつけている曲です。普段温厚な人を怒らせると怖いといいますがまさにそんな感じで、聴いていても面白いです。ちょうどこの曲を作曲していたころ、フォーレは婚約を解消されるという目にあっていました。そんな辛い経験がこの曲、あるいは第3曲目の「さよなら」に色濃く出ていると聴いてもあながち間違いではないでしょう。ここでド迫力を出せるのはやはりスゼーのバリトン、Philips盤(旧録)の方のうたを好んで聴いています。ナタリー・シュトゥッツマンの歌もピアノのカトリーヌ・コラールの名演もあいまってなかなか素敵。彼女の録音では「出会い」はいまひとつピンときませんでしたがこの曲と次の「さよなら」は絶品でした。あとはなぜか3曲の中で「出会い」でなくこの曲だけを収録しているロス・アンヘレスの歌あたりが注目でしょうか。

( 2005.04.16 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ