TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Exeunt omnes   Op.2-6  
  By Footpath and Stile
一同退場  
     小道や柵の脇を

詩: ハーディ (Thomas Hardy,1840-1928) イングランド
    4.Satires of Circumstance 335 Exeunt omnes 原詩: ,

曲: フィンジ (Gerald Finzi,1901-1956) イギリス   歌詞言語: 英語


 Everybody else,then,going,
And I still left where the fair was? . . .
Much have I seen of neighbour loungers
 Making a lusty showing,
 Each now past all knowing.

 There is an air of blankness
In the street and the littered spaces;
Thoroughfare,steeple,bridge and highway
 Wizen themselves to lankness;
 Kennels dribble dankness.

 Folk all fade. And whither,
As I wait alone where the fair was?
Into the clammy and numbing night-fog
 Whence they entered hither.
 Soon do I follow thither!

 他の皆は それでは 行ってしまい
そして私だけまだ残っっているのか 市場のあったところに?...
どれほどたくさん見てきたことか たむろしていた隣人たちが
 威勢の良い表情を作って来たのを
 皆今は行ってしまった すべてを知りながら

 空白の空気が漂う
通りやゴミの散った広場に
大通りが 尖塔が 橋や道路が
 すっかり萎びてやせ細り
 犬小屋は滴らせている 暗闇を

 人々は皆消える だがどこへ
私一人が待っているのに あの市場があったところに?
あのじめじめと暗い夜霧の中へと
 彼らは入って行ったのだ
 すぐに私もそのあとに続くのだろう!

Exeunt omnesとはお芝居のト書きで「全員退場《を言うのだそうです。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.05.06 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ