TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Selbstbetrug   Op.15-3  
  12 Goethe-Lieder
思い違い  
     12のゲーテ歌曲

詩: ゲーテ (Johann Wolfgang von Goethe,1749-1832) ドイツ
      Selbstbetrug (1802) 原詩: ,

曲: メトネル (Nikolay Karlovich Medtner,1880-1951) ロシア   歌詞言語: ドイツ語


Der Vorhang schwebet hin und her
Bei meiner Nachbarin.
Gewiß sie lauschet überquer,
Ob ich zu Hause bin,

Und ob der eifersücht'ge Groll,
Den ich am Tag gehegt,
Sich,wie er nun auf immer soll,
Im tiefen Herzen regt.

Doch leider hat das schöne Kind
Dergleichen nicht gefühlt.
Ich seh',es ist der Abendwind,
Der mit dem Vorhang spielt.

カーテンが揺れてた 前に後に
お隣さんのところの
きっと彼女が覗いてるんだろう
ぼくが家にいるのかどうかを

それからあの嫉妬の腹立ち
ぼくが昼間に抱いてたやつが
まだ今もずっと
深い胸の中でくすぶってるのかどうかを

だが残念 あのかわいい子は
そんなこと思っちゃいなかったんだ
ぼくは見た あれは夕暮れの風だ
カーテンと戯れてたのは


※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.05.06 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ