TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Scherzo    
 
たわむれ  
    

詩: ザンガリーニ (Carlo Zangarini,1874-1943) イタリア
       原詩: ,

曲: チマーラ (Pietro Cimara,1887-1967) イタリア   歌詞言語: イタリア語


Una notte,al davanzale,
Ero sola,o pur non ero?
Ben mi parve un soffio d'ale
Che giungesse dal sentiero

Chi la guancia mi sfiorò?
Se fu un bacio io non lo so.
Fu la tenda,è ver,rammento,
Che la guancia mi percosse:

La carezza fu del vento,
Pur vorrei che non lo fosse...
Più ci penso e più rammento
Che fu un bacio e non il vento!

ある夜 窓辺で
私は一人 いや違ったかな?
あれは私には羽根の吐息のように思えた
小道からやって来た

何が私の頬に触れたのかって?
それがキスだったかどうかも 私には分からない
あれはカーテンだろう きっとそうだ 思い出した
私の頬に触れたのは

この愛撫は風がくれたものさ
そうでなかった方が嬉しかったんだけど...
そう思えば思うほど はっきり思い出すんだ
あれはキスだった 風じゃない!


ゲーテが1802年に書いた「思い違い Selbstbetrug《という詩を下敷にしています。同じ詩はミュッセもフランス語に訳していたような...
ゲーテの詩の方はこちらに取り上げてみましたのでご覧ください。
Selbstbetrug 思い違い
レスピーギにも同じザンガリーニのイタリア語詞につけた歌があり、こちらの方が良く知られているかも知れません。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.05.06 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ