TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


La serenata    
  Cinque liriche I
セレナータ  
     5つのリーリカ 第1集

詩: ポンピーリ (Vittoria Aganoor Pompilj,1855-1910) イタリア
       原詩: ,

曲: チマーラ (Pietro Cimara,1887-1967) イタリア   歌詞言語: イタリア語


Le cose belle che volevo dirti
se l'è bevute il mare;
bisognava di perle a popolare
le sue squallide sirti.

Le parole più tenere e amorose
che ti volevo dire
se l'è rubate il lido per fiorire
le sue siepi di rose.

E quelle che il desìo non dettò,quelle
dell’anima,incorrotte…,
o mia dolcezza,le ghermì la notte
per vestirsi di stelle.

美しいことたち ぼくが君に告げたかったことを
飲み込んでしまったんだ 海が
真珠が必要だった 賑わせるために
あのわびしい岸辺を

あの言葉たち とても優しく愛のこもった
君に言いたかったこと
それは盗まれてしまった その岸辺から 花咲かせるために
あのバラの生垣を

そして願望が命じたのではないこと 
魂のこと 汚れなきこと...
おおわが愛しの人よ 夜を掴み取っておくれ
星たちをドレスアップするために


5つのリーリカ、マッティナータ(朝の歌)に続いてはセレナータ(夕べの歌)で引き続き恋人を優しく誘います。なかなか哲学的でお洒落な歌詞に、愛らしくも美しいメロディがつけられています。おどけたピアノの合いの手などはまるでナイチンゲールの歌声のよう。これもとても素敵な一品です。リリックなテナーに歌って欲しい佳品。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.04.21 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ