TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


嫌な甚太    
 
 
    

詩: 山岸曙光 (Yamagishi Shokkou,1898-1966) 日本
       原詩: ,

曲: 清瀬保二 (Kiyose Yasuji,1900-1981) 日本   歌詞言語: 日本語


馬と並んで
甚太が来るよ 嫌だね

右はせせらぎ
左は水田

道が狭いのに
甚太はよけぬ

人が見ている
もどられませぬ

ままよ
水田(みずた)に片足入れた


なかなかユーモラスな情景を詞もメロディも描き出しています。勝気な娘さんでしょうか、苦手な男の子にどぎまぎしている様子がとても微笑ましいです。清瀬の歌曲では数少ない今も歌い継がれているもののひとつ。やはりそれだけの魅力に満ちているということでしょう。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.04.09 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ