TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


La jeune fille    
  12 Mazurkas
若い娘  
     12のマズルカ

詩: ポメイ (Louis Pomey,1835-1901) フランス
       原詩: ,

曲: ヴィアルド−ガルシア (Pauline Viardot-Garcia,1821-1910) フランス   歌詞言語: フランス語


Quand on est jeune et gentille,
Comment ne pas le savoir?
Tout d'abord,la jeune fille interroge son miroir
Lui plaît-il de mieux s'instruire?
La plus simple n'a qu'à lire
Dans un oeil brillant d'espoir.
Un jour vient où l'innocente,
Sur ce sujet est savante:
Il suffit d'entendre ce que dit une voix tendre.

Prends pitié,belle inhumaine,de ma peine!
Ou termine mon martyre,ou j'expire!
Mais de ce délire,le mieux est de rire.
Oui,de ce délire il faut rire.
Beaux oiseaux,au riche plumage
On connaît votre ramage,
Et certes le plus sage est de fuir tout servage.
Quand on est jeune et gentille,
Force est bien de la savoir,
Tout d'abord la jeune fille interroge son miroir.
Lui plaît-il de mieux s'instruire?
La plus simple n'a qu'à lire
Dans un oeil brillant d'espoir.

若くてキレイかどうかは
どのようにして知ることができるの?
何よりもまず 少女は鏡に尋ねるんだ
楽しいことかい よりよく知ることは?
一番簡単なのは読み取ること
その瞳から希望を
そういう日が来る 無垢な子が
そういうことがらを学習する日が
それで十分 優しい声が言うのを聞くだけで

憐れみを 美しい人でなしよ ぼくの苦しみに!
ぼくの苦難を終わらせて でないと死んでしまう!
でも この幻惑には 一番良いのは笑うことだ
そうだ 笑うんだ この幻惑を
美しい鳥たちよ 豊かな羽根の
みんな知ってるよ 君たちの歌を
そして間違いなく一番賢いのは 逃れることさ すべての束縛から
若くてキレイならば
大事なのは良く知ること
何よりもまず 少女は鏡に尋ねるんだ
楽しいことかい よりよく知ることは?
一番簡単なのは読み取ること
その瞳から希望を

再び少女の歌。ただこちらは男の子のつぶやきのようですね。Op.24-2のほんのりと明るいマズルカが微笑ましく歌詞と溶け合います。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2017.01.13 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ