TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Dover Beach   Op.3  
 
ドーヴァー海岸  
    

詩: アーノルド (Matthew Arnold,1822-1888) イギリス
       原詩: ,

曲: バーバー (Samuel Barber,1910-1981) アメリカ   歌詞言語: 英語


The sea is calm to-night,
The tide is full,the moon lies fair
Upon the straights; -- on the French coast the light
Gleams and is gone; the cliffs of England stand,
Glimmering and vast,out in the tranquil bay.
Come to the window,sweet is the night-air!
Only,from the long line of spray
Where the sea meets the moon-blanch'd land,
Listen! you hear the grating roar
Of pebbles which the waves draw back,and fling,
At their return,up the high strand,
Begin,and cease,and then again begin,
With tremulous cadence slow,and bring
The eternal note of sadness in.

Sophocles long ago
Heard it on the Ægean,and it brought
Into his mind the turbid ebb and flow
Of human misery; we
Find also in the sound a thought,
Hearing it by this distant northern sea.

The Sea of Faith
Was once,too,at the full,and round earth's shore
Lay like the folds of a bright girdle furl'd.
But now I only hear
Its melancholy,long,withdrawing roar,
Retreating,to the breath
Of the night-wind,down the vast edges drear
And naked shingles of the world.

Ah,love,let us be true
To one another! for the world,which seems
To lie before us like a land of dreams,
So various,so beautiful,so new,
Hath really neither joy,nor love,nor light,
Nor certitude,nor peace,nor help for pain;
And we are here as on a darkling plain
Swept with confused alarms of struggle and flight,
Where ignorant armies clash by night.

海は穏やかだ 今夜
潮が満ちて 月は美しくかかる
海峡の上に - フランスの岸辺の上に光は
瞬き 消えた イングランドの崖はそびえている
微かにきらめき広大に 穏やかな湾の中で
おいで この窓辺に 甘美だ 夜の大気は!
ただ あの長い飛沫の線から
海が月に照らされた陸地と出会うところから
聞くんだ!聞こえるだろう きしむ音が
波が引き戻し放り出す小石の
それが戻って来る時に 高い岸辺の上に
始まり 止み そして再び始まる
震えるような律動でゆっくりと そしてもたらすのだ
悲しみの永遠の響きを

ソフォクレスははるか昔に
それを聞いた エーゲ海で その音はもたらしたんだ
彼の心の中に澱んだ満ち引きを
人間の悲哀の ぼくたちも
その音の中に見つけるのだ ある想いを
それを聞きながら 遠い北の海のほとりで

信仰の海も
かつては潮が満ち 丸い地球の岸辺が
畳まれた明るい帯の折り目のように横たわっていた
けれど今 ぼくには聞こえるだけだ
その憂いに満ちた 長い引き潮の轟きが
退いて行くのが 吐息に合わせて
夜の風の 広大な荒れた崖の下や
そしてこの世の裸の小石の

ああ 愛する人よ ぼくたちは誠実でいよう
お互いに!だってこの世界は
広がってるみたいだけど ぼくたちの前にまるで夢の国のように
とても多彩に とても美しく とても新鮮に
でも実は喜びも愛も光もないのさ
確かなことも 平安も 苦しみに対する救いもない
そしてぼくたちがいるのは まるで暗い平原の上で
争いや逃亡の混乱した警報に追い立てられ
無知な軍隊が夜に衝突するところなのだから


※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2016.11.30 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ