TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Séparation    
  12 Mazurkas
お別れ  
     12のマズルカ

詩: ポメイ (Louis Pomey,1835-1901) フランス
       原詩: ,

曲: ヴィアルド−ガルシア (Pauline Viardot-Garcia,1821-1910) フランス   歌詞言語: フランス語


Voice I :
Pars,et nous oublie;
Pars,ne suis point mes pas.
La fortune ennemie
M’arrache de tes bras.
Las! Envain m’implore
Ce lui que j’adore.
J’avais su le charmer,
Ma vie était trop belle,
Du sort la loi cruelle
Me défend de l’aimer.
Pars,et nous oublie,
Pars,ne suis point mes pas.
Laisse ton amie
S’arracher de tes bras.

Voice II :
Reste,o mon amie,
Ou je suivrai tes pas.
Mon coer,ma vie
S’en vont quand tu t’en vas.
Mais envain t’implore
Ce lui qui t’adore.
Les Dieux qui,pour charmer,
T’ont fait naître si belle,
Ne veulent pas,cruelle,
Que ton coeur sache aimer.
Reste,ou je suivrai tes pas.
Car mon coeur,ma vie
S’en vont quand tu t’en vas.
Ah ! Reste,o mon amie,
Ou je suivrai tes pas.
Car mon coeur,ma vie
S’en vont quand tu t’en vas.

(声 I):
さあ 忘れましょう
もう 私についてこないで
冷酷な運命が
私をあなたの腕から引き離すのよ
行って!無駄よ 懇願しても
私は彼を愛しているの
私は彼の魅力を知ってしまった
私の人生はあまりにも素晴らしかった
運命の残酷な掟が
私に禁じているわ 彼を愛することを
さあ 忘れましょう
もう あたしについてこないで
あなたの友人をしてみましょう
あなたの腕を引き裂きます。

(声 II):
ここにいてくれよ おお愛しい人よ
でないと俺はお前を追いかけるぜ
俺の心よ 俺の人生よ
俺を捨てるのか 去って行って
だけど 無駄だぜ 懇願しても!
お前に惚れてる奴にな
神々は 魅惑しようと
お前をとても美しくお造りになられた
やめてくれ 酷い女よ
心に愛を知ってくれ
いてくれよ でないと俺はお前を追いかけるぜ
俺の心よ 俺の人生よ
俺を捨てるのか 去って行って!
ああ!ここにいてくれよ おお愛しい人よ
でないと俺はお前を追いかけるぜ
俺の心よ 俺の人生よ
俺を捨てるのか 去って行って!

デュエットで歌われるショパンのマズルカ、Op.24-1の比較的地味な短調作品です。逃げる女と追いすがる男。なかなか面白い歌詞の掛け合いが聞けます。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2016.11.25 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ