TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Coquette    
  12 Mazurkas
コケットリー  
     12のマズルカ

詩: ポメイ (Louis Pomey,1835-1901) フランス
       原詩: ,

曲: ヴィアルド−ガルシア (Pauline Viardot-Garcia,1821-1910) フランス   歌詞言語: フランス語


De n'aimer que toi,
Je donne ma foi,
Tra la la
O fille Gentille,Gentille
Mais ma fidèle ardeur;
Tra la la
O fille Gentille,
Ne peut toucher ton coeur.

Si dans tes regards j'ai su lire,
Tu plains malgré toi mon martyre,
Mais d'amour que je meure,
C'est un deuil d'un jour ou d'une heure.
Ah--Je ne veux que toi,
Tu cherches pourquoi,
Tra la la Filette,Coquette,Coquette,
Eh bien! dis-moi comment,la la la
Fillette,Coquette,Comment faire autrement.

Quand l'amour s'en vient nous surprendre,
On veut d'abord lui résister,
Mais sa voix devient si tendre,
Qu'un jour il faut l'écouter
Ah! Donc,si tu m'en crois
Accepte ma foi la la la
O belle Cruelle,Cruelle,
Et laisse-toi charmer,la la la
O belle Cruelle
Par qui saura t'aimer.

君だけを愛してる
ぼくは捧げよう この誓いを
トラ・ラ・ラ
おお可愛い娘よ 可愛い
だけど ぼくの本当の情熱は
トラ・ラ・ラ
おお可愛い娘よ
君の心に触れることさえできないんだ

もし君のまなざしからぼくが読み取れたなら
君は哀れに思うだろう 思わず ぼくの苦しみを
だけどぼくを死なせるこの愛
それは一日か一時だけの悲しみなんだ
ああ - ぼくは君だけが欲しい
君は知ろうとしてる なぜだか
トラ・ラ・ラ 娘よ コケットを コケットを
いいよ!教えて どうやって ラ・ラ・ラ
娘よ コケットを 他にどうやってやるの

愛はぼくらを驚かせるとき
最初 ぼくらは抵抗するさ
だけど その声はとてもやさしくて
いつか ぼくらは耳を傾けずにはいられなくなる
ああ!だからぼくを信じてくれるなら
ぼくの言うことを聞いてよ ラ・ラ・ラ
おおきれいで酷いひと 酷いひと
君自身を魅力的になってくれよ ラ・ラ・ラ
おおきれいで酷いひと
君を愛してる男にさあ

ショパンのマズルカ第5番 変ロ長調 Op. 7-1に歌詞をつけています。トララの歌声がショパンのメロディによくはまっていてとても楽しげですが、歌詞の中身はメロディに合わせるためか結構ぐちゃぐちゃになっている感じです。とりあえずフィーリングで訳しておりますのでご容赦のほど。

※リンクエラー・記述の誤りなどお気づきのことがありましたら更新情報のコメント欄にてご指摘頂けましたら幸いです。

( 2016.11.19 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ