TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


La danza    
  Les Soirées Musicales
踊り〜ナポリのタランテラ  
     音楽の夜会

詩: ぺポリ (Carlo Pepoli,1796-1881) イタリア
      

曲: ロッシーニ (Gioachino Rossini,1792-1868) イタリア   歌詞言語: イタリア語


Già la luna è in mezzo al mare,
mamma mia si salterà,
l'ora è bella per danzare
chi è in amor non mancherà.

Presto in danza a tondo,
donne mie venite quà,
un garzon bello e giocondo
a ciascuna toccherà,

finchè in ciel brilla una stella
e la luna splenderà.
Il più bel con la più bella
tutta notte danzerà.

Mamma mia,mamma mia,
già la luna è in mezzo al mare,
mamma mia,mamma mia,
mamma mia si salterà.

Frinche frinche frinche frinche
mamma mia,si salterà,
La la ra la ra...


Salta,salta,gira,gira,
ogni coppia a cerchio va,
già s'avvanza si ritira
e all' assalto tornerà.

Serra,serra colla bionda
collabruna va quà e là,
colla rossa và a seconda
colla smorta fermo sta!

Viva il ballo a tondo a tondo
sono un Rè,sono un Bascià,
è il più bel piacer del mondo
la più cara voluttà.

Mamma mia,mamma mia,
già la luna è in mezzo al mare,
mamma mia,mamma mia,
mamma mia si salterà.

Frinche frinche frinche frinche
mamma mia,si salterà,
La la ra la ra...


さあ、月は海の真上
恋人よ、踊ろう
ダンスにはうってつけの時間だ
恋に落ちた者たちには逃せない時が

早く、輪になって踊れ
娘たちよ、ここへおいで
かっこよくて明るい若者が
一緒になって踊るから

空に星がきらめき
月がかがやいている時に
一番の美男と美女同士
夜通しずっと踊り続ける

恋人よ、恋人よ
さあ、月は海の真上
恋人よ、恋人よ
恋人よ、踊ろう

フリンケ・フリンケ、フリンケ・フリンケ、
娘たちよさあ踊ろう
ララララララ


跳んで跳んで回って回って
カップル同士輪になって
前に進み、後ろに下がり
そしてすばやく元に戻る

金髪を抱いて
黒髪と行ったり来たり
お次は赤毛
青ざめた子とは一休み

ビバ、回れ回れ
私は王様、私は貴族
この世で一番楽しいこと
一番素敵なこと

恋人よ、恋人よ
さあ、月は海の真上
恋人よ、恋人よ
恋人よ、踊ろう

フリンケ・フリンケ、フリンケ・フリンケ、
娘たちよさあ踊ろう
ララララララ


炸裂する民族舞踊・タランテラのリズムが気持ち良いロッシーニの名曲です。タランテラというのがひときわ激しい踊りで、ただでさえ歯切れの良いイタリア語を早口でまくしたてるのでとてもインパクトのある仕上がりになりました。
掲示板で話題になったアメリンクのものや、噛みしめるほど味の出る松本美和子のものも良いのですが(後者の伴奏は中村紘子)、やはりこれは原曲通りテノールの歌で聴くのが最高です。
マンマ・ミーアというのは直訳すると「私のかあさん」ということですが、特に意味のない掛け声と解するのが一番良いかも知れません。ここでは呼びかけの言葉と解釈しました。
パヴァロッティやディ・ステファノ、古くはカルーソーなどイタリアの名テナーは皆録音を残しているのではないかと思うのですが、私が凄いと思い愛聴しているのはアメリカのテナー、ジャン・ピアーズのものです。爆発する冒頭のオーケストラも強烈ですが、癖のある歌い方がこの曲の力強さにマッチして大変印象的です(BMG)。
テナーでも、リリックな声よりはワーグナーでも歌いそうなドラマティックな人の方がピッタリくるかも知れません。

( 2002.08.15 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ