TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ


Das Lied der Trennung   K519  
 
別れの歌  
    

詩: シュミット (Klamer Eberhard Karl Schmidt,1746-1824) ドイツ
      

曲: モーツァルト (Wolfgang Amadeus Mozart,1756-1791) オーストリア   歌詞言語: ドイツ語


1.
Die Engel Gottes weinen,
wo Liebende sich trennen!
wie werd' ich leben können,
o Mädchen,ohne dich?
Ein Fremdling allen Freuden,
leb' ich fortan dem Leiden!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

2.
Ich kann sie nicht vergessen,
Mich fern vorüberfliegen
Wild jegliches Vergnügen,
Ach,sonst so gern um mich!
Für dieses Herz voll Trauer
Ist keine Lust von Dauer!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

3.
Im Wachen und im Traume
Werd' ich Luisa nennen!
Den Namen zu bekennen,
Sei Gottesdienst für mich!
Ihn nennen und ihn loben
Werd' ich vor Gott noch droben!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

4.
Ich kann sie nicht vergessen!
Gemalt mit Feuerflammen
Des Engels Reiz zusammen
In dieses Herz hab' ich!
Dies Eigentum bestreiten
Soll keine Macht der Zeiten!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

5.
Ich kann sie nicht vergessen!
Der kleinste Blick der Sonne
Gemahnt an jene Wonne
Der schönsten Augen mich!
Aus jedem Sterne leuchtet
Ein Blick,der Liebe beichtet!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

6.
Ich kann sie nicht vergessen!
Wie aus dem besser'n Leben
Ein Harfenlaut,umschweben
Die schönsten Worte mich!
Ihr Lächeln,rein und bieder,
Scheint mir im Herzen wider!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

7.
Ich kann sie nicht vergessen!
Ihr Singen,Gott! ihr Singen!
Indem sie sang,vergingen
Die Welten all' um mich!
Ach! Ohr und Herz erklangen
Mit süßem,wirrem Bangen!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

8.
Ich kann sie nicht vergessen!
An allen,allen Enden
Verfolgt von ihren Händen
Ein Druck der Liebe mich;
Ich zitt're,sie zu fassen,
Und --finde mich verlassen!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

9.
Ich kann sie nicht vergessen!
Die abgeschied'nen Seelen
Der Küsse,nicht zu zählen,
Umschatten alle mich!
Es weht,wie Blütenregen,
Ihr Atem mir entgegen!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

10.
Ich kann sie nicht vergessen!
Aufzählen alle Pfänder
Der frohen Liebe,Bänder
Und Lockenhaar will ich!
““Sie! sie hat das getragen!”“
Will ich mit Schluchzen sagen!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

11.
Ich kann sie nicht vergessen!
Die Brief' aus schönr'n Tagen,
Sie liegen aufgeschlagen,
Wie Himmelsbuch,um mich!
Von Tränenflut verschlissen
Ist manches Bild von Küssen!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

12.
Ich kann sie nicht vergessen!
Dies Herz,von ihr geschnitten,
Scheint seufzend mich zu bitten:
““O Freund,gedenk' an mich!”“
Ach! dein will ich gedenken,
Bis sie ins Grab mich senken!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

13.
Ich kann sie nicht vergessen!
Das Tuch,das einzusaugen
Das Lied der schönsten Augen,
So glücklich war,hab' ich!
Ach! bis zu meinem Grabe
Bleibt's meine höchste Habe!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

14.
Ich kann sie nicht vergessen!
Das Haar zu diesem Ringe,
Das war die gold'ne Schlinge;
Allmächtig fing sie mich!
Ach! gegen dies verachten
Würd' ich des Moguls Schlachten!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

15.
Ich kann sie nicht vergessen!
Nur immer,immer senke
Das letzte der Geschenke,
Das welke Veilchen,sich!
Sie pflückt' es eigenhändig;
Drum blüht es hier beständig!
Und du? und du?
Vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!
Vielleicht auf ewig vergißt sie mich!

16.
Vergessen raubt in Stunden,
was Liebe jahrlang spendet!
Wie eine Hand sich wendet,
so wenden Herzen sich!
Wenn neue Huldigungen
mein Bild bei ihr verdrungen,
o Gott! vielleicht auf ewig vergißt Luisa mich!

17.
Ach denk' an unser Scheiden,
Dies tränenlose Schweigen,
dies Auf-und Niedersteigen,
des Herzens drücke dich
wie schweres Geist-Erscheinen,
wirst du wen anders meinen,
wirst du mich einst vergessen,
vergessen Gott und dich!

18.
Ach denk' an unser Scheiden!
Dies Denkmal,unter Küssen
auf meinen Mund gebissen,
das richte mich und dich!
Dies Denkmal auf dem Munde,
komm ich zur Geisterstunde,
mich warnend anzuzeigen,
vergißt Luisa,Luisa mich,
komm ich mich warnend anzuzeigen,
vergißt Luisa,Luisa mich,
vergißt sie mich,
vergißt sie mich,
vergißt sie mich.

1.
神の天使たちも泣いている
愛する者たちが別れるときには
どうやって私は生きて行けるのか
おお乙女よ、お前なしで?
すべての喜びを知らぬ者として
苦しみながら生きていくのだろう!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

2.
私は彼女が忘れられない
私から遠くに飛び去ってしまったのだ
あらゆる喜びが
ああ、そうでなければ私は幸せだったのに!
この心は悲しみでいっぱいで
生きてゆく喜びなどないのだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

3.
目覚めても夢の中でも
私はルイーザを呼ぶのだろう!
その名を呼ぶことは
私にとっては神への信仰なのだ!
彼女を呼び 彼女を讃え
私は神の前でなお天の高みにあるのだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

4.
私は彼女が忘れられない!
燃える炎に彩られ
天使の魅力が集められる
私のこの心の中に!
この宝物は保たれ続けるのだ
たとえ時が力を失っても!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

5.
私は彼女が忘れられない!
あの太陽をほんの少し眺めただけでも
あの幸せを思い出す
私には最も美しい瞳を!
それぞれの星から輝き出すのは
ひとつの眼差し、それは愛の告白なのだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

6.
私は彼女が忘れられない!
あの素晴らしい人生の中から
ハープの響きに漂うのは
私には最も美しい言葉!
彼女の微笑みは 清らかで素直で
私には心を映し出しているように思えるのだ
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

7.
私は彼女が忘れられない!
彼女の歌声が、神よ!彼女の歌声が!
彼女が歌うとき、消え去ってしまう
世界のすべてが 私の周りから!
ああ!耳にも心にも響いてくるのだ
甘く、乱れた不安が!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

8.
私は彼女が忘れられない!
あらゆる、あらゆる端へと
彼女の手によって押しやられても
それは私には愛の印なのだ
私は震える、彼女を抱こうと
そして---私は捨てられたことに気が付いたのだ
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

9.
私は彼女が忘れられない!
離れ離れになった魂
あのくちづけ、数え切れないほどのくちづけは
私にはすべてを翳らすのだ!
花の季節の雨のように吹く
彼女の吐息に出会うのだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

10.
私は彼女が忘れられない!
あらゆる誓いを並べてでも
喜びに満ちた愛を、リボンを
カールした髪をわがものとしたい!
「あの子だ!あの子はそれを身に着けてるんだ」
むせび泣きと共に私は言ってみたいのだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

11.
私は彼女が忘れられない!
美しかった日々からの手紙を
彼女は開けたままにしている
私にとっては天国の書なのだ!
あふれる涙で擦り減っていくのは
くちづけのたくさんの姿!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

12.
私は彼女が忘れられない!
この心は、彼女に切り裂かれ
私に問うているようだ 溜息とともに
「おお友よ、私のことを忘れないで!」と
ああ!私はお前を忘れはしない!
お前が私と墓の中に入るときまでずっと!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

13.
私は彼女が忘れられない!
あのスカーフ、それは吸い取っているのだ
一番美しい瞳の歌を
とても幸せに、私には響く!
ああ!私が墓に入るまで
私の最高の宝物であり続けるだろう!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

14.
私は彼女が忘れられない!
あの髪はリングで束ねられている
あれは金の髪飾りだ
私を全能の力で捕まえたのだ
ああ!それに抗おうとなどするのは
ムガール人と戦っているようなものだ!
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

15.
私は彼女が忘れられない!
ただいつも、いつも降りてくるのは
最後の贈り物
萎れたスミレなのだ!
彼女はこの花を自分の手で摘んだ
だから花はここでずっと変わらず咲くのだ
だけどお前は? お前は?
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!
たぶん永遠に忘れてしまうのだろう 彼女は私を!

16.
忘却は奪い去るのだ ほんのわずかな時間で
愛が何年もかけて与えてくれてきたものを
手のひらを返すように
心も変わってしまうのだ!
新たな愛の誓いが
私の姿をあの人から追いやってしまうとき
おお神よ!たぶん永遠に忘れてしまうのだろう ルイーザは私のことを!

17.
ああ 私たちの別れのことを思ってくれ
この涙のない沈黙
この高く そして低くさまよう
この心がお前を圧迫するのだ
重苦しい怨霊が現れるように
もしもお前が他の男たちのことを想うなら
いつしか私のことを忘れてしまうなら
神様とお前自身のことも忘れてしまうがいい!

18.
ああ 私たちの別れのことを思ってくれ
この思い出の印が、くちづけのときに
ぼくの口に刻まれたのだ
私とお前とを裁いてくれるようにと!
この口につけられた思い出の印を持って
私は霊たちの時間にやってくるのだ
警告のためこれを見せつけてやる
もしもルイーザが、ルイーザが私を忘れるならば
私はやってきて警告のため見せつけてやる
もしもルイーザが、ルイーザが私を忘れるならば
彼女が私を忘れるなら
彼女が私を忘れるなら
彼女が私を忘れるなら

さすがにこの形で全曲が歌われることはまずないですが、モーツアルト自身はこの詩全部に曲をつけたことになっているようで、新全集版の楽譜には全部で18連からなるこの詩が載せられておりました。延々としつこく未練を語る部分ははじめの15連で繰り返され、16連目で絶妙の転調をしてほんのりと一瞬だけ明るい雰囲気に変わります。しかしここでも再び前のメロディが戻ってきて、この拭いきれない未練のメロディを聴き手に刷り込んで終わります。最後の捨て台詞もなかなかキテいていいですね。個人的にはあんまりこういうキャラクターにはなりたくないですが。
しかも15回の繰り返しのうち何と13回が「私は彼女が忘れられない」で始まります。恐らく省略せずにこの歌を演奏したら、歌う方も聴く方もぶち切れてしまうのではないでしょうか。「グチグチ言うのもエエ加減にせえよ」と。
私も真面目に全部訳そうと試みましたが、だんだんと嫌気がさしてくるような粘着ぶりの歌詞。訳す上でのお手本がなかったこともありますが、8〜15回目くらいの繰り返しのところは相当雑な日本語になってしまっているような気がします。まあここはあまり歌われる部分ではないのではありますが、お粗末な訳詞で申し訳ございません。

演奏のときに必ず歌われるのは冒頭の1番と、最後の16〜18番の曲想が変化しているところ。これにあと残りに「私は彼女が忘れられない」で始まる13回のうちのどれかをひとつの計5連が普通です。13回のどれを選ぶかは歌手によってまちまちなようで、これにどれを選んでいるかも興味深いところです。

モーツアルトの歌曲の中ではロマンティックなメロディもあいまって、特に女声には人気の高い曲なのですが。

( 2009.10.15 藤井宏行 )


TOPページへ  更新情報へ  作曲者一覧へ