創業100年の味 名物大蒲焼
旅館・食堂 國本屋旅館・食堂 國本屋                                        1                                        1 山梨県南巨摩郡鰍沢町1723番地 0556−22−3128
本文へジャンプ

落語の聖地『鰍沢』で合宿を


【落語合宿のご案内】
山梨県富士川町鰍沢は三遊亭圓朝師匠が「卵酒・鉄砲・毒消しの護符」の三つをお題に創作された落語『鰍沢』の舞台になった町であります。

身延にお参りする順番は決まっていて、青柳の昌福寺(しょうふくじ)へお参りをして、それから小室山で毒消しの護符を受け、法論石(ほうろんせき)へお参りをして、いったん鰍沢へ出て、ご本山へお参りをするという順路だったそうです。

落語『鰍沢』は、そのあと旅人が雪深い鰍沢の地で道に迷うところからお話は始まります。一度、この落語の世界にどっぷりと浸かっての合宿はいかがでしょうか。

 
     
  青柳の昌福寺
現在においても、虫加持、御礼の秘法が伝えられており、幼児の癇の虫封じで有名です。
    小室山妙法寺
県内最大級の見事な山門を有し、初夏には2万本のあじさいが咲き乱れます。
     
   法論石(懸腰寺) 
だれが書いたのか三遊亭四代目圓生の文字が。
 
   柳家三三師匠と鰍沢三三会の会員
     
 

『鰍沢で落語鰍沢を聴く会(現在鰍沢寄席)』は10数年も続き、立川志の輔師匠、立川談春師匠、柳家喬太郎師匠、柳家三三師匠など錚々たる方々が『落語 鰍沢』を演じています。 
当館でも『落語 鰍沢』が縁で、毎年11月には鰍沢三三会の主催で柳家三三師匠をお招きしての独演会を開催しております。


早めの予約をされた団体様には、打ち上げ発表会には三三師匠も使っている高座もご用意できますし、近所の落語好きな方々をお客さまとして来ていただくよう声かけをすることもできます。
【宿泊料金】

料金は通常2名様以上2食付き7000円(サービス料込・消費税別)なのですが、学生様で10名様以上のご利用で、歯ブラシ・タオル・浴衣持参の場合は6700円(サ・税込)の学割プランがございます。

お部屋数に限りがありますのでお早めに連絡ください。
電話0556-22-3128 fax0556-22-6280

 
 

【当館周辺】

峡南地域の観光・ビジネスの拠点に、スポーツ合宿、研修会など宿泊に便利。

銀行、病院、高速バス新宿〜身延線バス停など徒歩3分以内、中部横断道増穂ICJR鰍沢口まで車で5分、昌福寺・小室山妙法寺・法論石(懸腰寺)まで車で10分で着きます。


     
 山梨中央銀行  コンビニ  JR鰍沢口
     

     実際に『落語鰍沢の舞台』をあるいてみよう⇒⇒

  毎年11月初旬には柳家三三師匠をお招きしての独演会を開催。広間には大勢のお客様がいらっしゃいます。    
     小室山の護符
  10名様以上で宴会をされる団体様には、三三師匠がラベルを書いた純米酒『鰍沢』をサービスいたしします。   
 落語鰍沢弁当もお出しします。
   その他のプランはこちらから